子宮頸がんに関するQ&A どんな病気?予防検診はどうやったら受けられるの?

検診は痛いですか?

ほとんど痛みはありません。子宮頸がん検診は、細胞診といって、子宮頸部をこすって細胞を採取し、顕微鏡で検査するものです。

検診っていくらぐらいかかりますか?

子宮頸がん検診を受診する方法は様々で、金額も異なります。
■自治体が実施している住民検診
保健所や自治体が指定した医療機関で受診する必要があり、対象となる年齢、実施時期にも制限がありますが、自治体からの補助があるため、比較的安く受診することができます(0円のところもありますが、1,000〜2,000円程度の範囲内です)。

検診は1回受けたら、今後は検診を受けなくても大丈夫ですか?

検診の結果が「異常なし」であったとしても、原因となるHPVにすでに感染していたり、検診後に新たに感染してしまった場合、将来的に子宮頸がんが引き起こされる可能性はゼロではありません。検診で異常が発見されなかった場合でも、少なくとも2年に1度は検診を受けることが大切です。