Orico presents FIELD OF DREAMSOricoFIELD OF DREAMS

この番組では、「夢に向かって頑張っている人を応援する」をコンセプトに、夢をかなえ活躍する方々をゲストに迎え、そこに向かうまでのプロセスや、努力、苦労、そしてかなえたときの喜びを深く掘り下げていきます。

パーソナリティ 川田裕美プロフィール


*
『Orico presents FIELD OF DREAMS』では、夢を叶えた方、今まさに夢に向かって突き進んでいる方をゲストに迎え、その人生のターニングポイントに迫っていきます!

今週のゲストは、今年デビュー45周年を迎えた歌手の石川さゆりさんをお迎えしました。

今年の夏には、様々なアーティストとコラボレートしている話題のアルバム
『X−Cross』シリーズの第3弾が45周年記念アルバムとしてリリースされました。
このシリーズはくるりの岸田繁、奥田民生、THE BOOMの宮沢和史、椎名林檎、
細野晴臣、矢野顕子、大江千里などが参加する、ジャンルレスなコラボ作品。

そして、11月16日には『日本のこころ』をテーマにした45周年記念リサイタルも行います。
このリサイタルでは、日本の芸能文化である”女義太夫”も披露されるそうです。
そんな石川さゆりさんの、人生のターニングポイントを伺いました。


●モンゴルの旅


川田「石川さゆりさんの第1の人生のターニングポイントはいつですか?」

石川「旅行するのが好きで、今から20年くらい前モンゴルに旅したことがあるんです」

川田「おひとりですか?」

石川「子供と一緒に、個人旅行ですね。
なぜ、モンゴルへ行こうかと思ったかというと、ピザをとったんですよ。そこにチラシが入っていて『ピザを食べてモンゴルへ行こう』って(笑)」

川田「あまり繋がらない感じがしますけど(笑)」

石川「そういうツアーの紙が入っていて。
私たち、子供とテーマを決めて夏休みに旅行に行くんですよ。ピザを食べながら『行ってみたいわね』って言って応募したんですよ」

川田「はい」

石川「当時、今ほどモンゴルがブームじゃなかったんですね。
だから、『ツアーの人数が集まらないからなくなりました』って言うの(笑)。”え!どうしてくれるの!?私たちは夏休みにモンゴルへ行く気になっているのに!”って」

川田「そうですよね(笑)」

石川「じゃあ、個人旅行で行きましょうとなって、旅行代理店へ行ってパンフレットを手にしたら
『モンゴルには何もありません、あるのは、そこを渡る風だけです』というキャッチコピーだったの」

川田「なるほど」

石川「子供と2人で、『何もありませんってことは、絶対に何かあるわよ!』と言いながら、個人旅行したんです」

●何も残さないこと


川田「モンゴルでの旅は、どんなことがあったんですか?」

石川「ウランバートルへ行って、南ゴビへ行くんですけど、自分で荷物を飛行機の中に運ぶって言うんですよ。
飛行機に乗ってふっと見渡したら、山羊を持っている人とか、タイヤを持っている人とか」

川田「え!?機内にですか!」

石川「そうです(笑)。”なんじゃこりゃ!?”っていう人たちがいっぱい乗っていて。
南ゴビに着いたんですけど、”草原ってこういうこと?”っていう、本当に何もないんですよ」

川田「はいはい」

石川「その日の夜はツーリストゲルに泊まったんですけど、『うわ〜!綺麗な星だね〜!』って言いながら、足元まで星なんです。
『こんな経験ない、何もないってあったじゃない!』って言ってたら、次の日から雨が降り出して」

川田「そうだったんですね!」

石川「雨が降り止まないんです『40何年ぶりの大雨です』って、南ゴビの砂漠に川ができたんですよ。
そこの川で石ころ投げて遊んでいたら、馬に乗ったイワン君っていう少年が来たんです」

川田「はい」

石川「イワン君にそれを教えてあげたら『僕のおうちに遊びにおいでよ』って言われたんですよ。
おうちに行ったら、家族みんなが暮らしていて、馬乳酒というのをごちそうになったんです」

川田「ええ」

石川「馬の皮袋の中に乳を搾って、発酵させて、ボロボロのどんぶり茶碗に並々と入れてみんなで回し飲みするんです。
それが歓迎なんですね。”ちょっと酸っぱい”と思いながら飲んで、その日の夜から急行列車ですよ(笑)」

川田「そうですか〜(笑)」

石川「遊牧民のおうちに遊びに行って、子供たちが裸足でボロボロの服を着てたんですよ。
お母さんに、『うちの子の小さくなったものを送ってもいいですか?』と言うと、『もちろん大喜びです』と言ってくださったんですよ。
どこに送りましょう?と聞くと『私たちは遊牧民です、だから住所は持ちません。来年の同じくらいの時にここに来てくれたら、またここにいます』と言われた時に、また目からウロコだったんですよ」

川田「そうですよね」

石川「『何も残さないことが私たちの文化です』と、”私はどれだけ無駄なもの、あれが欲しい、これが欲しい”と思いながら暮らしていたんだろうと思って。
日本に帰ったら、”自分の身の回りのものだけで暮らしていきましょう”と思って帰ってきたの。
ここまではいい話でしょ?」

川田「本当にいい話ですね」

石川「帰ってきたら、『夏休みサマーセール』っていうのが、あっちこっちに出てるわけ。
人間って本当に愚か(笑)、あの時に何もいらないと思った自分が”セール!”ってキラっとするわけ。
”ちょっと覗いてみようかしら”と、吸い込まれるようにドアの中に入ってく自分がいるんですよ」

川田「うんうん(笑)」

石川「そうすると子供が後ろから『お母さん!SALEじゃありません!あれは、”去れ”って書いてあります!』って(笑)。
”うちの娘、天才!”と思って(笑)」

川田「ダメだよと止めてくれるんですね(笑)」

石川「人が暮らすっていうことって、そういうことなんだなっていうのを感じましたね」

null


>>来週も引き続き、歌手の石川さゆりさんをお迎えしてお話を伺っていきます。
お楽しみに!

*
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 138 | 139 | 140 || Next»

感想・メッセージのご応募はこちら

Message

夢をバックアップする素敵なプレゼントも用意しています。ぜひ番組をチェックして、ご応募ください

ご応募はこちら

AIR TIME

AIR-G'(FM北海道)
(日)07:00〜07:25
エフエム青森
(土)12:30〜12:55
エフエム岩手
(土)12:00〜12:25
Date FM(エフエム仙台)
(土)12:30〜12:55
エフエム秋田
(土)12:00〜12:25
エフエム山形
(土)08:30〜08:55
ふくしまFM
(日)09:30〜09:55
FMぐんま
(日)07:00〜07:25
TOKYO FM
(土)12:30〜12:55
RADIO BERRY
(土)12:30〜12:55
FM-NIIGATA
(土)08:00〜08:25
FM長野
(土)12:30〜12:55
K-mix
(土)08:30〜08:55
FMとやま
(土)08:00〜08:25
エフエム石川
(土)09:00〜09:25
FM福井
(土)12:30〜12:55
@FM(FM AICHI)
(日)08:00〜08:25
FM GIFU
(土)12:30〜12:55
FM三重
(土)11:30〜11:55
FM滋賀
(土)09:30〜09:55
FM OH!
(日)07:30〜07:55
Kiss FM KOBE
(土)09:00〜09:25
エフエム山陰
(土)09:30〜09:55
FM岡山
(土)11:00〜11:25
広島FM
(土)09:30〜09:55
エフエム山口
(土)11:30〜11:55
FM香川
(土)12:00〜12:25
FM愛媛
(土)07:30〜07:55
FM−TOKUSHIMA
(土)12:30〜12:55
エフエム高知
(土)09:00〜09:25
FM FUKUOKA
(土)08:00〜08:25
エフエム佐賀
(土)09:00〜09:25
エフエム長崎
(土)09:30〜09:55
エフエム熊本
(日)08:30〜08:55
エフエム大分
(土)12:30〜12:55
エフエム宮崎
(土)12:30〜12:55
エフエム鹿児島
(土)09:00〜09:25
FM沖縄
(土)08:30〜08:55

page top