EVERY SUNDAY 11:30〜11:55

この番組は、田村淳が、夢に挑み、夢を叶えようとチャレンジし、希望に向かって前進している人々を迎えて、大いに語り合い、未来へのヒントをキャッチするプログラムです。 毎週日曜のお昼、田村淳とおしゃべりしながら、彼らが今取り組んでいることについて、そして今後の夢について語っていきます。

≪本日の、挑戦し続けている若者≫
◆ スタイリスト・コラムニスト・何でも屋!?の清水文太さん ◆

先週に引き続きお迎えしたのは、スタイリストでありコラムニスト、自称:何でも屋の清水文太さん。
「既成概念を無くしたいという気持ちが強かった」と清水さん。
アーティスト「水曜日のカンパネラ」のスタイリングを手掛ける時は色彩をメインに。

スタイリングをするときはその場で決める、事前に決めるということはしないそう。
「最初に決めるのはもったいない」という清水さんのスタイリング方法。
LIVEの時は、スタイリング用に服を数十着ほど持参するそう。

他のスタイリストの方は、パターンを2つほど持ってくることが多い中、
数十着を持参する清水さんの手法は斬新なようです。

そんな清水さんに、今日はスタイリングを組んでもらった淳さん。
ショッキングピンクのオーバーオールに赤のロングTシャツ。
パッと見た瞬間に清水さんのスタイリングだと分かるような個性が出ています。

null

「人と違う」ということで悩んだ経験のある清水さん。
「ビジュアルも重要だけど、内面や中身の部分を大事にしたいって考えてて…」と。
自身の経験を通して、マイノリティとマジョリティについて強く感じていらっしゃるようです。

お互いの事を認め合って、共存していくことが重要、という清水さんに
「譲歩だよね、俺も最近譲歩って言葉がすごく好きで…。
寛容であり、譲歩することが愛に繋がるのかなって思う。」と淳さん。

最後には、「これからも清水文太であり続けてほしい!」とエールを送りました。

二週に渡り、貴重なお話をありがとうございました!

null

さて、約1年間お届けして参りました、「田村淳のFLYHIGH!」
本日の放送をもって、最終回となりました。
これまで、25名もの<夢見る若者>からパワーを頂きました。
何かに挑戦し続ける方、これから一歩踏み出そうとする方の背中を押すことが出来ていたのなら
嬉しく思います!
1年間、お聴きいただきありがとうございました!