今週も引き続き植物の不思議な力について、ベストセラー『植物はすごい!』の著者で、農学者の田中修さんのインタビューをお届けします。

今回は秋がこれから深まり、紅葉が楽しみになるということで、植物の色についてのお話しです。

植物の種はだいたい黒か茶色ですね。しかしその種から育って咲いた花は綺麗な色をしています。
じつはこれにも納得の理由があるんです!

◆種と花の色の理由
種が何でほとんど茶色や黒なのかというと、種は目立ったらいけないからです。目立ったら鳥に食べられてしまいます。ですので、土の色によく似た茶色や黒なんです。
ところが花は受粉して種を作るために、蜂や蝶などの虫を呼びよせなければなりません。だから目立たないといけないんですね。ですから、赤だったり、白だったり、目立つ色の花を咲かせるんです。
植物ごとに花の色は違うし、大きさ形も違うし、香りも違うし蜜も違うんですね。それは虫たちに「私の方がすごい魅力的がある!」とアピールしてい競争してるんです。それがこの植物の花の色の違いの大きな意義です。
ですから、ありえない花の色というのは、葉っぱと同じ緑色です。葉っぱと同じ色の花を咲かせても目立たないので、緑色の花はまずありません。まったくないことはないですけども、良く見てもらったら葉っぱとは全然色が違います。
ちなみに、白い花は、実は空気の小さい泡が花弁の中にいっぱい入っているんです。例えば波しぶきは白く見えますよね。でもコップに波しぶきをとってきても、ただの水です。ビールの泡は真っ白ですが、それを集めてしばらくおくとただのビールです。白い花の花弁も一緒なんです。だから白い花を親指と人差し指でぎゅーって搾って透かして見ると、泡が出て、その部分が透明になってます。


さて、つぎは、これから紅葉のシーズンということで、イチョウの黄色と、
紅葉の赤い色。この二つの「色」のヒミツを教えて頂きました。

◆イチョウの黄色とモミジの紅葉
秋になるとイチョウが黄色くなり、モミジは赤くなりますが、このふたつは実は全然違う現象です。
イチョウの場合は、今年は色づきが良いとか、あそこのイチョウは綺麗だとか、年や場所による違いはありえません。一本一本のイチョウの木が緑から黄色に変わっていく過程は、暖かい年は遅い、早く寒くなる年は早いっていう違いはありますが、場所によって、あるいは年によって色づきがどうのこうのっていうのはないんです。
イチョウが緑の葉っぱの時に黄色い葉の色素、カロテノイドっていう色素なんですが、それは葉っぱの中にもう出来てるんです。ですからイチョウが黄色くなるっていうのは、クロロフィルという緑の色素が分解して無くなっていけば、葉っぱは自然と黄色になるんです。クロロフィルが分解して無くなっていくのは、気温が下がってくるとそれが起こる。だから寒くなってくるとイチョウは黄色くなるという現象が自然に起こります
それに対してモミジが赤くなるというのは全然違います。モミジは緑の葉っぱの時、あんな赤い色素なんか持ってません。赤い色素はアントシアニンといいますが、それは新たに作られてこなければならないんです。だから作られるための条件を満たすっていうとこが大事です。
それはどういう条件が必要かと言うと、一つは紫外線が多く当たること。二つ目は昼夜の気温差。これは、アントシアニンを作る為に温かい温度がいるし、緑の色素を消すためには夜の寒さがいるんです。そして三つ目は湿度です。乾燥すると汚くなるんです。湿度が高く保たれると、老化過程がゆっくり進むので、赤い色素を持ったまま綺麗な状態が保てる。だから紅葉の名所っていうのはこの3つの条件を大体満たしています。それは山の中腹の谷間のところですね。中腹の斜面は紫外線が多く当たります。そして太陽が当たってるから昼温かくて、夜は谷間なので冷える。そして谷間なので湿度が高い。だから紅葉の名所というと大抵山の中腹の谷間のところということになります。
この現象は1本だけ生えているところを見るとよくわかります。先端の方の、太陽の光が直接当たるところは紫外線があたっているので綺麗に紅葉します。でも木の真ん中の辺になってくると紫外線があまり当たりませんし、風が吹いても周りは冷えても、中は温度がそんなに下がらないので緑が消えないんですね。


植物の色の不思議のお話、いかがだったでしょうか。
今回お届けした内容はポッドキャストでも詳しくご紹介しています。こちらもぜひお聞きください!

【今週の番組内でのオンエア曲】
・ほめられたくないワンピース / 山崎あおい
・となりのメトロ / YUKI
今週は、ベストセラー『植物はすごい!』の著者で、農学者の田中修さんのインタビューをお届けします。
田中さんは、NHKの「子ども科学電話相談室」という番組にも出ていて、メディアだけでなく講演でも、植物たちの不思議な力について色んなお話をされています。


植物の不思議な力、例えば春には桜が咲きます。夏にはヒマワリが咲いて、秋にはコスモスが咲きます。当たり前だけど、よく考えると、なぜなんでしょう。
なぜ桜は必ず春に咲くのか。なぜコスモスは必ず秋に咲くのか。
大人になるとなかなか、こういう疑問で立ち止まらなくなりますけど、実は全く私たち、これ分かってない。

というわけでまずはこの疑問に答えて頂きました!

◆秋の花はなぜ秋に咲くのか
春には多くの植物が花を咲かせます。秋にも多くの植物が花咲かします。なぜ春と秋に多くの植物が蕾を作って花を咲かすのでしょうか。
例えば秋には菊やコスモスが花を咲かせますが、それは、秋は寒い冬の前だからなんです。
というのは、秋に花咲かせる植物は冬の寒さに弱いんです。だから秋の間に花を咲かせて種を作って、種の姿で冬の寒さを過ごそうとする植物です。種だと暑さ寒さに強いんです。ですから、春に花を咲かせる植物は暑さに弱いということ。夏は緑が多いので枯れた植物って目立たないんですけども、春に花咲いてた植物を探してみて下さい。夏にはありません。
ということは、春に花咲く植物は春の間にもうすぐ暑くなるということを知ってることになるんです。そして秋に花咲く植物は秋の間にもうすぐ寒い冬が来るということを知ってることになるんです。どうしてわかるんでしょうか。
それは葉が夜の長さをはかるからなんです。秋の菊やコスモスでいえば、夜が長くなってくると、葉で蕾を作る物質を作って芽に送って、そして花を咲かすんです。春に花咲く植物は逆で、夜が短くなってくるということを感じて、やっぱり蕾を作って花を咲かすんです。
この夜の長さをはかる能力は大変正確で、例えばアサガオなんかで調べると、品種にもよりますけども9時間っていう夜を与えても蕾は作らない。でも、9時間15分ならば蕾を作るんです。つまり15分刻みの精度を植物は見極めて、蕾を作っている。ものすごい時計を持ってるんです。


15分という時間がわかるというのはすごいですね!
こうした「体の中の時計」は、植物だけでなく動物にもあるといいます。いわゆる“体内時計”って呼ばれるものですよね。ただ、その正体はなんなのかは、まだはっきりは分かっていないそうです。

では続いての疑問。夏の風物「ひまわり」についてです。
ひまわりって、よく「太陽の方向を向いて首を動かしてる」っていいますが、これは本当なんでしょうか。

◆ヒマワリは太陽を追って向きを変える?
ヒマワリの花は太陽の姿を追って動くって言われることがあります。でもそれは本当ではありません。あんな大きく重い花が太陽の動きを追って毎日移動してるっていうことはありません。ヒマワリの花は東の方を向いて咲くって決まってるんです。
でも葉は太陽の光をすごい欲しがってるんで、東の方から太陽が昇ると東の方を向いてる。そしてお昼に段々上に来ると上を向く。そして西の方に傾いていくと西の方に傾いていく。ですから葉が太陽の動きを追って動いてるって表現するとそれは間違ってないんです。
では日が沈んだら葉はどこを向くのでしょうか。これは是非観察してほしいんですけども、実は夜の間に東を向いて、太陽を待っているんです。


植物ってすごいんですね!こうしたお話しは田中さんの著書「植物はすごい 七不思議篇」(中公新書)で詳しく知ることができます。


今回のお話はポッドキャストでもお届けしています。こちらもぜひお聞きください!

【番組内でのオンエア曲】
・フォエバ / BENI
・日曜の夜に鳴く鶏 feat. 高田漣 / 大橋トリオ
«Prev || 1 | 2 || Next»

PAGE TOP