今週も引き続き、北海道の自然体験レポート、お届けします。
今回は、「知床五湖ガイドウォーク」のレポートです。
世界自然遺産・知床。冬の流氷が運ぶ栄養が、海と山を豊かにして、「命の輪」を結ぶ土地。
エゾシカ、トド、シマフクロウなど希少な生き物たちによる多様性が評価され、世界自然遺産に登録されています。そして何より知床の森は世界的にもヒグマの生息密度がトップクラスという、ヒグマの住処でもあります。
今回のガイドツアーは、そんな知床の原生林に囲まれた大小5つの湖、「知床五湖」をめぐるツアーだったのですが、ツアーの冒頭も、まずヒグマに関するレクチャーから始まりました。じつは私たちが参加した前日も、2匹のクマが現れてツアーが中止になったのだそうなんです!
ということで、ちょっとドキドキしながら、ツアーはスタート。私たちは、 知床ナチュラリスト協会「SHINRA」の畑谷雅樹さんのガイドで森へと入りました。

 今日は良い天気で暑い位ですね。。これからフィールドハウスと言う建物で立ち入り許可を受けるためのレクチャーを受けて、約3キロの遊歩道を、原生林や5つの湖など自然で解説をしながら散策していきます。今の時期は非常にヒグマが多いので安全対策のためにガイドツアーの限定利用になっています。それではこれから2時間40分くらいになりますが、よろしくお願いします。


 左の笹の中に大きな緑の葉っぱが見られます。これは熊の食べ物の一つ、ミズバショウです。これは里芋の仲間で、根本を掘り起こすと芋があります。この芋の部分が熊の食べ物です。ミズバショウが生息しているのは湿地帯なのですが、意外と知床半島は湿地帯が少なく、ここの5つの湖が点在している周囲に、特に雪解け後に多く見られます。まだ今年はあまり手をつけていませんが、前日までは全く手がつけられていないものが、翌朝きたらあらかたほじくり返しされているということもあります。


 1番近くで熊に遭遇したのは、3、4メートルくらいですね。若い熊でした。小高い丘を超えるような形で出てきて、間に立木もあったりしましたが、存在に気づいて、踵を返すように熊が別の方向に行ってしまいました。
 ここの遊歩道は食べ物持ち込まないことになっていますが、匂いで誘引しないということももちろんありますが、万が一食べ物を落としてしまって、それを熊が食べてしまって、人間の食べ物の味をしめてしまったときに、次に利用する人に危害を加える可能性があります。そういったことで、持ち込まないよう徹底しています。そういう取り組み、ルールは大事になってきますね。。本来彼らは、9割位は植物質の食べ物を食べていて、7割は草本類。意外とヘルシーな食生活なんです。例えば、これはヤマブドウのつるです。秋になると実がなり、美味しいしくて、人間も生でも食べられます。これは熊も大好きですね。このヤマブドウが絡まっているトドマツの木の幹よく見てもらうと、爪の跡があります。これは実を食べるために木に登っていったときの爪痕です。腕力もあるので、こういった垂直な木でも前足で抱え込むように爪を引っ掛けて、後ろ足の爪も使いながら上手に木登りをします。降りる時はちょっと不格好にお尻からズルズルっと下がってくるので、長い線の爪痕は降りているときのものですが、斜めに入っている爪痕は上っている時のものです。


 秋はヤマブドウやミズナラのどんぐりを食べます。熊は冬眠をする動物なので、冬眠から目覚めてすぐはまだ雪があるので、雪を掘り起こして前年の秋のどんぐりを食べて食いつないだりしながら、雪が溶けて山菜類のセリやふきなどが出てくると、そういった山菜類を食べます。夏は昆虫類、蝉の幼虫なんかもよく食べます。ハチやアリなんかも食べて、8月の後半お盆過ぎ位からは、川にサケマスの仲間が遡上してくるので、サケやマスを食べます。北海道のお土産というと、木彫りのサケを咥えた熊が有名なので、サケを沢山食べている印象がありますが、全体のメニューの中では少なく、0.4%ぐらいという熊もいます。期間が限定されているからということもありますね。たくさん食べられる時期は、メスのお腹の卵のところだけきれいにかじりとるような、贅沢な食べ方をしています。そのうち秋になると、木の実を食べます。グルメな動物というか、季節の旬のおいしいものよく知っているんです。


今回のお話いかがだったでしょうか。来週も続きをお届けします!

【今週の番組内でのオンエア曲】
・打上花火 / DAOKO×米津玄師
・Fire Escape / Andrew McMahon In The Wilderness

今週からは、北海道の自然体験ツアーの模様を、お届けしていきます。
今回 番組では北海道の東側を中心に、数か所のツアーに参加したんですが、今回はその中から、「釧路川源流の川下りツアー」の模様です。
この周辺区域、8月8日に名前が「阿寒摩周国立公園」に変更され、国立公園の範囲も広がったことがニュースにもなりましたよね。そんな国立公園の広大な森に囲まれているのが、「屈斜路湖」。この、国内最大のカルデラ湖を源流とするのが釧路川です。
カヌーツアー会社、River and Fieldの代表 土屋重敏さんの案内でカナディアンカヌーでゆったり釧路川を下るツアーを体験してきました。

今日のコースは、カヌーに乗って湖をしばらく進んで橋をくぐって釧路川に入っていきます。湿地帯をゆっくり下って、倒木があるので避けたりくぐったりします。途中で休憩して、1時間ちょっとで下って行きます。ウグイの大群が遡上しているので、橋の下を覗くと魚が見えます。


屈斜路湖はカルデラ湖です。火山が陥没した跡です。向こうには摩周湖がありますが、屈斜路カルデラの山の一部です。大体21キロあります。これは日本でも1番大きく、世界的にもない地形です。そこに山の水が溜まって屈斜路湖ができたんです。ここから流出しているのは釧路川だけなんです。周りの山からは34の川が入っていますが、出口は1カ所。ここが釧路川の始まりです。

源流と言うと、渓谷で流れてるのを想像するが、ここは標高120メートル位なので、そんなに高くなありません。だからゆっくりと蛇行を繰り返して流れていきます。
橋の近くまで行くと、水中にウグイが産卵しているのがたくさん見えます。川の下が真っ黒になるくらいいます。人工物は橋ぐらいしかありません。護岸もされていないし、自然のままです。ここに生えているのは谷地ハンノキです。湿地帯に生える木で、所々にイタヤカエデとかが生えていたりします。白い花が木の幹に巻きついていますが、それがツルアジサイ。ツルで生えます。
あそこの浅瀬も魚がいっぱいいますが、みんなウグイですね。ウグイ以外にはニジマスやヤマメ、オショロコマなどがいます。紅鮭も上がってくるんですよ。


釧路川は、カルデラが崩れた方向から、水が流れ出て、何度も蛇行しながら釧路湿原を流れ、太平洋に注いでいます。その始まりが屈斜路湖なんですね。
そして、カヌーは、森の緑に浸されたような静かな水の流れをゆっくりと下っていきます。

あの声はアオジという鳥です。スズメ位の大きさですね。。新緑の色に羽が似ていて緑がかっています。お腹は黄色に黒い縞模様。こういう小さい鳥は見つけるの難しいですね。
ここは覆い被さるように気木が生えてトンネルになっています。この奥で湧水が湧いています。鏡の間と呼ばれていて、すごくきれいな場所です。手を水に漬けてみてください。水温が急に変わります。

正面が丸山という山なんですが、そこの水が湧き出しています。水温は1年中9〜10度。夏の暑い日でもここだけは涼しいんです。真夏は水温も20度以上になります。川が暑くなるとニジマスやヤマメは水が冷たいこっちに来ます。真夏の暑い時期になると水族館のようにニジマスやヤマメが集まってくるんです。


今回のお話いかがだったでしょうか。ポッドキャストでも詳しくご紹介していますので、こちらもぜひお聞きください。

【今週の番組内でのオンエア曲】
・The Theme From Big Wave / 山下達郎
・Inspired / Miley Cyrus
«Prev || 1 | 2 || Next»

パーソナリティ

高橋万里恵
高橋万里恵

あなたからのメッセージ・ご意見をお待ちしております

各放送局の放送時間

  • JFNヒューマンコンシャス募金は鎮守の森のプロジェクトを応援しています。

ポッドキャスト

  • ポッドキャスト RSS
  • ※iTunesなどのPodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。
  • 鎮守の森のプロジェクト
  • EARTH & HUMAN CONSCIOUS
  • LOVE&HOPE〜ヒューマン・ケア・プロジェクト〜
  • AIU保険会社

PAGE TOP