今回は東京・奥多摩の森の動物たちの調査・研究を続けている動物学者の今泉忠明さんにお話しをうかがいます。
今泉さんは動物の生態に関する著書を多数出されていて、現在は、奥多摩の森の動物たちの調査・研究を続けている方。伊豆高原ねこの博物館 館長という肩書きもあるそうです。
今泉さんに奥多摩の森のお話しをうかがいました。


〜今泉さんは動物学者として色々な研究機関でお仕事されてきたんですよね?
今泉:そうですね。大学を出る頃は、海の研究をしようと思って、海のことをやっていたんです。そこへイリオモテヤマネコが発見されて、現地に調査に行けといわれて、以来、ずっと陸の動物を調査してます。

〜私も西表島に行ったんですけれど、イリオモテヤマネコを見ることができなかったんですが、、どうやって見ることができたんですか?
今泉:行動範囲を調べるのが目的だったんが、まず最初の一ヶ月は生きてる鶏を森の中につないでくるんです。そして、そしてそこに屋根を作って、餌箱と水と置いて、それを7か所を鶏が食べられているかどうか毎日見にいくんです。そして20日くらいで最初の鳥が食べられたんです。鶏というのは4キロくらい体重がありますので、イリオモテヤマネコは一度には食べません。一度獲物を仕留めると、3日は来るんですね。葉っぱをかけてしまっておくんです。だから、観察するには最初に来た日の晩が狙い目なんです。そばの木の上にテントを張って隠れて待ってるんです。そうすると、向こうからトコトコ来るんです。ただ真っ暗のときに来ますんで。イリオモテヤマネコは夜行性なので、昼間は日向ぼっこしたりしててあまり行動しないんですけど、夜になると来るんですね。

〜イリオモテヤマネコってどんな感じなんですか?
今泉:家猫より少し大きくて、10センチくらいかな。尻尾がとても太いんです。色は黒いので、真っ暗闇のなか、やって来るとなかなかわからないんです。

〜そうなんですね。ぜひ一度見てみたいです。ところで、現在は伊豆高原猫の博物館の館長を務めながらその奥多摩の調査もされているそうですね。今日は奥多摩の森のお話をおうかがいしたいのですが、なぜ奥多摩を調査されているのですか?
今泉:奥多摩はまず東京都ということですね。東京都にも熊がいるっていうと結構びっくりしますよね。奥多摩は東京都でありながらたくさんの自然が残った地域です。そこがおもしろいかなと思ってるんです。

〜最近も奥多摩の森に行かれてるんですか?
今泉:月に1回、基本的には2泊3日で行ってます。僕は動物が入ってくる近づいてくるとビデオが回り始めるカメラを設置していて、その記録メディアとバッテリーの交換をしに行っています。それで、大体それは着いた日に終わってしまうんで、次の日からはその地域の自然観察。ブラブラ歩きですね。最近は若い子連れのお母さんとか、そういう人も参加してきてるんですよ。邪魔じゃなければ連れてってくださいっていう人が結構いて、それで一緒に森の中を歩いてるんです。この間は初めて来たお子さん、6歳だったかな?その人も一緒に川へ降りていって遊んだら、とても喜んで、ずぶ濡れになって遊んでましたね。

〜設置しているカメラには、動物は映っているんですか?
今泉:日本にいる中形以上の哺乳類全て映ってますね。ニホンカモシカ、ニホンジカ、イノシシ、ツキノワグマ、アナグマ、タヌキ、イタチ、テン、ニホンザル、野兎、キツネ…
〜うわあ!すごいですね!今ちょうど、紅葉もし始めていて、秋真っ盛りって感じなんですが、この時期の奥多摩の森っていうのはどんな感じなんですか?
今泉:奥多摩は杉、ヒノキの植林が多いので、濃い緑と、残っているコナラ、ミズナラといった自然林の木が黄色く変わって、色とりどりという感じですね。あと、ナナカマドの赤ですね。ですから3色ちゃんとあってとてもきれいです。

〜訪れるには絶好の季節なんですね。奥多摩での動物の調査は、具体的にはどんなことを調査されているんですか?
今泉:動物の行動、習性ですね。どんな動きをして、何をしているのかっていうのを種類ごとに調べようとしているわけです。

〜イノシシの牙かけというのがあると聞いたんですが、これはどういうものなんですか?
今泉:イノシシは、泥んこがある場所を知っていて、そこでゴロンゴロン、ぬたをうつっていうんですが、泥を体になすりつけるんですね。それを30分くらいやると、タタタタッと駆け上がっていって、マツの木を見つけてそこに体をこすりつけるわけです。その時に牙かけといって、牙でマツの幹を削るんですね。そうするとそこから松ヤニが出てきます。それを体になすりつけるんですね。おそらく虫よけのためにしてるんじゃないかと思います。ですから、そこの下に行くとイノシシの毛が落ちてるんです。イノシシの毛は特徴的で、長い毛で、先が3つに分かれてるんです。それがあれば、絶対にイノシシが来たということ。本当はそこの泥を調べないといけないんですよね。そこにダニとかノミとかそういったものがいれば、確実にそれらの寄生虫をとるために泥浴びをして牙かけをやるということがいえるんですねが、まだ泥を集めるまではいってないんです。
〜泥を集めるのは難しい作業なんですか?
今泉:うーん、やっぱり泥を集めてもですね、それを水で溶いて、コーヒーのろ紙みたいなものでろ過して、そこから探さないといけないんですね。それだけで結構大変ですね。



今泉さんのお話いかがだったでしょうか。来週も続きをお届けします。

今回お届けした模様はポッドキャストでも詳しくご紹介しています。
こちらもぜひお聞きください!


【今週のオンエア曲】
・Roar / Katy Perry
・Turn our world around feat.Emi Meyer / 大橋トリオ
九州・宮崎県 椎葉村から、伝統的な農法「焼き畑」のレポートを先々週からお届けしてきましたが、今回で最後となります。
山の木々を刈り取って、斜面を焼き、そこに4年間かけて様々な種を植え、その恵みを頂く。
縄文時代から受け継がれるこの 農法に隠された秘密の一部を、今日もお伝えしたいと思います。

まずは、先週までのおさらいです。
この土地に伝わる、焼き畑農法には、ずっと変わらず守られて来た「順番」があります。ここに嫁ぎ、「焼き畑」の伝統を受け継いだ椎葉クニ子さん、通称「クニ子おばば」に改めて教えてもらいましょう!


8月に種を撒いて実になるっちゅうたらソバよりほかのものはない。ソバは75日の夕飯。翌年、この畑にヒエ、アワを撒く。だから、1年目はソバ、2年目は穂もののヒエ、アワ。3年目は小豆、4年目は大豆。焼灰の力で4年間はピシャっとできるわけ。遷地輪作っちゅう仕事をすっと。同じ土地に種を変えて撒くわけ。4年間使ったらあとはもう自然に返す。その農法が、5500年前の農法。もう全国的に焼き畑せんと生きていけんかったとよ。


焼き畑1年目は、すぐに育ち、冬を越すための貴重な食料になるソバの種をまくというのは、前回もお伝えしました。
椎葉村の焼き畑は、その後の順番も厳密に決まっています。2年目はヒエとアワ、3年目は小豆、4年目は大豆。
この順番には、どんな秘密が隠されているのでしょうか。今度は、クニ子おばばから、焼き畑の技と知恵を受け継いだ、息子の勝さんのお話です。


焼き畑をして、1回ではもったいないから、4年間くらいは使おうと。4年が作物を作るぎりぎりの目安かな。なぜ4年かというと、1年目はどうしても主食のソバを撒かなくてはなりません。2〜3年目は、まだ雑草が生えてこないので穂もののヒエやアワを撒きます。ヒエやアワは結構細くて弱いので、畑に栄養があって幹を太くできるうちにつくらないと台風で倒れてしまいます。3年目からはボチボチ雑草が生えてくるので、そこに大豆や小豆を撒きます。大豆や小豆は葉っぱが広いかので、密集して種を蒔くと遮光してくれて、雑草がはえるのをおさえてくれるんです。先人たちがそこまで考えたかは分からないが、他に考えつかない。なぜ3、4年目に小豆や大豆を育てるのか考えると、きっとそうなのだろうと思います。


ということで、2年目はヒエやアワなど、そして3年目以降は、葉っぱを広げて、太陽の光を遮ってくれる小豆や大豆を育てるんですね。光を遮ることで、雑草の成長を抑える効果があるということなんですが、自然の力を活かしていて、本当に良くできていますよね。そして4年目をこえたあと、椎葉の焼き畑では栗などを植えて、あとは自然に戻すんです。その期間は、30年。30年かけて森は自然に返り、そして再び、焼き畑が行われるというサイクルになっています。


栗を植えたら、あとは自然の紅葉落葉樹の山になります。栗は動物が食べて、人間も食べ、20〜30年経つと栗の柱がとれる。栗の木はあまり価格が変わらず安定しています。また栗の繊維はとても強いんです。杉は腐るが栗は腐りません。腐食がないので耐用年数が長い。だから昔は枕木に使われていました。栗の木の成長期が止まるのは30年が目安ですね。栗の木は30年が過ぎると病気になる特性があります。人間と一緒で足腰が痛くなってくるんですね(笑)。その時期になると材料としても使えなくなるし、栗の実も小さくなってきます。老齢化した山は荒れて枯れ木が増えてきます。それも自然林として良いかもしれないが、焼くことが森の再生になるのは間違いないですね。


30年という年月は、人間にとっては世代交代が行われる年月です。30年前の子どもが、大人になった頃に、再び焼き畑が行われるんですね。
さて、今年は台風や長雨の影響で、焼き畑のタイミングが上手く行かなかったため、ソバの育ちがちょっと心配ではありますが、本来ならこの季節は新蕎麦の季節。
椎葉の秋の旬、新蕎麦について教えてもらいました。


椎葉のソバは古い歴史があります。小粒で日本で一番小さいかな。特に焼き畑で作ったものは匂い、味、粘着力、溶ける早さが違いますね。特に粘着力があるから、茶碗ににくっついて回せなくなるくらいです。それは時期に来ないと食べられないですね。11月頃に来れば新蕎麦が食べられますし、刈り取りの体験もやっています。蕎麦が好きな人は一回来て欲しいですね。


この蕎麦、ぜひ食べてみたいですね。椎葉クニ子さん、息子・勝さんの民宿「焼畑」では、毎年この新蕎麦を宿泊客に振る舞うそうです。ただ、数に限りがあるので予約が必要です。また、蕎麦の収穫体験などもできるそう。
詳しくは、民宿焼畑のサイトをご覧ください。


今回お送りした内容はポッドキャストでも詳しくご紹介しています。
こちらもぜひお聞きください!


【今週の番組内でのオンエア曲】
・Sugar / Maroon 5
・Dragon Night / SEKAI NO OWARI
«Prev || 1 | 2 || Next»

PAGE TOP