オンエアブログ

2016年07月09日

2016年7月9日のオンエアレポート


今夜は7月7日、七夕の夜に
「ルミネ新宿・ルミネワン・屋上エルテラス」にて開催された
公開録音の模様をお届けしました!

梅雨の最中とあって心配されたお天気ですが、当日は晴れ!
ビアガーデンの中に設けられた会場は、
お仕事帰りのお客さまで大賑わいでした。

ステージのまわりにもこの録音のために開始前からたくさんのお客さまが…


お隣のスペースにはVixenの望遠鏡も設置されてプチ天文台に☆

お祭りムード満点の中、拍手に包まれ篠原さんの登場です!

ご自身でデザインされた星唐草の浴衣と帯で織姫コーデ☆

今回録音が行われたルミネ新宿をはじめ、ルミネ各館は、
地球温暖化防止のために環境省が呼びかけている
ライトダウンキャンペーンに賛同し、
七夕の夜8時から、建物の灯りを減らすライトダウンを実施。
明かりが消えたら夜空に輝くのは・・・星!
ということで、ルミネさんと東京プラネタリー☆カフェの
コラボが実現したんです。

この日は、大西卓哉宇宙飛行士が搭乗するソユーズの打ち上げが成功!
篠原さんは、月面ロボット探査レースに挑戦する
日本チームを応援するプロジェクト
「auxHAKUTO MOON CHALLENGE」のアンバサダーに就任!
と、宙ニュースも盛りだくさん。
大都会の空のもと、賑やかなスター☆パーティがスタートしました!

★ ★ ★ ★ ★ ★

パーティのスター☆ゲストは、
石垣島「星空ツーリズム」代表の上野貴弘さんと、
株式会社ルミネの東島樹理さん。

上野さんは沖縄県石垣島で、星空ツアーをプロデュースされています。
実は篠原さんも昨年の夏、このツアーに参加して星空解説をしたことが!
東京と緯度が11度も違い、それだけ星もずれて見える石垣島ですが、
迷いなく解説している篠原さんに、解説のプロ・上野さんも感心したそうです。

そして、東島さんは、ルミネの環境推進プロジェクト「チョロコ」のご担当。
「チョロコ」とはスワヒリ語で “緑豆” という意味。
小さな豆から、水をあげて大きい樹に育てていきたい、
という思いが込められているんだとか。

2011年にスタートしたこのプロジェクトのコンセプトは、
「みんなで新しい暮らしの価値を」。
少しでも環境や社会に良い未来をみんなで作っていこう、
ひとりひとりの暮らしの価値を変えていこう、
という提案を推し進めているんだそうです。

頑張って省エネする、というよりも、
楽しく快適な空間を作ることがエコにつながれば・・・
そんな思いが、今回のライトダウンキャンペーンにつながったんだそうです。

そして、ライトダウンといえば、石垣島!ということで、
今回ルミネさんは石垣島ともコラボ!
(石垣島では毎年夏に開催される「南の島の星まつり」で、
島の灯りを消して星を見ようという全島ライトダウンが実施されるんです!)
石垣島への旅のプレゼントキャンペーンと、
この「ルミネ✕石垣島✕東京プラネタリー☆カフェ」の
公開収録が実施されました。

広い海の中にあり、半径数百キロ圏内に街明かりのない石垣島は
美しい星空が保たれている “星の島”。
上野さんはかねてからそんな石垣島を国内初の「星空保護区」にしよう、
という活動もされています。

「国際ダークスカイ協会」によって、
現在世界で約60か所が認められている「星空保護区」。
今年になって石垣市の行政と一体になって取り組みが進められ、
早ければ11月末に申請、来年の春に認定がされるかも…とのこと!
これは楽しみ!

この“石垣島を星空保護区に”というプロジェクトはルミネさんも応援中。
会場には、石垣島にエールを送るメッセージボードも設置されていました。

こちらは設置直後の様子


篠原さんも流れ星イラストで応援☆彡

8月6日から開催される石垣島の「南の島の星まつり」は今回で15周年の節目。
星空保護区認定に向け、今年はさらに盛り上がる予定!
ライトダウン徹底を目指し、
地元の高校生によるアイデアコンテストも行われているそう!

「そんなお話をしていたら、石垣島に行きたくなってきちゃった!」と篠原さん。

ということで・・・

★ ★ ★ 篠原ともえ 石垣島「南の島の星まつり」参加決定! ★ ★ ★
今年も篠原ともえと「東京プラネタリー☆カフェ」が石垣島にお邪魔します!

「南の島の星まつり ライトダウン星空観望会&夕涼みライブ」
8月6日、石垣島 南ぬ浜町緑地公園にて開催!
出演:スクープ・オン・サムバディ、夏川りみ、
   オオザカレンヂkeisuke、前花雄介
   そして篠原ともえも司会で参加します!!

詳しい情報は「南の島の星まつり」公式サイトで随時更新!
★ ★ ★ ★ ★ ★

そして、時刻は夜8時。

篠原さんの「空にご注目ください」という声とともに、
屋上の明るい照明が消え夜空が浮かび上がりました・・・

空を見上げるお客さまも笑顔に!

あいにく少し雲がかかってしまいましたが、
南の空にはちょっとだけ火星も見えていたんです!

ここで上野さんからプチ星空解説!
今の時期とてもよく見えている赤い火星の近くには、
同じように赤い、さそり座のアンタレスが輝いています。
石垣島ではこのアンタレスが赤く揺れて見えることから
「酔っぱらい(=ビーチャー)」の「星(=ブシ)」、
「ビーチャーブシ」と呼ぶそう!

そして、さそり座のしっぽの部分は、
釣り針のように天の川に垂れていることから、
石垣島では、“酔っ払って顔を赤くしたお爺さんが、
島酒を片手に天の川で酒の肴を釣っている” と言われているそうです。

物語になっていて素敵☆
ぜひ石垣島で眺めてみたいものです・・・

新宿の明るい夜空と石垣島の暗い夜空、
正反対のようだけど確かにつながっている、
そう思えるあたたかいスター☆パーティでした・・・

★ ★ ★ 本日のオンエア曲 ★ ★ ★
♪ 7月7日、晴れ/DREAMS COME TRUE
♪ 満天の星/夏川りみ

★ ★ ★ スターレシピ ★ ★ ★
7月に入りましたが、日本列島のほとんどはまだ梅雨の季節。
すっきりと晴れて、夜空が星で満たされるまで
あともう少しのガマンですね。

夜10時頃、晴れていれば南の空には
「さそり座」と「いて座」を見つけることができます。
どちらも夏を代表する有名な星座ですね。

月明かりのない夜、空が暗い場所では、
この2つの星座の間に、天の川が見られます。

天の川は、実は無数の星が集まり、
雲のようにぼんやりと光って見えているもの。

都心のように街明かりのあるところでは、見ることは難しいのですが、
ちょっと郊外へ足を伸ばすと見つけられるかもしれません。

雨や曇りの多いこの季節ですが、梅雨の晴れ間は空気が澄んで
ふだんより星空がきれいに見えることがあります。
晴れたらぜひ空を見上げて、天の川を捜してみませんか?
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 57 | 58 | 59 |...| 71 | 72 | 73 || Next»

メッセージ募集中

テーマは「思い出の星空」。メッセージを頂いた方の中から、抽選で毎月5名様に、「星座早見盤 for 宙ガール」をプレゼントします!

メッセージはこちらから

  • きょう、星空が見たくなったら。夜Cafe Style星空ミュージック

最近の記事

  • 2017年08月12日
    2017年8月12日のオンエアレポート
  • 2017年08月05日
    2017年8月5日のオンエアレポート
  • 2017年07月29日
    2017年7月29日のオンエアレポート
  • 2017年07月22日
    2017年7月22日のオンエアレポート
  • 2017年07月15日
    2017年7月15日のオンエアレポート

月別アーカーブ

  • Twitter @tokyofm_spaceをフォローする
  • Vixen presents 東京まちかど☆天文台
  • 東京ガーデンテラス紀尾井町
  • Vixen