森高千里のKOSE MUSIC ON THE EDGE(ミュージック・オン・ジ・エッジ)

「今」を切り取る音楽がもたらしてくれる宝物を見つけるプログラム

森高千里

  • twitter
  • facebook
  • google+
およそ17年ぶりにラジオのレギュラーをスタート。この番組では、「オン・ジ・エッジ」な最先端でかっこいいサウンドを毎週セレクトして、番組独自の目線で紹介していきます。いま、音楽の情報を得る方法は、本当に広がっています。みなさんは、どんな方法で音楽に触れているんでしょうかね。ネットではYOU TUBEとかもあるし、SOUND CLOUDのような誰でも自由にアップできるプラットホームなんかもあるし、ダウンロードするのももう当たり前の時代。もちろん日本では、CDショップもあります。    
そして、そんな中、音楽を得る方法のひとつとしてみなさんが利用されているのが、、、、
「ラジオ」 です!

ラジオから新しい音楽の情報を得て、ネットなどでさらにそれを掘り下げるという聞き方をしている方もたくさんいるのではないでしょうか。ラジオから新しい音楽が流れてきて、この曲なんだろう?というところから興味を持つこともありますよね。いまでも車の中で聞いたりするし、学生の頃は受験勉強をしながらラジオを聴くと集中できたりということも。そしてコミュニケーションの取り方がライブとはまた違った形で当時はハガキ、いまはメールとかで何日か後にもらったものを読んだりするのも楽しみで、それを放送で紹介したりするのもラジオの楽しいところ。 ぜひ、この番組も、皆さんからのメッセージ、大募集中です!改めて、この「KOSE MUSIC ON THE EDGE」がみなさんのミュージックワールドに、ちょっとした彩りを与えられる存在になればいいなと思ったりしています。

番組宛にぜひメッセージを!

みなさんからのメッセージ&リクエストも24時間受付中です!
あなたが、最近はまっている音楽の話、趣味の話、悩み事、質問、番組の感想などメッセージを添えて、「いま、よく聴いている音楽」「オン・ジ・エッジだなぁと思う音楽」へのリクエストとともにお送りください。よろしくお願いします!

今夜の森高千里セレクションは、
マックルモア&ライアン・ルイスの「GROWING UP(Sloane’s Song) feat. ED SHEERAN」!このマックルモア&ライアン・ルイスは、シアトル出身のヒップホップ・アーティスト、マックルモアとプロデューサー、ライアン・ルイスによるデュオです。2012年、ほぼ無名にもかかわらず、インディーズシーンからいきなりアメリカのI-TUNESチャートで 1位を獲得。各メディアも誰だ??ということで注目を集めて、一気にスターの座へと昇りつめました。

いわゆるメジャー・レーベルが大々的なプロモーションをしてヒットするのではなく、インターネットなどのオンラインとライブ活動で着実にファンを獲得していった彼ら。まさに、いまの時代、音楽シーンを象徴するかのようなアーティストのひとりです!

そしてピックアップした1曲は、そんなマックルモア&ライアン・ルイスの最新曲。今年の5月に生まれたマックルモアの愛娘に捧げられたもので、マックルモア自身も、自分を再び奮い立たせるのに最適な曲だと思うと語っています。

リリックを見てみると、
男は泣くなというけれど、君のお父さんはたくさんの涙を流してきた
強くあれというけれど、俺はまだ恐怖でいっぱいだ
よき父親でいたいけど、俺がなれるだろうか
君の母親は世の中で最も強いひと、彼女のように育ってほしい

ラグストン・ヒューズを読むのがいい、サム・クックの歌を聴け、
デビッド・ボウイやジェームズ・ボールドウィン、2パックの生き方を学べ
    
などなど、、、、
マックルモアの子供へのメッセージが次々と綴られています。サウンド的にもシンプルな中にドラムの音が本当にかっこいいです!こんな感じで皆さんからも、いまよく聞いている「オン・ジ・エッジ」な曲へのリクエストを大募集中!メッセージフォームからお待ちしています!
  • mixiでシェアする


Don't Stop The Music feat. 森高千里
tofubeats






Holding On
Disclosure feat. Gregory Porter






Growing Up
Macklemore & Ryan Lewis






林檎酒のルール 2015 Ver.
森高千里


  • mixiでシェアする
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 77 | 78 | 79 || Next»

PIECE OF MUSIC