この番組は、東日本大震災で発生した震災ガレキを“活かして”
津波から命を守る「防潮林を作ろう」という取り組み
「森の長城プロジェクト」の活動を追いかけています。

年内最後の放送ということで、今朝は、
森の長城プロジェクトによる 森作りの出発点を振り返ります。

森作りの出発点は、
今年4月、岩手県大槌町で行われた植樹式。

この日の植樹式は、地元の方もたくさん参加。
みなさんそれぞれの想いを込めて、小さなポッド苗をマウンドに植えました。

植樹式には、森の長城プロジェクト・理事長の細川護煕さんも参加。
プロジェクトの目的と、その先の未来について以下のようにお話されました。

「ガレキを何とかしなければ復興もあったもんじゃないでしょう。
被災地の復興にはガレキをどけることが大切なんです。
どけるには広域処理ではコストがかかるし、
焼却しても二酸化炭素が出るだけ。

地元で有効に活用するのが一番良いんです。

横浜山下公園でも関東大震災の後にがれきを活かして作られました。

外国でも、ロッテルダム、ミュンヘン、ベルリンの立派な森の下には第二次大戦
のあとのガレキ、戦車も入っているんです。

それで立派な森が出来ている。

時間のかかる話だが、日本の復興の象徴的な事業として、
世界的にも評価される、後世に残る事業になると思います。」

まあ、「いのちの森 voice of forest」をお聞きのみなさんなら、
うん、うん、もう、その通りだ。とうなずいてくれるでしょう!

植樹の指導をしたのは、もちろん副理事長・宮脇昭さん!

ニコニコ笑いながら、参加者に、混植・密植の強さや、
潜在自然植生についての話をされていましたよ!

この、大槌町に植えた木々は、10年も経つと、
高さ20メートルほどのこんもりとした森になるそうです。

その日が楽しみですね!

この番組は、東日本大震災で発生した震災ガレキを“活かして”
津波から命を守る「防潮林を作ろう」という取り組み、
「森の長城プロジェクト」の活動を追いかけています。

今回の放送は
2012年12月に東京・有明の東京ビッグサイトで行われた、
日本最大級の環境展示会『エコプロダクツ2012(にせんじゅうに)』からの
レポートです。

今回のエコプロダクツ、様々な企業による環境に関する展示が
並ぶ中、森の長城プロジェクトが推し進める、ガレキを利用した森作りに関する
企業展示もあったんです。

その展示を行っていたのは「横浜ゴム株式会社」さん。




様々な企業が、環境に関連した展示を行うこのイベントには、
森の長城プロジェクト・副理事長 宮脇さんの森作りに賛同する企業のひとつ
横浜ゴムが出展していました。

横浜ゴムは元々、創業100周年となる2017年までに、
50万本の植樹を行うという「YOKOHAMA千年の杜」プロジェクトを立ち上げていたのですが、
2011年に起きた東日本大震災のあと、被災地で「森の防潮提を作ろう」という活動も開始したそうです。

展示ブースでは、今年4月、岩手県大槌町に作られた
森の防潮堤に関する展示がありました。横浜ゴム環境推進室 篠田茂さんによると、

2012年4月30日に、岩手県大槌町で
津波対策の防潮堤作りの実験マウンドの、モデルとして3000本の植樹を行ったそう。

展示しているのはその大槌町で行った植樹の模型で、
大槌に植えたものと同じもののモデル。(写真参照)

木の種類は、タブの木、カシ、シラカシで、
実際には16種類を混植・密植でまぜるまぜるでやると、すごくよく育つんだそうです。

また横浜ゴムは、地元のドングリを地元の人が拾い、育て、森を作る、
ための教育も行っています。

大槌ではあと5年間かけて合計1万5000本を植樹。
全長300mの森の防潮堤を作る方針とのこと。
5年後、大槌の海沿いはどんな姿になるんでしょうか。
是非、番組でもこの模様を追いかけていきたいと思います!

«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

パーソナリティ

高橋万里恵
高橋万里恵

あなたからのメッセージ・ご意見をお待ちしております

各放送局の放送時間

  • JFNヒューマンコンシャス募金は鎮守の森のプロジェクトを応援しています。

ポッドキャスト

  • ポッドキャスト RSS
  • ※iTunesなどのPodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。
  • 鎮守の森のプロジェクト
  • EARTH & HUMAN CONSCIOUS
  • LOVE&HOPE〜ヒューマン・ケア・プロジェクト〜
  • AIU保険会社

PAGE TOP