ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : カルチャー

アロマ

2017.11.18

第241話 アロマ

ゲストコメント
クリニックF 院長、『メディカルアロマ』著者 藤本幸弘さん「医学的なアロマの効果とは」
クリニックF 院長、『メディカルアロマ』著者 藤本幸弘さん
── アロマセラピーって何なんでしょう?

西洋医学では病気を治すために薬を使います。それに対してアロマセラピーは自分の治癒能力を上げて元気にするものです。

人間には嗅覚、聴覚、視覚、触覚、味覚の五感があります。その中でもっとも原始脳に近いのは嗅覚です。動物たちがニオイで判別している様子を見れば何となく分かると思いますが、原始動物や古い脳を持つ動物であるほどたくさんのニオイに対する情報を持っています。

たとえばイヌは10万くらいのニオイをかぎ分ける能力があるとされます。それに対して人間は4000程度。それでも味覚が甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の5つしかないのに較べれば圧倒的に多く、ソムリエがワインの香りを確認するのもその感覚を利用しているのだと思います。しかも嗅覚がおもしろいのは、脳の直下にダイレクトに入り込むことです。視覚だと大脳に一度、情報が転写されてから、それを脳が判断しています。しかし嗅覚と聴覚はダイレクトに脳に入るんです。

── その嗅覚を使ったアロマセラピーにはどんな効果があるんでしょう?

一般的にはリラックスさせたり、眠りを深くするようなものが多いですね。これは昔からの経験則に基づいています。西洋医学の歴史は意外と浅く、ペニシリンが発明されて抗生物質が誕生してからと言って良いでしょう。ですからニオイや音楽が薬のかわりに使われていた期間の方が長いんです。

脳は一定の情報量しか処理できません。何かが臭いと気になりますよね? それだけで脳は使われているので、他の刺激がマスクされます。そして脳科学的には神経の太い方が優先されるので、神経の細い温痛覚はマスクされやすいんです。お腹が痛いときにさすると痛みが軽くなるのはこの現象です。これがアロマセラピーの効果と言えるでしょう。

── 実際に医療の現場ではどのように使われているんでしょうか?

ウチは加湿器に少しだけ入れることが多いですね。それくらいだと「ほんのちょっと香る」程度です。ずっと使っているとニオイに慣れて麻痺してしまうので、できるだけ弱めにしています。それでもニオイが太い神経を刺激するので、痛みなどはマイルドになると思います。

ただし、どんなニオイが良いかは個人差があります。過去の経験と大脳がくっついて「こういう時に良かった」「こういう時に悪かった」みたいな記憶と結びついているからです。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄