TOKYO FMと石垣市がタッグを組んで、
島の魅力を国内外に伝える特別プログラム。
石垣島の自然や伝統と向き合いながら生きる
アイランダーたちのインタビューと、
アイランドミュージックで綴る1時間。

パーソナリティー|石垣島 吉本多香美

パーソナリティー|石垣島
吉本多香美

パーソナリティー|東京 太田エイミー

パーソナリティー|東京
太田エイミー

放送日時(全4回)

2017.12.2 土曜日 / 2018.1.6 土曜日 /
2.3 土曜日 / 3.3 土曜日
6:00-7:00

伊良皆誠さん 当銘光子さん

今月会いに行ったのは、ゴーヤカンパニー社長の伊良皆誠さん。

かつて、東京でミュージシャンとして活動しつつ、八重山そばのお店を経営していた伊良皆さんは、2005年に石垣島に戻り「この島の味を作る。この島の歌を作る」という思いで、食品加工会社ゴーヤカンパニーを設立しました。

オフィスに入ると、壁にかかったエレキギターとスパイスの香り。主力商品の島唐辛子は「じごれ」と称される沖縄在来の品種を使ったもので、独自に開発した乾燥方法で『甘い香りと風味豊かな辛み』を追求したこだわりアイテム。

「食品作りも、歌作りもひとつ」と語る伊良皆さんの言葉には、ものづくりへのこだわりと、島への熱い愛が込められていました。

ゴーヤカンパニー

伊良皆誠さんん

 

続いて、於茂登岳の麓で養蚕・染色・織りを全てをこなす当銘光子さんの工房に向かいました。

光子さんは桑の葉で蚕を育て、繭からとった糸を島の植物で染め、昔ながらの機織りで織っています。

その作品は、やわらかで自然な色合いを持った貴重な国産オーガニックシルク。昔は、石垣島でも養蚕業が盛んだったそうですが、実際に今も養蚕を行なっているのは光子さんとその仲間たちだけ。

八重山の養蚕文化を途絶えさせたくないと爽やかに語る光子さんの笑顔と、時代を超えて糸を紡ぎ続ける機織り機の音に包まれながらお話を伺いました。

伊良皆誠さんん

 

〈今週のプレゼント〉

◯吉本多香美オリジナルブレンド「びわの葉エキス」
〜島のびわの葉をオーガニック玄米焼酎に7年間浸けた万能薬〜
「毎日の化粧水から虫刺され、あせも、やけど、さらには飲んでもおいしいです」 by多香美

◯ゴーヤカンパニー「島唐辛子 粗挽き一味」
〜沖縄在来種のこだわり島唐辛子。本物の島のスパイス体験をどうぞ。〜

こちらをセットにして、3名の方にプレゼントします。プレゼント希望と明記の上、こちらのメッセージフォームから、ご応募ください。

プレゼント

BEGIN シマノタカラ

BEGIN

具志堅用高

やはり具志堅用高さんですよ! 島の宝です。本当に。

具志堅用高さんが、どれだけ石垣島の人たちに夢と夢の開き方を教えてくれたか。

用高さんが世界チャンピオンにならなかったら、僕たちBEGINはいないです。やろうとも思わないですから。

離島桟橋に、用高さんの功績を称えた銅像が立ってます。シャッター切るには最高のポイント。石垣島に来たときには、ぜひ写真を撮って、家族の大切な思い出にしていただければと思います。

でね、すごく似てないの。顔が(笑)

でもまあ、僕らは用高さんの本物見てるから!

吉本多香美 ON AIR NOTE

吉本多香美

人との出逢いが、その後の人生を左右するってことありますよね。

その中のお一人が、私に「農」を教えてくれた、貴子さん! 私が子どもを産む前、役者の仕事が本当に忙しかった時に、心と身体のバランスを取るために通っていたのが、栃木県の益子にあった貴子さんの畑でした。

国有林である雨巻山の麓に貴子さんのお家があって、周りの山や川と境界もない緑の広い場所に、溶け込むように家があり、ヤギがいて、鶏も飼ってて、猫も犬もみんな一緒に暮らす、私にとって夢のような場所でした。

そこで貴子さんは、35年以上自然農で日々の暮らしに必要なものを自分で生み出す暮らしをしていました。 ときに、羊毛を刈り、毛糸を紡いで糸にし、その毛を野の草で草木染をし、はたを織りタペストリーや、色々なものを作っていました。私が、自然農というものに出逢ったものその畑です。

畑と言っても、どこかの野のお花畑のよう、色んな野菜が一緒くたになって、収穫のときはまるで宝探しです。一つの種類の野菜をそれだけいっぱい植えないんです。色んな野菜がいっぱいあって一つの大きな生態を作ってるみたいな。耕さず、農薬はもちろんのこと、堆肥もいらない、ただ刈った草を下草に積んでるだけ。雑草が土の中に住む有益な土壌菌、微生物を育ててくれるからと。

衝撃的な畑でした。うん、これがいい! 私の本能が、「これだよー!」と叫んでいました。

そこで、いつも旬の恵みをいっぱい収穫し、喜び、料理してお腹いっぱい美味しいものをいただき、帰りの車の中で、「いつか私も! 貴子さんみたいな畑を作るぞー!」と、胸をふくまらせていたものです。

そして、石垣島にご縁があり、4月で移住8年目になろうとしています。自分の畑を持って3年になりました。 日々の野菜と、果樹、島ハーブを育てハーブティーを作っています、そして、先月からこの番組とのご縁で「高黍(たかきび)」を育て始めました。

雑穀を石垣島北部で育てたい仲間と、「たかきびの会」を作りみんなで種を蒔きました、そして、芽が出ました! 芽が出た時の喜びったら! そして、そこからの流れで、陸稲を作ることにしました。種籾は、なんとブルキナファソからです!

石垣島の環境がとてもアフリカの環境に似ていたので、アフリカのお米を育てることにしたのです。そして、その種を送ってくださった方は、今から12年前に日比谷公園のアフリカンフェスタで私がトークショーをした時に、ブルキナファソのブースでお話しさせて頂いた方でした。

色んなことが繋がっていき今があります。私の畑、まだまだ貴子さんの畑には追いつかないけど、可愛くなってきましたよ! 「Fresh & Wild」、まだまだ成長中。この大地の土を触りながら、取り巻く世界とバランスをとって今私は生きています!

そして、私を導いてくれた貴子さん、雑穀の種を絶やさないように繋いでくれているなおちゃんに、この場を借りて、心からありがとうございます、と感謝を伝えたいと思います。

吉本多香美

2018.2.3

吉本多香美

タイトルの写真 : 中西 康治

1967年三重県生まれ。立命館大学法学部卒。広告会社で一連の実務を経験し、2006年に石垣島に拠点を移し活動を開始。現在は広告物などの取材撮影とリゾートウェディング撮影を主体に、作品としては「日本の南にある幸せ」をテーマに八重山諸島の人と自然を撮影している。

www.kojinakanishi.com

アーカイブ