ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : スポーツ

ウォーキング

2017.06.03

第217話 ウォーキング

ゲストコメント
ウォーキングプロデューサー、元オリンピック「競歩」代表選手 園原健弘さん「日本人に競歩とウォーキングが向いている理由」
ウォーキングプロデューサー、元オリンピック「競歩」代表選手 園原健弘さん
── 競歩のフォームって独特ですよね

競歩は歩くことを競うので走ったらダメ。でも歩くことと走ることの違いって難しいですよね。歩くことの定義のひとつは「両足のどちらかが必ず地面に着いていること」です。だから両足が地面から浮いた瞬間、競歩では失格になります。

逆に、走ることを「跳ぶ」と言う地方があったり、トレイルランニングでは下りを「フライ」と呼んだり、走るということは空中に浮かぶ動作なんです。競歩ではそうならないよう、一歩一歩どちらかの足を必ず地面につけて進みます。

一般的な歩行のスピードは時速4〜5kmくらい。東京マラソンなら制限時間が7時間なので、時速6kmでずっと走り続ければ制限時間内にゴールできる計算になります。ところが競歩は時速12〜14km。この速度を実現し、さらにエネルギー効率も追求した合理的な歩き方が、あのちょっとユーモラスな競歩独特のフォームです。

── 普通に歩くスピードの約3倍も出てるんですか?!

実は時速8kmを超えると、歩くよりも走る方が楽だったりまします。これは筋肉の先にある「腱」の働きが理由で、走るときは時速8kmを超えたあたりから腱がゴムのように伸び縮みするので、エネルギー消費量を抑えて効率的に進めるんです。

ところが歩くときは腱を伸び縮みさせる動作がないので、ずっと筋肉だけで前に進まなくてはいけません。だから競歩はマラソンよりもエネルギー消費量が多い、とても過酷なスポーツなんです。躍動感がないので見た目ではその過酷さが分かりづらいのですが、レース中の心拍数は180にも及びます。

ちなみに日本は競歩がとても強いので、2020年の東京五輪ではぜひ現地で応援して下さい。リオ五輪でも銅メダルを獲得している有望種目です。マラソンでアフリカの選手が強いのは、先ほどの腱が強くて長いから。この特徴は草原で狩りをしていたルーツにあると思います。その点、日本は農耕民族なので、腱のバネはそこまで強くありません。でも、だからこそ筋肉をしっかりと動かす競歩は向いています。そういう意味ではウォーキングも日本人に合った運動だと思います。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄