あす10/1(土)GTFグリーンチャレンジデー 2016 in 新宿御苑にて、番組パーソナリティ高橋万里恵とモデルの鎌田安里紗さんによるトークショーを行います!

場所は新宿御苑内のイギリス風景式庭園近くの特設ステージにて12:30からです。
みなさまお誘い合わせのうえ、ぜひご来場ください!

GTFグリーンチャレンジデー 2016 in 新宿御苑の詳細についてはコチラ
さて今日は、ちょっとお話を聞くと、羨ましくなっちゃう、そんな方をスタジオにお招きします。
四角大輔さん。元々は大手レコード会社のプロデューサーをされていた方です。しかもミリオンヒット7回、オリコン1位を20回獲得している超売れっ子プロデューサーでした。その地位を捨て、いまはニュージーランドで半自給自足の「森の生活」を送っているという方。しかも年の半分は「旅人」としてバックパッカーのように世界をさまよっている方です。
「モバイルボヘミアン」で執筆家という不思議な肩書を持つ、四角さんにお話をうかがいました。

〜「モバイルボヘミアン」とはなんですか?
簡単に言うと、ただ移動しながら仕事をしているだけではなくて、仕事と遊びに境目がなくなった状態。それをモバイルボヘミアンと呼ぼうと、僕ともう一人、先輩と二人で造った言葉です。欧米ではこういう言葉が2、3年前から出始めていたんです。
僕は年の半分を森の中で暮らしていて、残りの半分は移動生活を送ってるんです。基本的にはニュージーランドの森が一つ拠点で、もう一つは東京です。それぞれの拠点を軸に移動生活を送っています。ただの旅人ではなくて、仕事をしながら移動そのもの、旅そのものが仕事になったりとか、ライフスタイルそのものが仕事になったりとかしています。例えば僕は釣りとか登山、アウトドアが大好きで、幼少期からずっとやってきたんですが、それが今仕事になっています。山を歩いたりとか、川をカヤックで下ったり、これは全部仕事になっていることですね。ライフワークバランスっていうキーワードがありましたけども、僕の場合は仕事と生活と遊び全てに垣根がない状態なのでバランスみたいな感覚がないですよね。


〜大手レコード会社のプロデューサーとして成功しているのに、そのお仕事を辞めてそういった生活に飛び込んだのは何かきっかけがあったのですか?
僕は最初の9年ソニーミュージックで働きまして、その後ワーナーミュージックで6年間、、そのうち後半の10年間はアーティストのプロデューサーをやっていたんですね。そして関わったアーティストたちがどんどんブレイクして、僕自身、地位、名声、年収みたいなものが上がっていったんですが、実はニュージーランドで半自給自足の生活をしたいっていう夢は学生時代にもう決めてたんですよ。社会人になって10年経ったらそういう生活にシフトしようって決めていたんです。結局色々あって15年かかったんですが。
よく年収とか安定とかを捨てたって言われるんですけども、捨てたというよりは、やっと本来の自分に変えられる。本来の自分の理想の生活をスタートできるっていう感覚が強かったので、捨てる恐怖感とかもったいないみたいな気持ちは本当に0だったですね。
夢ってみなさん抱かれると思うんですが、夢を諦めるのは僕ありだと思っているんです。それは自分の意思で決められるじゃないですか。でも夢を忘れるっていうのは僕にとっては絶対に嫌だったんですよ。いつの間にか忘れてて、気づいたらもう元に戻れないみたいなのが僕は一番怖くて。ですから、忘れない工夫をいっぱいしましたね。


〜その生活の場にニュージーランドを選んだのはなぜですか?
僕は湖がとにかく好きなんです。小さいときから水が好きで川、海いろんなところでアウトドアな遊びをしたんですけども、大学生の時に何より湖が好きだなってことに気づいたんです。釣りが好きだったんですよね。幼稚園のころからずっと釣りをやっていて、大学の時にフライフィッシングを始めたんですが、それは今もう仕事にもなっています。ライフワークって呼んでるんですが、フライフィッシングを湖でやるのが、何より一番気持ちよかったんです。
僕はちょっと変な人で、小学校くらいから「今生きてて一番気持ちいい瞬間は何なんだ」ってことをいつも自分に問いかけてたんですよ。その時々によって違うんですけど、ある時から湖でフライフィッシングをやってるときがいちばん自分らしくいれるし、いちばん気持ちいいしってことに気づいたんです。これを知ってしまった以上、人生って一回しかないじゃないですか。これを極めるしかないなと思って、学生の時に肉体労働をして、ボロボロのワンボックスカーを買って、自分でキャンピングカー仕様にして日本中の湖旅したんですよ。
それで「ここは最高!」っていうところを見つけたんですけど、ニュージーランドにはさらに美しくて、日本よりも大きなマスが釣れる湖があるっていうことを知って、どうせならもうベストを目指そうってことでニュージーランドに決めたんですよ。
フライフィッシングは川でも海でも湖でもどこでもやれるんですけど、例えばミミズなどの生きたエサを使えば魚って結構簡単に釣れちゃうんですよ。でもあえてそれをやらずに、例えば湖に暮す大きなニジマスが今の季節はこういう小魚を食べているとか、この時期は水面に落ちてくる昆虫を食べているみたいな、それを研究して、自分で鳥の羽とかを使って疑似餌を作るんですよ。ルアーっていうのはプラスティック製品のもので、鳥の羽とか糸などを巻き付けて作られたものをフライって呼ぶんですけども、わざわざそれを自分の手先使って、いろいろ工夫して作る。そしてそれを持って湖に通い詰めて、トライアンドエラーを繰り返して、「あ!この形が釣れるんだ」と。
ですから、芸術的な感性とか物を作るセンスみたいなものが必要ですし、フィールドに行ったら風向きとか天候とか気温とか、自然現象を読み取る能力も必要です。それにフライをなるべく遠い距離に投げるとか、なるべく深いところに送り届けるとか、正確に投げるみたいな肉体的な能力も要求されるわけです。総合的な芸術家センスと、アスリート並みの体力と、学者並みの知識が必要だって僕言うんですけども、難しくて奥深くて一生かけても多分完成に行きつかないだろうなっていう釣りがフライフィッシングです。これを知ってしまうと人生が完全に正しく狂います(笑)


四角さんのお話いかがだったでしょうか。来週も続きをお届けします。
どうぞお楽しみに。

【今週の番組内でのオンエア曲】
・We Got It / Maia Hirasawa
・Baumkuchen(featuring ohashiTrio) / 大橋トリオ
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

パーソナリティ

高橋万里恵
高橋万里恵

あなたからのメッセージ・ご意見をお待ちしております

各放送局の放送時間

  • JFNヒューマンコンシャス募金は鎮守の森のプロジェクトを応援しています。

ポッドキャスト

  • ポッドキャスト RSS
  • ※iTunesなどのPodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。
  • 鎮守の森のプロジェクト
  • EARTH & HUMAN CONSCIOUS
  • LOVE&HOPE〜ヒューマン・ケア・プロジェクト〜
  • AIU保険会社

PAGE TOP