先週、先々週に引き続き、お届けするのはスズメを追いかける不思議なカメラマン、スズメ写真家のうえだこうじさんのインタビューです。
うえださんは 会社員からカメラマンとして独立。いろいろ思い悩む中で、身近で、いつでも会うことができて、しかも癒やしてくれるスズメの魅力に魅せられ、スズメの撮影に力を入れてきたといいます。
ということで、うえださんの「スズメ愛」は、本当にすごい領域にたどり着いているんです!


よくスズメには挨拶するようにしています。前に住んでいた家のベランダのバジルの種をスズメが食べるようになったんですが、普通なら追っ払いますよね。でも僕はなすがままにしていたんです。そしたらずっと来るようになって、顔見知りになって、僕が仕事に出かけようとすると声をかけてくるんです。「ちょいちょい」って。それで家に帰ってくるとまた寄ってくるんです。ベランダに来ているスズメに僕が「ちょい」って声かけると、「ちょい」って返してくるんです。壁越しの恋みたいな感じですね(笑)でもベランダに出て行っちゃうと逃げられちゃう。

〜写真集の中にも出てくるようなレアなスズメの姿を撮影する秘訣はあるのでしょうか。
レアな姿は、公園でも、いつもよりすごく静かな時、時がゆっくり流れているような時があるんです。そういうときに面白いというか、変わった表情やポーズには遭遇しがちです。小さな声で話しかけてくるんですよ。「ちちちちち」って。雨の日に撮影をしていたら、70センチとか1メートル以内でスズメちゃんと、ずっと10分ほど対峙して写真を撮っていたんですけれども、「ちちちちちちち・・・」と。何言ってんだろうと思います。出て行けと言っているかもしれない、おじさん好きよと言っているかわからないですけれども、基本的には良い方にとりますけど(笑)普段のチュンチュン、ではなく囁くような声なんです。で、僕も「ちちちちち・・・」って返すんです。ずっとやっていましたから、端から見ていたら怖いですよね。風体の悪いカメラを持ったおっさんがスズメを目の前にして「ちちちちち・・・」。恥ずかしいですよね(笑)でもやっちゃうんです。何を言ってるかは不明ですけれども自分の良いように捉えれば良いと思うんです。それがハッピーの秘訣でもあると思います。

〜2冊めの写真集「あした、どこかで。2』にはスズメが上を向いて目をつぶっている写真があるんですがこれはなんですか?
これはハクションとくしゃみをしているところですね。ハクションとは言っていないんですが、唾が飛んでいる。これはよくあるんですよね。夏場に、どういうシチュエーションでこれをするかは不明なんですけれども、何かが鼻に詰まったというか。くしゃみっぽいんです。くしゅんと言ってるっぽいんですよね。不思議な、なかなかない光景ですよね。


〜上田さんにとってオススメとは何なのでしょうか?
単純に言うと人生を変えてくれた存在。明るくなりましたよ、おかげさまで。何も仕事がなかった時にふと現れた天使のような存在です。茶色い天使ですね。

〜仕事で悩んだり行き詰まっている方も、実は身近に何かちょっと気持ちを変えられるチャンスが転がっているのかもしれないですね。
スズメに限らず、そういう気持ちを持てば毎日楽しいと思うんです。悩んでいるときに自分の気持ちをより良くするコツとして、身近にあるものに目を向けてみるというのも良いと思うんですよね。


うえだこうじさんのインタビュー、いかがだったでしょうか。世にも珍しいスズメ写真集『あした、どこかで。』に興味を持たれた方は、ぜひウェブサイトをチェックしてみてください!


たしを見つけるスズメ写真集『あした、どこかで。3』
〜キミに出会えて、僕に出会えた。幸せはいつも足もとにある〜


【今週の番組内でオンエア曲】
・糧 / 森山直太朗
・Say You Love Me / Patti Austin

パーソナリティ

高橋万里恵
高橋万里恵

あなたからのメッセージ・ご意見をお待ちしております

各放送局の放送時間

  • JFNヒューマンコンシャス募金は鎮守の森のプロジェクトを応援しています。

ポッドキャスト

  • ポッドキャスト RSS
  • ※iTunesなどのPodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。
  • 鎮守の森のプロジェクト
  • EARTH & HUMAN CONSCIOUS
  • LOVE&HOPE〜ヒューマン・ケア・プロジェクト〜
  • AIG損保 ACTIVE CARE

PAGE TOP