Program オンエアー情報

Hellosmile Lounge
Personality
小巻亜矢
女性ならではの健康面やメンタル面での悩み、
キャリアや恋愛問題に絡む悩みなど、日曜日の深夜だからこそ、
ちょっと話づらいことも一緒に考えていきます。
小巻亜矢

第85回 オンエアー

[2017.02.17]

※今週は放送時間を変更してお届けしました。2月17日(金)23:30〜
『Hellosmile Lounge』は20代、30代の女性に増えている子宮頸がんの予防啓発プロジェクト「ハロースマイル」の情報発信拠点。
女性の健康と笑顔を応援するさまざまなメッセージを、全国38局フルネットでお届けします。
今夜はマーケティングライターで世代トレンド評論家の牛窪恵さんをゲストにお迎えして「恋愛はコスパが悪い!?」、「恋愛力がなくても結婚できる!?」など、いまどきの恋愛と結婚についてうかがいます。

ご案内は「ハロースマイル」の小巻亜矢さんです。



(小巻さん)
若い世代の恋愛事情や、女性のライフスタイルに詳しい牛窪さん。「女の決めどき」や「恋愛しない若者たち」という著書もありますが、いまどき女子の恋愛傾向を取材して、どんな風に感じられましたか?

(牛窪さん)
ひと言で言うと、賢くなった、です。
バブル世代は恋愛至上主義で恋愛幻想に夢を見ていました。男性は女の子にモテたいから、格好いい車に乗ったり、プレゼントを用意したり…。
必ず成就するわけではありませんが、そういった事にお金や時間を費やしていました。ところが、今の20代は色んな情報を持っていて、恋愛がハッピーエンドになるとは限らない、ということも最初から分かっているし、他に楽しいこともたくさんある、と言います。
調べてみると、20歳の女性7割、男性8割に彼氏彼女がいないという結果でした。
20歳〜29歳では男女7割に恋人がいないという結果です。
バブル時代では反対の数字です。 
20代の男性に関しては交際経験ゼロが4割です。

(小巻さん)
なぜ、そんなに「恋愛離れ」が進んでいるのでしょうか。

(牛窪さん)
先ほど、賢くなった、と言いましたが、恋愛リスクが露呈して、恋愛がハッピーエンドでなかった時のことを考慮して身構えてしまっている…、
失敗したら事故責任を問われるし、SNSの発展で囚人監視のような状況にいるわけです。

例えば、付き合っている人がいるのに、他の人とご飯食べに行ってる…なんて事がSNSを通じて知れ渡り、ちょっと軽いんじゃない?などと言われてしまうんですよね。
そういう事が面倒になり、友達同士でいる方が気が楽になってくるわけです。他にも、男性だったら、おごって当たり前とか、店くらい予約してよ、と求められたり、女性だったら、ピクニックに行くならお弁当ぐらいを作って欲しい、など、付き合ったら面倒くさいことが沢山ある。
だから、恋愛はコスパが悪い、という風に判断されてしまう傾向があるんです。
時間やお金を費やす割には、いい結果が得られない、と若い世代は感じています。

(小巻さん)
寂しさはないんでしょうか。

(牛窪さん)
周りの友達も恋人がいない方が圧倒的に多いし、異性の友達がいないわけではありません。異性間で恋人と友達の差はセックスがあるかないか。
性的な欲求がなければ友達のままの方がいいんです。

(小巻さん)
昨年、人気を集めたドラマ「逃げ恥」。牛窪さんはどう思われましたか?

(牛窪さん)
「恋愛しない若者たち」とい著書の最後の方にも書いたのですが、恋愛結婚が当たり前だと、恋愛力がない人は結婚できないことになりますが、「逃げ恥」の星野源さんが演じた役に恋愛力はありません。でも、夫としてみたら、女子力があって、気を使ったり、手伝ってくれたり、浮気もしなさそうだし…、夫としては理想的なわけです。
つまり、恋愛を抜きにしたら結婚が成立しやすくなるんです。

日本は元々、農耕民族ですから、コミュニティの秩序や仲間同士うまくやっていくことが得意。
ラテン系のように、男性がうまい言葉で愛を囁いたり、ドキドキさせたりすることは苦手です。
それなら、本来、日本人が得意な身近な人に親近感を寄せて、恋愛というより、一緒にいて安心するとか、穏やかな気持ちを発展させて結婚することの方が自然な流れなんじゃないかと思います。
 

(小巻さん)
結婚願望はあるんでしょうか。

(牛窪さん)
恋人がいない人の4割が「恋愛が面倒」という結果なんですが、「結婚はしたい」という人は8割います。
だったら、恋愛にこだわらないで結婚するのもいいのではないかと思います。

(小巻さん)
女性のライフプランニングも変化していそうですね。
結婚適齢期にも変化が?

(牛窪さん)
以前は「三高」という言葉ありました。高学歴、高身長、高年収の略です。
今は「三平(さんぺい)」です。平凡な収入、平凡な顔立ち、平穏な人の略です。高望みよりは中望みなんです。

バブルの頃は終身雇用でいい会社に入って入れば、その人は一生安泰と思われていましたが、今は大きな会社でもいつどうなるか分からない。その結果、
その人自体の人柄の方が重要視されます。
ただ、若い女性が求めている中くらいの年収というのは400万円台。
実はこれ、妥協年収で、理想年収の600万円ですから、
それなら共働きで女性が200万円稼げば合わせて理想年収の600万円になる、と妥協して考えています。
でも、実際に400万円以上稼いでいる男性もそんなにいないんです。
現在、全ての年代の男性で最も多い年収は300万円台なんです。
格差社会における一部の高収入の人が押し上げた結果、年収400万円台という数字がはじき出されただけなんです。
ですから、女性たちはもう少し「普通」と考えるレベルを落とさなくてはならいですね。


(小巻さん)
どうしたら、理想の生き方をできるでしょうか。

(牛窪さん)
彼女たちの理想は、普通に結婚して、普通に仕事をして、普通に子供を産みたい。つまり、共働き前提で家事や育児を協力しながら暮らすということです。ところが、女性の高学歴が進んで、女性の初婚の平均年齢が29歳になりました。1975年には24.4歳ですから晩婚化していますよね。
しかも、先ほどの収入の話と一緒で、これは平均値。
実際には二極化が進んでいるので、高学歴の女性はもっと晩婚化しています。
そうなると、結婚はいつでもいいけれど、出産に関しては35歳を超えると妊娠確率が20代の半分になると言われていますから、
計画性が問われてきます。
仕事をしながらですと、なおさらです。

取材して分かったことは、会社で育休待ち、産休待ちがあって、
上司に「そろそろ、子作りしてもいいか」、了承をとったり、
夫の転勤がなさそうな時期を選んだり…、
妊娠は計画を立てて実行しないとならない世の中の傾向になっています。
とはいえ、計画通りにはいかないものですけれどね・・・。
ただ、大事なのは妊活も含めて、女性自身がどうしたいか、体を大切に考えながら計画を立てていき、結婚、出産、仕事…と、計画通りに行かなかったとしても、ステージごとに計画を見直し、修正しながら目標に近づいていくことだと思います。

(小巻さん)
計画通りにいかなくても、その時々のビジョンをイメージして、柔軟に対応することが大切ですね。
むしろ、女性が主導権を持って、その時のビジョンに合う男性を選んだり…。

(牛窪さん)
まさにそうです。幸せに手に入れる女性は、自分の土俵に相手を引っ張ってきて、どういう男性に育てようとか、どういう男性を選ぼうとか、ビジョンに合わせています。

(小巻さん)
ある意味、育メンですね。
来週もいまどき男子、女子の結婚についてお話きかせて下さい。


M    トリセツ     /  西野カナ
M  Stay (Wasting Time) / Dave Matthews Band
  • mixiでシェアする

第84回 オンエアー

[2017.02.12]

『Hellosmile Lounge』は20代、30代の女性に増えている子宮頸がんの予防啓発プロジェクト「ハロースマイル」の情報発信拠点。
女性の健康と笑顔を応援するさまざまなメッセージを、全国38局フルネットでお届けします。
今夜は「第1回ハロスマ女子部会」後篇の模様をお届けします。
ご案内は「ハロースマイル」の小巻亜矢さんです。



(小巻さん)

「第1回ハロスマ女子部会」ディナータイムと自己紹介の後は、国立成育医療研究センターの産婦人科医三井真理先生による「子宮頸がんのミニ講座」がおこなれ、気になる「ワクチン」のお話、そして「検診」についてもお話いただきました。



【三井先生 ミニ講座】
子宮頸がんは、検診で見つけることができて、治すことが可能な病気です。
今日、質問にも何点かありましたが、このワクチンが日本でも数年前から受けられるようになりました。
日本では副作用が大きな話題になってしまい、産婦人科医の間でも推奨していくのかどうか、意見が別れているところです。
ただ、ワクチン自体は日本では摂取可能になっています。
皆さん、婦人科系で何かあった時、ブログを参考にされる方も多いようですが、(個人の)ブログなどでは真実かどうか分からないこともあります。
そんな時は私たちが所属している日本産婦人科学会からも、情報を発信していますので、参考にしていただければと思います。
また、ワクチンをつくっている会社でも情報発信をしていますので、
間違った情報に左右されるようなことのないように、正しい知識を身につけていただけたらと思います。

 今日、私が言いたかったこと、それは子宮頸がんは検診で、予防や早期発見が可能であるということと、自分の体は自分で守る、という事です。
どんなに周りが心配してくれても、結局は自分がどうするかが、一番大事だと思います。
最初は婦人科に行くのは怖いと思うし、勇気がいることですが、是非、一歩踏み出していただけたらと思います。

【質疑応答】

質問者:毎年、健康診断のオプションで子宮頸がんの検査を追加して受けるようにしているんですが、毎年「異常なし」という答えではなくて、NILMクラス2という判定が返ってきます。
健康診断だと、結果はきますが、先生の説明聞く、ということができな
いので、この結果が良いのか悪いのか、今後、悪くなってしまうことがあるのかということを気にしていまして、お伺いしたいなと思います。

(三井先生):
まず、毎年検診を受けていらっしゃるのは本当に素晴らしいことだと思います。
今、子宮頸がんの検査は、とった細胞を顕微鏡で見て、それがどんな細胞か、という判断で結果を出しています。”NILM”というのはニルムと読み、ベセスダ分類というので分類方法に基づいているのですが、”NILM”は何段階かある細胞の中では、一番いいグループの細胞なので、まず心配はないと思います。
クラス2というのは一昔前の分類方法で、今、日本では2つの分類方法があります。
ニルムであれば問題ないと思いますし、それ以上の細胞が出るようだったら「再検査」と書かれるはずですので、その場合は時間をあけずに婦人科を受診していただければと思います。

質問者:最近結婚が決まりまして、今、私は42歳で、今年43歳になります。
相手も同い年で、お互いこの年令なので、相手も半分、子どもは諦めてプロポーズをした、ということでした。この年令から、子どもをつくることが可能なのか、アドバイス頂きたいと思います。


(三井先生):
私が診ている、妊娠してる方は40代が非常に多いです。
ですから、無理ということはまず無いと思います。ご存知と思いますが、日本では35歳以上の方は高齢妊娠というグループに入ります。妊娠によって起こることの頻度が増える、と云われているんですが、そこのリスクを承知していただければ、妊娠は充分、可能だと思います。

私が今、診ている方で、20代の方は1人もいなくて、ほとんどが35歳以上です。みなさん、すごく意識が高く、年齢のことを分かった上で妊娠にトライしている方がほとんどですから、自己管理をしっかりされる方がとても多いと思います。年齢で線引きをするということは、しなくていいんじゃないかと、私は思います。是非、がんばってください。

(小巻さん):
次の質問は本人からではなく、私の方からご紹介させていただきます。

婦人科系の病気への偏見にどう向き合うか…。
たとえば、私生活が乱れていと思われるんじゃないか、という心配があると思うんですね。
そういったものと、どう向き合ったらいいんだろうか、という質問です。

(三井先生):
すごく深い質問だと思います。実際、外来で泣かれる方もいらっしゃいます。
私生活が乱れているんじゃないかとか、自己管理ができてないんじゃないか、ということを言われて、非常に傷ついた、ということもききます。
どうしても(間違った)情報だけが独り歩きをしてしまうんですよね。
たとえば、先ほど、お話したヒトパピローマウイルスも、性病だと思っている方がいらっしゃるんですね。
不特定多数の男性との性行為があったからなったんじゃないか、と思ってる方はたくさんいると思うんですが、そうではないんです。
そういった偏見をいきなりゼロにすることは、今すぐにはできないと思うんですけれども、決してみんながそう思っているわけではなく、正しい知識を確認すれば、そうではないことは明白です。


(小巻さん):
今日はハロースマイルと女子部JAPANのコラボイベント、「第1回ハロスマ女子部会」の模様をお届けしました。
20代、30代の女性に増えている子宮頸がん。
ぜひ自分とは関係ないと思わず、一緒に考えていきましょう。
「あなたとあなたの大切な人の笑顔のために」ハロースマイルからのお願いです。


次回は放送時間を変更して
2月17日(金)夜11時30分からお送りします。


M  Fight Song_/ Rachel Platten 
M  When I See You_ / Macy Gray
  • mixiでシェアする

第83回 オンエアー

[2017.02.05]

『Hellosmile Lounge』は20代、30代の女性に増えている子宮頸がんの予防啓発プロジェクト「ハロースマイル」の情報発信拠点。
女性の健康と笑顔を応援するさまざまなメッセージを、全国38局フルネットでお届けします。
今夜は「第1回ハロスマ女子部会」の模様をお届けします。
ご案内は「ハロースマイル」の小巻亜矢さんです。



(小巻さん)
ハロースマイルと女子部JAPANの初のコラボイベント「第1回ハロスマ女子部会」が先日東京渋谷のイタリアンレストラン「アンジェパティオ」で開催されました。

参加者はおよそ20名。20代から40代の女性たち。
私、小巻亜矢と女子部JAPANの部長、小林奈巳さんが司会を務めさせて戴きました。
まず、「アンジェパティオ」さんが提供して下さったスパークリングワインで乾杯したあと、しばらくはブッフェ形式のディナータイム。
生ハム、真鯛のカルパッチョ、ローストポーク、パスタ、ピザなど、お料理を
いただいたところで、国立成育医療研究センターの産婦人科医、三井真理先生による「子宮頸がんのミニ講座」がおこなわれました。
ではそのミニ講座の様子、お聴きください。



【三井先生 ミニ講座】

そもそも、子宮頸がんって何?
っていうところから始めていきたいと思います。
子宮頸は、膣の奥、子宮の入口のところにできる癌です。
実は、子宮がんは二種類あって、子宮の中にできる癌、子宮体がんというものもあります。若い方に多いのは、子宮頸がん。
原因はいろいろと云われているんですが、最近になってわかってきたことがあって、ヒトパピローマウイルスという、性交渉をきっかけにしたウィルス感染が関与しているとも云われています。

性交渉の経験がある女性であれば、一生のうち、一回はかかるウィルスと云われているのですが、このウィルスを自分の体に受け入れたままになってしまう一部の方が、癌に移行するということがわかっています。
でも、ヒトパピロ―マウイルスに感染した人全員が癌になるわけではなく、癌に移行する人は約1〜2パーセントくらいと云われています。

また、段階があって、いきなり癌になってしまうわけではなくて、異形成、上皮内がんなど、ステップを踏んでいきます。

注意しなくてはならないのは、初期にはほとんど症状がないことです。
しかし、そのまえに検診で見つけることができて、直せる可能性が十分高い病気です。



この会場で子宮頸がんの検査を受けたことがある方は、どれくらいいらっしゃいますか?

半分くらいの方が受けたことがあるんですね。
受けたことのない方は、内診台ってなんだろう?
婦人科に行ったらなにされるんだろう?
と思うだけで、「怖い」という気持ちが出てきてしまうので、それを少しでもこの場で解消できるように、紹介できればと思います。

まず、子宮頸がんを調べるためには、内診台というのにのっていただきます。椅子型になっていて、ここに乗っていただくと台が上がる仕組みです。
最終的には足が開く格好になって、膣から膣鏡を7センチくらい入れ、子宮の出口をこすって細胞を取る金具を使い、とった細胞をガラスに擦り付けて検査をする、というのが検査の流れになっています。



(小巻さん)
産婦人科医三井真理先生の「子宮頸がんミニ講座」後篇は来週、お届けします。続いてはミニ講座の後の質疑応答タイムの様子をお届けします。



質問者:子宮頸がんの検診は、どんな頻度で受ければいいのでしょうか。


三井先生:
性交渉の経験がある女性で、二十歳を超えていれば、基本的には一年に一回。妊娠に関わらず、一年に一回です。
中には「私は生理が月一回、きちんときているから大丈夫」と思っていらっしゃる方もいますが、生理が来ている、来ていないに関わらず、
子宮頸がんになってしまう方はいます。
自治体によっては二年に一回というところもありますが、
産婦人科医の立場から言うと、一年に一回は受けていただいたほうが、より安心だと思います。

小巻さん:
先ほどの説明にあった、ヒトパピローマウイルスウィルスに感染した全ての人が癌になるわけではなくて、感染しても風邪をひく人、ひかない人がいるように、自分の免疫力で癌化しない人もいれば、長いこと感染が持続して、異形成という、細胞の形が変わってきてしまう人もいて、さらにそこから治る人もいれば、癌に進んでしまう人もいるというわけですよね。

三井先生:
10年以上経過して癌化が進んでいく方もいらっしゃいます。
先ほどは、ヒトパピローマウイルスについて、簡単に説明してしまいましたが、実はヒトパピローマウイルスは何百種類もあって、
全部番号で分けているんですね。
一番、子宮頸がんと関係が深いと云われているのが、16番、18番。
これは欧米人に多くて、日本人に多いのは50番代です。
日本国内の検査では何番を自分が持っているのかというところまで分かるようになりました。
何番のウィルスが自分にいても、自分の力で排除する力を持っている人と、持っていない方がいらっしゃって、そのメカニズムはまだ、わかっていません。
個人差があって、ヒトパピローマウイルスに感染しても子宮頸がんにならない方もいれば、短期間で癌に移行してしまう方もいらっしゃいます。自分にどれくらいヒトパピローマウイルスを排除する力があるかどうかが分かる検査の方法は今のところありません。


質問者:私は今日初めて検診についての話をお聞きしました。
初めて検診を受けるのは何歳くらいがいいのでしょうか。

三井先生:
自治体にもよりますが、だいたい二十歳と云われています。
さきほど、内診台と足を開いて入れる検査器具の写真をご覧いただきましたが、男性経験のない方には、もっと小さな検査器具を使うことも
できます。

どうしても産婦人科って、内科などに比べると、敷居が高いんですね。すごく恥ずかしいし、知られたくないし、触れたくないですよね。
本当は自分が子どもが埋めるかどうか心配なんだけれども、調べるのに勇気がいったりとか…。
他の科に比べると一歩踏み出す勇気がすごくいる科なので、この会をきっかけに、すぐ駆け込んでいけるようなクリニックがみなさんにあったらいいのかなと思いますね。


(小巻さん):
今日はハロースマイルと女子部JAPANのコラボイベント、
「第1回ハロスマ女子部会」の模様をお届けしました。

20代、30代の女性に増えている子宮頸がん。
ぜひ自分とは関係ないと思わず、一緒に考えていきましょう。
「あなたとあなたの大切な人の笑顔のために」ハロースマイルからの
お願いです。来週は「第1回ハロスマ女子部会」の模様、後篇をお届けします。


M  Another Day of Sun / La La Land Cast 
M  Put Your Records On_  / Corinne Bailey Rae
  • mixiでシェアする

第82回 オンエアー

[2017.01.29]

『Hellosmile Lounge』は20代、30代の女性に増えている子宮頸がんの予防啓発プロジェクト「ハロースマイル」の情報発信拠点。
女性の健康と笑顔を応援するさまざまなメッセージを、全国38局フルネットでお届けします。
今夜、ハロースマイル・ラウンジを訪れたゲストは元・おニャン子クラブのメンバーで女優・タレントの生稲晃子さんです。
「ハロースマイル」の小巻亜矢さんがお話を伺います。



(小巻さん)
今夜のゲストは生稲晃子さんです。2011年に乳がんが見つかり、5度の手術をされたことを先週うかがいました。今、生稲さんが健康に関して気を付けていること、していることはありますか?


(生稲晃子さん)
実は全然、やっていないんです。好きな時に好きなものを食べていて、夜中でも平気で食べていますし、カップラーメンも肉もたっぷり食べています。
気を付ける、ってほどでもないですが、「笑っていること」、これはしています。
サプリメントをのまなくちゃとか、これを食べなくちゃ…、という事を決めると ストレスに感じるタイプなので、そういう事は敢えてやめました。 
それより、毎日、ベラベラ喋って、へらへら笑って…、それが免疫力をアップさせると思っています。しかもお金もかからない。

(小巻さん)
食べる!笑う!しゃべる!いいですね。 明るく、とか、笑ってる、とか、言うのは簡単ですけれど、実際にできるのは、生稲さんの中の潔さとか、ポジティブさだと思います。
 
(生稲晃子さん)
笑いたくない時でも、微笑むだけでも免疫力がアップする、微笑むのが嫌な時は口角を上げるだけでもいい、って医師に教えてもらいました。


(小巻さん)
「ハロースマイル」の活動の名前もまさに、そこに由来しているんです。ハッピーだから笑顔になるんじゃなくて、笑顔だとハッピーになる、ということを伝えたいと思って、名前をつけたんです。
生稲晃子さんはご自身の乳がんの闘病について、「右胸にありがとう、そしてさようなら」(光文社)という本にまとめていらっしゃいます。病気との向き合い方、家族と関わり方、医師との対話が詳しく掲載されていて、病気をしていなくても、自分の体をどう、愛おしく扱うかなど、学ぶ事が多かったです。
この大きな病気と向き合う中で、この人のこの言葉に支えられた、という事はありますか?

(生稲晃子さん)
娘の言葉なんですけれど…、最初の再発の頃でしょうか…。
手術をして帰宅して…、翌日が仕事だったんで、髪を洗いたかったんです。
でもお風呂にはまだ入れなくて…。そうしたら主人が「洗ってやるよ」って言ってくれたんです。そうしてら、その時、当時6歳か7歳の娘が、私の不安定な体をずっと支えてくれたんです。「私にできる事は何でもするよ。」って。
その時、「負けてはいられないな。」って思いました。勇気をもらって、頑張らなくちゃっ、て思いました。

(小巻さん)
母と娘でありながら、ソウルメイトですね。

(生稲晃子さん)
そうなんです。今は喧嘩ばっかりですけれどね…。でも、当時の私の辛さを分かってくれていたんですね。

(小巻さん)
私は生稲晃子さんの著書「右胸にありがとう、そしてさようなら」を読んだ時、実は眠れなくなってしまったんです。学ぶことも多かったし、私ってそこまで、自分の体を愛おしんでいなかったんじゃないかしら、って…。
それで、改めて無くなった胸をさすってみたり、お風呂に入った時、自分の体中にありがとう、って言ってみたんです。この本を読むと、家族との関わり方、体との向き合い方が学べるし、そして何より、自分の体が愛おしくなるので、多くの方に読んで欲しいです。

子宮けい癌は乳がんと同じように、女性特有の癌。
皆さんには乳がん検診も子宮けい癌検診も、ぜひ、定期的に受けて欲しいと思います。

(生稲晃子さん)
検診って嫌ですよね。受けたくない気持ちはよく分かります。時間だってないし、子育て真っ最中の方は自分のことより、家族、子供のことが優先になってしまいますが、家族が元気でいるためには、ママが元気でいることも大切です。
そのためには検診にいって「異常がない」という言葉を医師からきくのが一番です。まずは自分の体をちゃんとみてあげて欲しいです。
普段からよく言っているのは「一年頑張った自分へのご褒美」と思って、「検診の日」を作って欲しい、ということ。
ご褒美と思えば、その日は「私だけの日」、って思えるんじゃないかと思って。

(小巻さん)
お誕生日の月などにすると忘れなくていいですよね。
さて、生稲さん、今年一年の目標があれば教えて下さい。

(生稲晃子さん)
一年の目標というわけではないんですけれど、癌になった時、友人の医師に
「目標ができて良かったじゃない。」って言われたんです。
「癌になったのに、目標?」って思っていたら、
「『生きる』っていう目標だよ。」って。
楽しいことも、何もかも、まずは生きてないと経験できないので、『生きる』ことを第一に考えなくちゃいけない、って事に気付きました。
以来、『元気よく生きる』ということを人生の目標に頑張っていこうと思っています。

(小巻さん)
終始、口角が上がってニコニコしている生稲さん、本当に素敵です。
2週に渡ってありがとうございました。

M  Across The Universe_ /  Fiona Apple  
M Sei Mesi Di Felicita' / ARMANDO TROVAJOLI
  • mixiでシェアする

第81回 オンエアー

[2017.01.22]


『Hellosmile Lounge』は20代、30代の女性に増えている子宮頸がんの予防啓発プロジェクト「ハロースマイル」の情報発信拠点。
女性の健康と笑顔を応援するさまざまなメッセージを、全国38局フルネットでお届けします。
今夜、ハロースマイル・ラウンジを訪れたゲストは元・おニャン子クラブのメンバーで女優・タレントの生稲晃子さんです。
「ハロースマイル」の小巻亜矢さんがお話を伺います。



(小巻さん)
今夜のゲストは生稲晃子さんです。生稲さんはアイドルグループ「おニャン子クラブ」のメンバーとして活躍し、卒業後は女優、タレントとして活動してきました。プライベートでは結婚して娘さんも誕生。
でも妻として、母として充実した日々を送る中で乳がんが見つかったそうですね。
いつ頃だったんでしょうか。


(生稲晃子さん)
2011年の1月に受けた人間ドックで見つかりました。その前も検査はちょこちょこ受けていたんですが、元気だったんです。
でも、その時の人間ドックで再検査の通知がきて、再検査したら3月に悪性である、という告知受け、そこから私のがん生活が始まりました。

(小巻さん)
公表はしていなかったんですよね。後で知って、強い方だなって思いました。

(生稲晃子さん)

当時、健康番組を担当していたので、悩みましたが、がんという病気が健康番組の内容にそぐわないかもしれない、と思って…。
治療で自分の外見が変わってしまって、周りの人に「どうしたの?大丈夫?」って言われない状況で、元気良く過ごしていられるのであれば、公表は控えておこうと思って、結果的に4年8カ月が経ちました。


(小巻さん)
その間に手術をされ、しかも一回の手術では留まらなかったそうですが…、

(生稲晃子さん)

最初に発覚したシコリは8ミリでステージ1だったので、とってしまえば終わりかと思っていました。でも、再発を二度してしまい、最終的には全摘となりました。その時は一日一日を頑張って生きようと、一日一日をこなしているだけで、あっと言う間に日々は過ぎましたが、その5年を振り返ると、大変な毎日だったなぁ、色々あったなぁ、って思います。
5回も手術したなぁ、って。 


(小巻さん)
生稲晃子さんの著書「右胸にありがとう、そしてさようなら」を読ませて戴きました。
闘病記でありながら、女性へのメッセージに溢れた本だなぁって思いました。

実は私も乳がんを罹患しているのですが、この本を読んで担当医が一緒だったということを知りました。 
私は2007年のことで、乳がんが発覚してからすぐに全摘となって、再建もしていないのですが、生稲さんが一つ一つのプロセスに向き合って、葛藤して、その都度、立ち向かって手術を受け、再建された…、その選択に敬意を表したいと思います。

(生稲晃子さん)
患者側はがん告知をされて、その上、(乳房の)全摘と言われ…、
そんな時に「じゃぁ、すいません、再建もお願いします!」なんていう風には言えなくて、なかなか気持ちがついていかないものです。
私の場合は医師の方から「再建という手段はどうですか。」ときかれたんです。「今まで再建をされた患者さんが、膨らみが戻った胸を見て、辛かった日々を忘れることができる。みなさん喜んでいらっしゃいます。」と。
その時、私はまだ胸があったので、無くなった時の自分が想像できなくて、もしかしたら、凄いショックを受けるのかもしれない…。
そんな風に思って、先生の再建という話に乗ってみようと、再建手術に踏み切ったわけなんです。
ただ、膨らみは戻りましたが、昔のように自然な胸ではないです。シリコンを入れた人工的な胸です。でも、膨らみが戻ったことで普通の下着を付けることもできるし、普通に洋服を着ることもできるようになったので、もし、再建を考えている人がいたら、どんどんお話してあげようと思っています。

(小巻さん)
闘病の過程で元気づけられた音楽などがあれば、教えていただけるでしょうか。

(生稲晃子さん)
BELIEVEという歌で合唱曲なんですが、子供が学校の行事があると、全員でこの歌を歌っていて…。ママ友といい曲だね、っていつも話していた曲なんです。


(小巻さん)
私もこの曲で大泣きしたことがあります。
清らかな合唱曲ですよね。この曲を聴くと色んなことを想い出すと思います。
最初の乳がんが発覚した時、ご家族とはどんな風に向き合われたんでしょうか。

(生稲晃子さん)
主人は大人なので勿論、すぐ理解してくれたんですが、その時、主人の父が悪性リンパ腫で入院中している時だったんです。余命数カ月だったので、父親と私が同時にがんということで、ショックだったと思います。
だからでしょうか、逆に平常心を保つように考えたのか、家の中ではあまり、がんの話をしないようにしていたと感じました。多分、自分の中で消化していたんだと思います。

一番悩んだのは5歳の娘に伝えるかどうか、ということでした。
結局、子供の性格を親が判断して決めるのが一番いいと思って、全部伝えました。ママは右胸に悪いものがあって、それをとらないと死んでしまうって…。
娘は、ママが死ぬのが嫌だ、入院するのが嫌だ、って泣きました。
その姿を見て、この子は5歳だけれど、理解はできたなって思いました。
それから5年間、全て話しています。手術の傷跡を最初に見たのも娘です。

(小巻さん)
最近はお嬢さんと、どんな会話をされますか?

(生稲晃子さん)
左胸を見て本物のおっぱい。右胸を見て、ニセモノのおっぱいって言っています。(笑)
シリコンを入れていて、神経はとっているので…。触ってみて、「どう、今、分かる?」なんて言っています。

(小巻さん)
腫れものに触るような関係ではなくて、信頼関係があるからこそですね。

(生稲晃子さん)
2013年、全摘する前は、私も辛かったですが、娘も葛藤した時期があったと思います。二度目の再発の時には私が弱音を吐く事もあったりして、
「ママ、死んじゃうかもしれない。」
とか、言ってはいけないことも随分、言ってしまいました。

(小巻さん)
年齢的にはどんどん多感になって、色んな事を何十倍にも吸収する時期ですよね。その時期に素敵な母娘関係を築かれましたね。

(生稲晃子さん)
今も温泉に行くと、どうしても大浴場に行きたくなってしまって、夜中にこっそり行くんですが、どうしても、みなさんの前で胸を見せるのがちょっと辛かったりして…

(小巻さん)
私も必ず手ぬぐいを使います。

(生稲晃子さん)
そうですよね。そんな時、娘が必ず、右胸を隠すように私の前を歩いてくれるんです。

(小巻さん)
チームですね。
乳がんのことを公表されてからは、ご自身の経験を本にもされて、伝える立場になりましたが、今、どんな想い伝えたいと思っていらっしゃいますか。

(生稲晃子さん) 
命の大切さ、って分かってはいましたが、大病しないと強くは思えないものですから、そのことを皆さんに伝えたいです。
今の私が一番感じている事は、普通が一番、ということです。
長年生きていれば欲が出てくるもので、欲も大切ですが、欲よりも今、自分が持っているもの全てに感謝して、普通に穏やかに生きることが一番尊いものだ、ということを感じているので、そんな事をお伝えしたいです。

(小巻さん)
この活動を始めて、沢山の患者さんに接する機会が増えましたが、罹患された方がおっしゃるのは、がんは沢山のことを教えてくれた、よいう事なんですよね。
でも、当然、がんにはならない方がいいです。
女性の皆さん、ご自分のこととは関係ないと思わずに、一緒に考えていきましょう。ぜひ、検診を受けて下さいね。
生稲さん、ありがとうございました。来週も宜しくお願いします。

M  snow drop      / 森山直太郎 
M  ビリーヴ BELIEVE   / 杉本竜一 
  • mixiでシェアする
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 16 | 17 | 18 || Next»