ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : アウトドア

夜釣り

2017.07.22

第224話 夜釣り

暑い夏は夜釣りを愉しもう!
ポッドキャストを聴く
第224話 夜釣り
各地で梅雨明け宣言も相次いで、いよいよ夏本番。日中の暑さが厳しい夏は、少しくらいの夜遊びも悪くないだろう。そこで俺がオススメしたいのが《夜釣り》だ。なにせこの時期、昼の釣りは暑さも紫外線もハンパじゃない。快適な釣りを愉しむなら夏は夜に限る。サカナクションの『ナイトフィッシングイズグッド』を聴きながら、今週は夜釣りに出かけよう!

夜釣りが行われていた記録がたくさん残っているのは江戸時代だ。たとえば「人声も 無くて夜釣りの 摺火打(すりびうち)」なんて句が残っているが、これは人の声も聞こえてこない深夜に、夜釣りをしようとする人が火打ち石を打つ音だけが響いている様子を描いている。ただし「かくべつや 草鞋(わらじ)魚(うお)かと 抱く夜釣り」なんて句もあって、夜釣りで大きな魚が釣れた……と思ったら草鞋かよ!って意味だから、釣りのあるあるネタは今も昔もそう変わらないな。

江戸時代後期の剣豪、千葉周作も夜釣りにまつわる逸話を残しているぞ。ある時、周作が船で夜釣りに出たところ、釣りに夢中になるあまり、暗闇の中で岸を見失ってしまう。なんとか鳥の鳴き声を聞きつけて岸へと辿り着くんだが、そこで船宿の老主人から「そういう時は松明を消すと、遠くのかすかな明かりも見える」と教わるんだ。その教えから周作は「目の前ばかりを明るくしようとすると、むしろ遠くが見えなくなる」という剣と人生の極意を学んだと後に弟子に語っている。

時は下って1964年に松下電池から発売されたのが電気浮きの「サンライズ号」だ。暗い夜でも動きがはっきりと見える電気浮きは、夜釣りにおける大革命だった。ただし初期の電気浮きは単3電池と豆電球で作られていたからかなり大きくて、スズキやタチウオのような大型魚を釣るのにしか使えなかったが。最近じゃ電気浮きはLEDとリチウム電池になって小型化し、さらにコンサートなんかでおなじみのサイリウムと同じ仕組みで光る浮きもあるぞ。

こんな風に昔から多くの釣り人たちが愉しんできた夜釣りだが、暗い中での釣りはそれなりの危険も伴う。そこで今日は安全かつ愉しく夜釣りをするためのコツを詳しい人に会って教えてもらおう。そして大物を釣って、明日は刺身に天ぷらに塩焼きに煮付けに潮汁のお魚フルコースだ! Here we go!
ONAIR LIST
2'42" / Route 66 / George Maharis
12'03" / Hip To Heart / The Band Perry
33'14" / Fish / Garth Brooks
43'20" / Nothin' Like The First Time / Lady Antebellum
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄