先週に引き続き、天然記念物に指定されるような古い巨木から、街路樹、公園の木々に至るまで、診断や治療をする専門家・樹木医のお話です。
樹木医の後藤瑞穂さんに、樹木医というお仕事のことや、町の木々の健康をチェックするポイントなどを教えて頂きましたが、今回は、後藤さんがこれまでに出会ってきた、「巨木」のお話です。
まずは、樹木医のお仕事をしてきた中で出会った印象的な巨木をいくつか教えて頂きました!

◆木は生きつづけることができる
私が今まで見てきた巨樹古木でとても印象的だったのは、阿蘇にあります、高森殿の杉です。その杉は一見森のように見えるんですね。大きな木がいくつもある場所なのかなと思って近寄ってみると、それはなんと一本の木が枝が折れて地面について、そこからまた根が張って新しい幹を作って新しい枝葉を出してるというそういう珍しい光景が見れる杉なんです。
枝が地面に接地しますと、そこの細胞が、暗くて湿り気があるという条件によって根に変化してしまうんですね。そうすると枝が本体から分かれて、もう一つ新しいクローンの木ができちゃうんです。不思議なんです。
幹はとても太いんですよ。で、周りにタコの足ように枝葉が伸びてまして、それがいつしか重たくなって折れてしまうんですね。でも、折れてもそこでくじけることなく、また新たな命として再生してってるんです。なんてすごいんだろうと思いました。
その現象は杉だけではありません。砧公園でも桜でそういう状況が見れました。桜の枝が地面に接地して、そこから新しい枝が伸びてました。木はでそういうふうに、永遠に不滅なんですね。私たちみたいにひとつの命で、ひとつの体が死ぬのではなくて、何回でも再生できる、そういう特性を持ってるんです。
ですから、死なないというか、死んでるけれどもまだ生き続けてるというか、そういうちょっと神秘的で哲学的な生き物なんですね。

さらに後藤さんは、ご自身も実際に治療に関わったという、大変な樹齢の「桜」のお話もしてくれました。

◆木は置かれた環境で常に全力で生きる
おととし、山梨県の甲州市にあります、慈雲寺というお寺にある大きなイトザクラの診断をしました。それは樹齢が400〜450年の大きな枝垂桜なんですけれども、実はほとんど中が腐っていまして、丈夫なところは外側だけだったんです。街路樹の場合は、そういう状態は危険だから切ってしまえってなるんですね。でも天然記念物は、やっぱり中が多少腐ってても大事にしていきましょうということで、樹勢を回復させるべく、樹木医さんが一生懸命治療をするわけなんです。
天然記念物になる条件として、やはり人との関わりというのがすごく大事なんですね。ただ大きければいいわけではなくて、ちろんそれだけでも素晴らしいんですけれども、その木をみんなが大事にしてきた、長い間神様として崇めてきたっていうところもすごく大事だと思うんです。
樹木は置かれた環境で、そこから動けないんですね。一度そこで生育し始めたら、そこから引っ越せないんです。もうやだな、と思っても変えられないんですね。置かれた環境でベストを尽くすしかないので、常に全力。すごい生き物だなと思います。それを何百年も続けてきてる。

後藤さんは数年前に、山梨県 甲州市の慈雲寺にある、木の腐れ部分の診断をされたそうです。後藤さんや地元の樹木医さんの治療もあり、人間に例えれば、「怪我はしているけど、元気な状態」だということです。

最後に、後藤さんが考える巨木の魅力とはなにか、お話をうかがいました。。

◆木は歴史の生き証人
まずなんと言っても木は歴史の生き証人ですよね。年輪を調べるとその年の気候がわかります。暖かかったらより幅が広いんです。寒かったら、ちょっとしか成長しないから年輪の間隔が狭いんですね。そういうことで、その年がどんなことがあったのかっていうのを読み取ることができるんですね。
それにいろんなことが想像できるんです。400年前の人は、この木の下で何してたんだろうとか、鶴岡八幡宮の大銀杏なんかは暗殺の場面を見たんじゃないかとか。もし木がしゃべったら、あの歴史の真相はこうだったんだよって言ってくれるかもしれないですよね。もしかしたら、将来そういうことが読み取れるようになれるかもしれないですね。木の前では悪いことできなくなるかもしれないです。

樹木医 後藤瑞穂さんのお話いかがだったでしょうか。ポッドキャストでも詳しくご紹介していますので、こちらもぜひお聞きください!


「樹を診る女のつぶやき」熊本日日新聞情報文化センター

【今週の番組内でのオンエア曲】
・Skinny Genes / Eliza Doolittle
・春の歌 / ウカスカジー
いよいよ緑の中のお散歩が気持ちいい季節ですね。
ということで、今回は樹木医の後藤瑞穂さんにお話を伺いいます。
熊本県出身の後藤さんは、元々、造園設計のお仕事をする中で樹木医になった方。熊本では女性第一号の樹木医さんだそうです。現在は東京を拠点に、樹木医として全国を飛び回っています。
樹木医は、大きな樹木、古くからの森や林の診断・治療をしたり、樹木を保護する知識の普及・指導を行う専門家。
天然記念物に指定されるような巨木はもちろん、街路樹や、公園の樹木のケアもされるお仕事です。
ということで後藤さんは、私たちの身近な木々を「見る目」が違います。
街路樹や公園の木々の健康状態を、どうやってチェックしているのか、伺いました。

◆木はボディランゲージで話している
木は言葉は話せませんが、ボディランゲージで発信しています。たとえば葉っぱの数が少ないっていうのもボディランゲージの一つです。「元気がなくなってます。なんとかしてください。」って言ってるんですね。それから、切られた跡が腐ってたりとかすると「早く処置をしてくれないとどんどん幹の方に腐れが進行してしまって立っていられなくなります。」っていう事も言っています。
街路樹は狭い空間に植栽されてますので、根が盛り上がっているのを見かけたりすると思うんですけども、あれは、根が呼吸困難に陥っていて、酸素が欲しくなって地表をめがけてアスファルトとか舗装材とかをひっくり返してしまうんですね。息苦しいと言っていますよね。
それを改善するためには、所々、舗装に穴をあけるとか、通気透水性を良くするちょっとした工夫をすると改善されるんですけれども、その改善をせずに根が上がってきたからといって切ってもう一回上から舗装を被せるというような事を繰り返してる例がものすごく多いんですね。そうすると、その切った根からさらにまた腐れが入ってきまして、ますます倒れやすくなってしまうんですよ。都市の街路樹にはそこの改善点が必要ですね。
また、根元から細い枝が出てるのを「ひこばえ」と呼んでるんですけども、その状態は、造園の世界では本体を弱らせてしまうから切った方がいいという風にされているんです。しかし、「ひこばえ」は、実はそれ以前に木が弱っているというSOSのサインなんですね。枝葉が足りなくなってしまって、自分を維持するための光合成量が足りないから緊急救命装置でひこばえを出してるんです。ですからその場合はむやみに切るのではなくて、ワンシーズン、ツーシーズンくらいは温存させて、まずは樹勢を回復させる措置を取った後にひこばえの処置をします。
樹木が健康な状態は、枝葉が四方にのびのびと育っているところですね。十分に枝葉が伸びる空間があること。狭い都会の空間では、建物があってそうもいかない時もありますけれども、切り口がそんなに目立たないように、適切にきれいに切って調整されている木は大丈夫ですね。たとえて言うなら、前髪ぱっつんみたいな切り方を樹木でやられるととても痛いんですね。やっぱりシャギーを入れて、ナチュラルカットにして頂きたいんですね。どこを切ったのかわからないような切り方をしてあるのが一番木にとって負担が少なく美しく安全な状態なんです。


樹木の腐食で出来る、木の空洞「うろ」は、都会だと倒木の危険を示すものですが、森の樹木の「うろ」は、危険とはみなさないのだそうです。なぜならそこはタヌキや鳥など生物が暮らす大事な住処だから。
また、木のボディランゲージはほかにもあるそうで、例えば根っこが、片方に太く張り出しているような木。これはその場所では、根の張る反対側から、常に風が吹いていることを教えてくれる…とか。

こうして、街路樹のケアも続ける中、後藤さんは人々と木々の関係について思うことがあると言います。

◆みんな繋がっている
街路樹を私たちが診断していると、沿道の方が「邪魔だ、切ってくれ」とか「落ち葉で道が汚れる」とか言われることがあるんです。でも待ってください。この木が道路の排気ガスとかの粉塵とかそういうのを吸い取ってくれてるんですよね。ドライバーの方の目の癒しにもなってますし、色んな環境の悪い部分を緩和してくれてる働きがあるんです。もし火災になったりとかしたら、木々が防いでくれます。木は70%くらい水分ですから、延焼を抑えてくれる防火効果があるんですね。なのにも関わらずそのことを忘れちゃうんですよ、人は。
一人ひとりの方が何のおかげで生きていられているんだろうということに気付いてもらえたらなと思うんです。木々が出してる酸素、すごく大事ですよね。植物、樹木がなかったら私たち生きていけません。すごく大事なんです。
それは都市にある木だって同じなんですね。森にだけあればいいってことじゃない。落ち葉も、そりゃ大変かもしれないですけども、私たちも日々髪の毛は抜けてるし、ふけも出してますし生きてるからそりゃ新陳代謝するんですね。木にももう少し労りの気持ちを持ってもらいたいなと思ってるんです。
そしてその町の木や公園の木っていうのは、いろんな鳥とか虫とかの移動経路になってるんですね。住家にももちろんなってますし。だから、ポンと森だけあってもそれは生物多様性に繋がらないんですよ。きちんと町の中にも緑があることで、鳥が休み休み森に行ける、里山に行ける、森林に行ける、そして森林からまたそれが帰って来るという、そういうことを繋ぐことになってるんですね。
私たちはそういうことをトータルに見て行かなければいけないんですけど、バラバラに考えている人が多いんです。ですから、森は繋がってる、緑は繋がって、木は人とも繋がってるということに気付いてもらいたい。そこを総合的に取り組むっていう姿勢にまだ到達してないと思います。そこに取り組んでもらいたいなってすごく思ってます。


今回のお話いかがだったでしょうか。来週も引き続き樹木医・後藤瑞穂さんのお話をお届けします。

【今週の番組内でのオンエア曲】
・The Hustle / Van Mccoy
・Stand By Me / 曽我部恵一
«Prev || 1 | 2 || Next»

パーソナリティ

高橋万里恵
高橋万里恵

あなたからのメッセージ・ご意見をお待ちしております

各放送局の放送時間

  • JFNヒューマンコンシャス募金は鎮守の森のプロジェクトを応援しています。

ポッドキャスト

  • ポッドキャスト RSS
  • ※iTunesなどのPodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。
  • 鎮守の森のプロジェクト
  • EARTH & HUMAN CONSCIOUS
  • LOVE&HOPE〜ヒューマン・ケア・プロジェクト〜
  • AIU保険会社

PAGE TOP