ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : ドライブ

4WD

2014.08.16

第72話 4WD

ゲストコメント
「4×4 MAGAZINE」編集長 宮島秀樹さん「4WDはロマンの車」
「4×4 MAGAZINE」編集長 宮島秀樹さん
普通の車は前のタイヤか後のタイヤが駆動しています。それを4つとも駆動させるのが4WD(四駆)です。4輪で路面を掴むので雪道や雨で濡れた路面も安心して走ることができ、最近は生活四駆からパジェロのような本格四駆までいろいろなタイプがあるので、かなりの台数が売れています。

代表的な例を挙げれば、パジェロは「オフロードタイプの4WD」「クロスカントリー四駆」などと呼ばれる、本格的な山道や悪路を走るための四駆らしい四駆。一方、アウトランダーPHEVは「ツインモーター4WD」といって、前後に2つのモーターを積む画期的なシステムを搭載した最新の四駆。もちろん四駆なのでキャンプ等にも行きやすい車です。

その他、乗用車の形をした四駆もあるし、オフロードのことまでは考えていない四駆もある。一口に「四駆」と言ってもすごく細分化しています。だから四駆を欲しいと思ったら、まず自分のライフスタイルがどういうものか考え、その上でお店の人や詳しい人に「こういう四駆に乗りたいんだけど」と相談するのが良いと思います。

日本で四駆が爆発的なブームになったのは90年代のRVブームから。当時はスキー、キャンプ、釣りなどのアウトドアがブームだったので、雪道や凸凹道で安心して乗れ、しかも荷物もたくさん載せられる四駆がブームになりました。特に1991年に登場した三菱自動車の2代目パジェロは、普通の乗用車を抑えて新車販売台数の1位を獲得したほどの人気でした。パジェロは小さい車じゃないし、低価格な車でもない。そんな車が1位というのは前代未聞で、パジェロに触発された他のメーカーも続々と四駆を出して、90年代はRVブームになりました。

当時はパリ・ダカールラリーも注目されていて、四駆に対するロマンや憧れがありました。アフリカの道なき道を進める車なんて、日本ではほとんど知られていなかったんです。「車でこんなところも行けちゃうんだ」と思わせてくれる四駆の魅力は今も色あせないと思います。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄