ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : アウトドア , 旅・観光

雲海

2017.06.17

第219話 雲海

ゲストコメント
写真登山家 山下茂樹さん「富士山と雲海の写真を撮るには」
写真登山家 山下茂樹さん
── 雲海の写真はどんな場所で撮れますか?

雲海の写真は基本的に標高の高いところから撮るので、林道なら日本中どこでも可能性があります。時間帯は夜明け前から午前8〜9時までが多いですね。たまに夕方に出ることもありますが、写真を狙うのでしたら朝に限ります。

特に富士山は山頂がきれいに見えるのが黎明から夜明けにかけてです。太陽が出ると雲海に光がさして、より躍動的でドラマティックな写真が撮れます。写真に撮ると、自分の肉眼では見えなかった色が現れることもありますよ。肉眼ではグレーや薄い色にしか見えなかった部分が、デジタルカメラで撮るとオレンジやグリーンやイエローになったりするんです。

── 技術的なコツがあったら教えていただけないでしょうか

カメラ任せのオート撮影でも良いのですが、私は雲海を撮るときはバルブ(長時間露光)撮影でいろんな色を試しています。自分自身で明るく撮ったり暗く撮ったり調節できるので、「今回はどんな色が出るだろう」と愉しみながら撮っているんです。

また、太陽は東から昇るので、雲海を撮る時は東に向かってカメラを構えて太陽の方を撮ります。これは太陽の光を浴びた雲が朝焼けになるからです。その構図に富士山を収めるなら、たとえば河口湖の上の御坂峠ですね。ここなら道が整備されているのでクルマで行けますし、雪が降っても除雪しているので冬でも撮影できます。

── 富士山と雲海の写真はぜひ撮ってみたいです!

富士山の周辺はいろいろな高さから撮影できます。低いところでは櫛形林道、丸山林道、猪之頭林道。2500mくらいまでの山だと国師岳、金峰山、朝日岳。さらに2500m超の鳳凰三山と呼ばれる地蔵岳・観音岳・薬師岳。南アルプスへ行けば北岳をはじめ赤岳、塩見岳、聖岳、小河内岳、千枚岳など、本当にいろんな高さから撮れます。

山中湖の「平野の浜」は雲海が出ていると富士山が見えないのですが、ちょっと上がったところのパノラマ台まで行けば、富士山の頂上が雲海の上に顔を出していることもあります。御坂峠も富士山が見えなかったら、もうひとつ上の新道峠からなら見えたりしますよ。

私が好きなのは長野県の高ボッチ高原です。ここは下が諏訪湖なんですが、雲海越しに見える町の灯りが色とりどりでとても幻想的で、さらに遠くの富士山が見えたら最高です。もしスマホのカメラで雲海を撮るのでしたら、できるだけ広角にして雄大な風景を撮ってみて下さい。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄