Orico presents FIELD OF DREAMSOricoFIELD OF DREAMS

この番組では、「夢に向かって頑張っている人を応援する」をコンセプトに、夢をかなえ活躍する方々をゲストに迎え、そこに向かうまでのプロセスや、努力、苦労、そしてかなえたときの喜びを深く掘り下げていきます。

パーソナリティ 川田裕美プロフィール


*

2017.10.08

「僕はチャンスをくれたと思ってます」:森本稀哲
『Orico presents FIELD OF DREAMS』では、夢を叶えた方、今まさに夢に向かって突き進んでいる方をゲストに迎え、その人生のターニングポイントに迫っていきます!

先週に引き続き、元プロ野球選手で、現在は野球解説やコメンテーターとして
活動されている森本稀哲さんをゲストにお迎えしました。

森本稀哲さんの第1の人生のターニングポイントは、1996年からの高校時代。
”帝京の森本”と呼ばせたいと思うようになって、髪の毛のことがコンプレックスでなくなった時でした。

今日はそんな森本稀哲さんの人生に起こる第2のターニングポイントを伺いました。


●与えられたチャンス


川田「森本稀哲さんの人生に起こった第2の人生のターニングポイントを教えてください」

森本「2006年 25歳。開幕4戦目の千葉マリンスタジアムで試合に出ることになるんですけど、ここから僕の野球人生が変わりました」

川田「どういうことがあったんですか?」

森本「新庄さんが、この日休むっていきなり言い出したんですよ。『今日チャンスやるから、お前出ろ』って言うんですよ。
その日3本ヒット打って、そこから次の日レフトで試合に出て、レフトのレギュラーを獲得したんですよね」

川田「新庄さんご自身が本当に出る日じゃないと思われたのか、稀哲さんのためにという風に思われたのか、どっちですか?」

森本「そういうチャンスを与えてくれたという話になってますけど、新庄さんアンダースローがすごく苦手なんですよ。
一説によると、ただ、アンダースローの渡辺俊介さんが嫌だったから休んだっていう説もあるんですよ(笑)。これは答えが出ないんですよ?」

川田「はい(笑)」

森本「僕はチャンスをくれたと思ってます、ただ、心のどこかにバッティング崩したくなかっただけじゃないかな?みたいなところもありますね(笑)。これは、答え出ません」

川田「そこは、人生の変わった日になったのでどちらでもいいと?」

森本「そうです!ただ、真相は深い闇の奥にあるというね(笑)」

川田「新庄さんと、あんなに近くなれたというのは何でですか?」

森本「その話、本人ともしたことあるんですけど。キャンプの初日に、”わ〜、新庄さんっていくのい嫌だな”と思って、ちょっとツンツンした感じで、『あ、こんちわ』みたいな感じで接してたんですよね」

川田「はい」

森本「新庄さんがそのキャンプの時に、『飯行こうか』って言ってくれて、それからすごくいい人だなと思って。
だんだん仲良くなってきて、のちにその話になったんですよ『おまえ、あのキャンプのときクソ生意気だったな』って(笑)」

川田「それなのに、新庄さんから誘ってくれたんですね。そこからは、稀哲さんからも仲良くなりたいっていう気持ちが大きくなったんですか?」

森本「今までの先輩とちょっと違うなと思いましたね。僕は先輩とコミュニケーションとれない後輩だったので、新庄さんがきっかけで先輩関係とも上手くいくようになりましたね」

●受け継いだもの


川田「引退した新庄剛志選手の背番号1番を受け継ぐという、それはどういう気持ちでしたか?」

森本「とんでもないもの背負ってしまったなと思いましたね。あそこまで北海道を新庄さんが盛り上げて、優勝までして。
永久欠番になるかなと思ったら、新庄さんに『おまえ、1番つけてくれ』って言われて。”簡単にはつけられないんだけどな〜”って思いながら、新庄さんの気持ちもあったのでつけさせていただくことになったんですけど、ま〜、プレッシャーはありましたね」

川田「著書『気にしない。――どんな逆境にも負けない心を強くする習慣』この本を出されたのは、どういうきっかけだったんですか?」

森本「最初は編集者の方と、事務所の方が話をして、どうですか?という話になったんですけど。僕は正直、前向きではなかったんですよね、
本を出せるような経験もしてないし、選手としても実績がありませんからっていう話をしてたんですけど」

川田「ええ」

森本「編集者の方が注目してくれたのは、実績とか野球選手としてというよりは、稀哲さんの元気が気になりますと『何でそんなに元気なんですか?』っていう話から、『それ、みなさんにお伝えしましょうよ』っていう風になってきたんですよ。そこから、そういうことであれば、僕も頑張って書かせていただきたいですというとこから始まったんですよね」


null


>>来週は、木村祐一さんをお迎えしてお話を伺っていきます。
お楽しみに!
*

感想・メッセージのご応募はこちら

Message

夢をバックアップする素敵なプレゼントも用意しています。ぜひ番組をチェックして、ご応募ください

ご応募はこちら

AIR TIME

AIR-G'(FM北海道)
(日)07:00〜07:25
エフエム青森
(土)12:30〜12:55
エフエム岩手
(土)12:00〜12:25
Date FM(エフエム仙台)
(土)12:30〜12:55
エフエム秋田
(土)12:00〜12:25
エフエム山形
(土)08:30〜08:55
ふくしまFM
(日)09:30〜09:55
FMぐんま
(日)07:00〜07:25
TOKYO FM
(土)12:30〜12:55
RADIO BERRY
(土)12:30〜12:55
FM-NIIGATA
(土)08:00〜08:25
FM長野
(土)12:30〜12:55
K-mix
(土)08:30〜08:55
FMとやま
(土)08:00〜08:25
エフエム石川
(土)09:00〜09:25
FM福井
(土)12:30〜12:55
@FM(FM AICHI)
(日)08:00〜08:25
FM GIFU
(土)12:30〜12:55
FM三重
(土)11:30〜11:55
FM滋賀
(土)09:30〜09:55
FM OH!
(日)07:30〜07:55
Kiss FM KOBE
(土)09:00〜09:25
エフエム山陰
(土)09:30〜09:55
FM岡山
(土)11:00〜11:25
広島FM
(土)09:30〜09:55
エフエム山口
(土)11:30〜11:55
FM香川
(土)12:00〜12:25
FM愛媛
(土)07:30〜07:55
FM−TOKUSHIMA
(土)12:30〜12:55
エフエム高知
(土)09:00〜09:25
FM FUKUOKA
(土)08:00〜08:25
エフエム佐賀
(土)09:00〜09:25
エフエム長崎
(土)09:30〜09:55
エフエム熊本
(日)08:30〜08:55
エフエム大分
(土)12:30〜12:55
エフエム宮崎
(土)12:30〜12:55
エフエム鹿児島
(土)09:00〜09:25
FM沖縄
(土)08:30〜08:55

page top