#未来授業

「知の先達」が語る一夜限りの公開授業

EVENT

学生委員会のレポート

学生委員会のレポート

未来授業の企画・運営・広報を行う大学生制作チームによる活動報告・レポート

詳しくはこちら

「FMフェスティバル未来授業~
明日の日本人たちへ」の
レギュラー番組放送中!!

【未来授業】
月-木 19:52-20:00 ON AIR
【未来授業 SUNDAY CLASS】
日 5:30-6:00 ON AIR

「FMフェスティバル 未来授業~明日の日本人たちへ」のレギュラー番組。日本が世界に誇る各界の「知の巨人」「次世代の知のフロントランナー」を講師に迎え、未来の日本人たちへ送るアカデミックな授業をお届けします。 放送局:TOKYOFM 詳しくはこちら

TOP > EVENT > 2017

終了

【東京】FM Festival 2017 開催

【イベント総合司会】ケリー隆介、ミス東大2016 東京大学法学部3年生 篠原梨菜

  • ケリー隆介ケリー隆介
  • 篠原梨菜篠原梨菜(ミス東大2016 東京大学法学部3年生)

【未来授業1限】  

PROFILE

“人工知能研究のカリスマ”
東京大学大学院工学系研究科特任准教授。1997年 東京大学工学部電子情報工学科卒業。2002年 同大学院博士課程修了。博士(工学)。産業技術総合研究所研究員、スタンフォード大学客員研究員を経て、2007年より、東京大学大学院工学系研究科准教授、2014年より特任准教授。専門分野は、人工知能、ウェブマイニング、深層学習。2010年から人工知能学会 副編集委員長、2012年から編集委員長・理事。2014年より倫理委員長。

講師:松尾 豊

講師:松尾 豊
(東京大学大学院工学系研究科特任准教授)

講演テーマ
「人工知能の急速な発達は、社会の何を変えるのか?」
講義内容
昨年プロの棋士を破った人工知能『AlphaGo』が、囲碁の世界を席巻している。医療の世界では、これまで人間が判断のつかなかった病名を判断するなど、AIは人間社会に大きな影響を与える存在になりつつある。60年を超える人工知能研究がいま迎えている“3度めの春”とは何か?一方で将来、多くの職業がAIにとって変わられる可能性も論じられるようになった。人工知能は人間を超えるのか。人工知能を追求することは、人間自らの知能の根源的な原理を知ることでもあり、知能を除いた人間の人間性を知ることでもある。 必ずやってくるAI時代を生きるための哲学について考える。

【未来授業2限】  

PROFILE

“ゴリラ研究の第一人者”京都大学総長 / 霊長類学者
1952年東京生まれ。京都大学理学部卒、同大学院理学研究科博士課程単位取得退学。理学博士。ルワンダ共和国カリソケ研究センター客員研究員、日本モンキーセンター研究員、京都大学霊長類研究所助手、京都大学大学院理学研究科助教授、同教授、同研究科長・理学部長を経て、2014年より第26代京都大学総長。日本霊長類学会会長、国際霊長類学会会長を歴任。現在、日本学術会議会員、国立大学協会会長、環境省中央環境審議会委員を務める。

講師:山極 壽一

講師:山極 壽一
(京都大学総長 / 霊長類学者)

講演テーマ
「ゴリラの世界から見た続・進化論~シンギュラリティ後のホモサピエンス」
講義内容
ゴリラ研究を通じて、霊長類の進化を探り続けてきた山極教授。人工知能が人間の能力を超える特異点「シンギュラリティ」を迎えたとき、その先に人類の進化は起こり得るのだろうか?人類はこれまでも言葉や道具を使い、他者と共感することで生物学的なヒトを超えてきた。霊長類学者の視点から語る、人類の未来とは?シンギュラリティ後の人類の姿とは何か。

【未来授業3限】  

PROFILE

1979年横浜生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業。
『告白』『悪人』『おおかみこどもの雨と雪』『バクマン。』『君の名は。』などの映画を製作。2010年、米The Hollywood Reporter誌の「Next Generation Asia」に選出され、翌年には「藤本賞」を史上最年少で受賞。映画『君の名は。』は興行収入250億円、観客動員数1,900万人を超える大ヒットとなる。小説家としては、初小説『世界から猫が消えたなら』が売り上げ130万部を突破し映画化。2作目の『億男』は中国での映画化が決定し、昨年は3作目となる最新小説『四月になれば彼女は』を発表した。

講師:川村 元気

講師:川村 元気
(映画プロデューサー / 小説家)

講演テーマ
「集合的無意識の『発見』、クリエイティブの『発明』」
講義内容
映画プロデューサーそして、小説家として活躍をする川村元気。「映画」と「小説」という2つの表現方法で人々の心を動かし続ける。日ごろ何を考え、どのようにモノづくりを行っているのか。映画と小説の違いとは?自身が”違和感ボックス”と呼ぶ想像力の引き出しとは?川村作品に登場する「生と死」への問いかけ、その原点とは? AIが人間の頭脳を追い越す近未来に「想像力」が果たす役割とは?『僕が最終的にやりたいのは幸福論。人間の幸福とはどこにあるのか。その正体を突き止めたい。』と語る彼の「創作の意味」と「現代の幸福論」。あなたの知性を刺激する、究極の公開授業。

終了

【札幌】FM Festival 2017 開催

【札幌】14:00~

PROFILE

北海道大学に勤務の後、1995年7月札幌市内にてクリプトン・フューチャー・メディア株式会社を設立。世界各国に100数社の提携先を持ち、3000万件以上のサウンドコンテンツは世界でも最大級。DTMソフトウエア、音楽配信アグリゲーター、3DCG技術など、音を発想源としたサービス構築・技術開発を日々進めている。「初音ミク」の開発会社としても知られている。北海学園大学経済卒。No Maps実行委員長、北海道情報大学客員教授も兼任。2013年に藍綬褒章を受章。

講師:伊藤 博之

講師:伊藤 博之
(初音ミク 開発者)

講演テーマ
「初音ミク開発者と考える『人に寄り添うバーチャルとは』」
講義内容
ピアノという楽器が、木工技術の集積によって生み出されたように、世の中のあらゆる楽器は、それを構成する無数の技術の上に成り立っている。そして、その無数の技術の積み重ねの果てに、初音ミクをはじめとしたボーカロイドが生まれ、ボーカロイドが起爆点となった二次創作、三次創作の積み重ねが「バーチャルアイドル」という概念を生み出した。では、バーチャルアイドルを起点とした積み重ねの先には、一体何が産まれるのか。「バーチャルは人に寄り添うもの」と語る 初音ミクのクリエイター・伊藤博之とともに考える。「初音ミク」の創作文化を体感できるイベント!幕張メッセ|9月1日(金)~3日(日)http://magicalmirai.com/2017/

終了

【名古屋】FM Festival 2017 開催

【名古屋】14:00~

PROFILE

1960年生まれ、北海道出身。工学博士。1988年京都大学大学院工学研究科博士後期課程電気工学第二専攻研究指導認定退学。北陸先端科学技術大学院助教授、京都大学大学院助教授を経て、現在は名古屋大学大学院工学研究科情報・通信工学専攻情報システム教授。専門分野は自然言語処理・人工知能。主な著書に『アナロジーによる機械翻訳』『Rubyで数独―AIプログラミング入門』『コンピュータが小説を書く日』などがある。

講師:佐藤 理史

講師:佐藤 理史
(名古屋大学大学院 工学研究科 教授)

講演テーマ
「コンピュータが小説を書く日」
講義内容
将棋や囲碁など、ボードゲームの世界でAI(人工知能)が人間の能力を凌駕するようになったいま、新たなチャレンジが始まっている。それは「コンピュータは小説を書くことができるのか」という命題。佐藤教授らの研究チームは、2013年にコンピュータで小説を作るプロジェクトを始動。機械的に文章を組み立てる方法をプログラムし、作品を「第3回星新一賞」に応募。2016年春に応募作品を公開したところ、社会に衝撃が走った。近い将来、コンピュータはことばを人間のように操り、物語を創作するようになるのか。人間が小説を書く意味とは?「ことば」と「創造性」の関係は?人間の想像力とテクノロジーの未来を語る公開授業。
2017年度 特別協賛
日産自動車株式会社
協賛
JA全農(全国農業協同組合連合会)
寺岡精工
川口技研
協力団体
東大発オンラインメディアUmeeT  東大発オンラインメディアUmeeT
学生委員会
YouTubeチャンネル
寺岡精工 YouTubeチャンネル