ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : カルチャー

2014.07.05

第66話 猫

ゲストコメント
季刊誌「ねこ」編集長 石倉夏枝さん「全国の猫をご紹介します」
季刊誌「ねこ」編集長 石倉夏枝さん
季刊誌「ねこ」は猫と人がどうやって愉しく暮らせるかをテーマにしたライフスタイル誌。いろんな土地のいろんな人たちが飼っている猫、その土地の野良猫や地域猫を紹介している。突然、玄関のチャイムを鳴らして「撮影させて下さい」とお願いすることもあるし、「あそこにも猫がいますよ」と紹介してもらうこともある。偶然出会った野良猫もパシャパシャと激写する。

地域猫というのは、ボランティアの方がいったん保護して、ちゃんと去勢手術をしてから外に帰した猫。場所によってはその保護活動にすごく積極的なところがある。そうしないと猫がどんどん増えてしまい、保健所で殺処分されてしまいかねない。それではかわいそうなので、地域でちゃんと管理して見守っているのが地域猫。地域猫は去勢をした時に耳にカットを入れるので、野良猫か地域猫かは耳を見れば分かる。オスは右耳にカットを入れて、メスは左耳にカットを入れる。

長崎は尻尾が曲がっている猫が多い。鍵尻尾だったり、グルグルと回っていたり、ちょっと切れていたりする。普通、猫の尻尾は長く真っ直ぐ伸びているものだけど、長崎はそういう普通の猫の方が少ない。理由は諸説あるけど今のところ不明。でも実際に長崎の猫の8割は尻尾が回っている。おそらく昔からそういう猫が多かったのでは。

浅草の提灯屋さんで取材させてもらったら、しゃがんだ私の膝に白い猫がピュッと乗ってきた。お店の人に話を聞いたら、その猫は子供の頃、職人さんが作業している間、お腹のポケットにずっと入っていたんだとか。それ以来、人と一緒にいることが普通になって、誰が来ても膝の上に乗るようになったらしい。これにはやられた。

取材をしていると何となくロシアンブルーやスコティッシュといった洋猫の方がビビリが多いと感じる。ウチもロシアンブルーを飼っているけど、隣の家に宅配便の車が来ただけでもビビる。人が来るとすぐに隠れてしまうけど、ごはんの時になるとちゃんと出てくる。そんなところも愛らしい。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄