オンエアブログ
その他

年末年始の日本文化を知ろう

2016.12.11(Sun)

本日のジャパモンは、和文化研究家・ライフコーディネーターの三浦康子をお迎えして、年賀状やお正月など、年末年始の日本の文化について伺いました。

スタジオ


和文化研究家として暮らしに築く生活文化について取り組まれている三浦さん。

三浦さんは〈行事育〉と題して、行事文化を子育てに活かそうと提案されています。行事育には〈根っこになる・絆になる・心豊かになる・賢くなる・元気になる〉という5つの力があるそうで、特に〈絆〉に注目して欲しいとのこと。例えば、これからお正月を迎え、親戚一同が集ると縦の繋がりが生まれ、地元のお祭りや年賀状を通して郷土愛など横の繋がりが生まれる。このように行事には縦の繋がりと横の繋がりになるものが定期的にあり、二つの絆を折々に結んでいくことによって、その人の基盤を整えていくという役割を担っているのだそうです。

今回、現在準備している方も多い〈年賀状〉の文化について伺ってみたところ、そもそも年始の挨拶は古来より言葉として交わされていたのだそうです。その後、七世紀・大化の改新以降から書状にしたためるようになり、平安時代後期には貴族の間で年賀の書状のやり取りがスタート。そして飛脚制度ができた江戸時代になると、寺子屋で読み書きをする民衆が増えたことから年賀の書状が庶民にとって身近なものに。

さらに明治時代に郵便葉書が登場すると、〈年賀状〉という風習が一般にも広がり大人気になったのですが、「元旦当日に配達して欲しい」というニーズが高まったため、その対策として明治32年に郵便制度の特別取扱いが開始され、その風習が現在に至っているのだそうです。

三浦さんは
「年賀状は絆を強めるというツール。脈々と受け継がれてきているというのも頷けるお話ですよね」
とおっしゃっていました。

年賀状といえば、年賀はがきの宛名面には毎年楽しい仕掛けが施されています。

例えば2017年にちなんで富士山が17個隠れていたり、〈隠れミッキー〉が5つ隠れていたり。さら〈絵入り[寄付金付き]〉の年賀はがきは酉年ということで切手部分が卵の絵になっているのですが、卵の影をよく見てみると……マイクロ文字で「あけましておめでとう」と書かれているのです。

また、特設サイト〈郵便年賀.jp〉では、相手の住所がわからなくても年賀状が送れるサービス〈年賀状トレード〉が初登場! これはネットでつながってるお友達と年賀状が交換できるコミュニティーサイトで、ほかにも1,000種類以上のテンプレートや素材が全て無料でダウンロードできるので、オリジナルの年賀状を作ることもできます。インターネットでのつながりが多い現代、年賀状を送りたいけど住所がわからない……とお悩み中の方は、〈年賀状トレード〉を利用してみてはいかがでしょうか。

そして、子供達にとってお正月のお楽しみといえば〈お年玉〉ではないでしょうか。〈お年玉〉とは、もともと目上の方が目下の者に与えていた〈お金〉……ではなく、『その年(とし)の魂(たましい)』!

昔から、お正月には一年を司る年神様(としがみさま)がやってくるといいます。お正月の行事とは年神様をお迎えして、おもてなし、見送るために成立しています。年神様は五穀豊穣や幸せを授けてくれるだけでなく、その年の魂を授けてくれると考えられているそうで、その年の魂の象徴というのが、年神様が宿った〈餅玉〉。その餅玉を、家長が家族に分け与えたのが〈お年玉〉の始まりと言われています。そして、この餅玉を身につけるためのツールになったのが〈お雑煮〉なのだそうです。

また新年の挨拶である「明けましておめでとうございます」という言葉は、無事に年を越して年神様をお迎えすることができ、希望に満ちた年が始まる喜びを、みんなで分かち合うための祝福の挨拶として始まったのだそうです。来年はこの言葉の意味を噛み締めながら、新年の挨拶をしましょう!

こどもに伝えたい 春夏秋冬 和の行事を楽しむ絵本

三浦康子さんにお正月や年賀状にまつわるお話をたくさん伺いましたが、著書『子どもに伝えたい 春夏秋冬 和の行事を楽しむ絵本』にも、お正月やひな祭りなど季節の行事について紹介されています。なんと今回、『子どもに伝えたい 春夏秋冬 和の行事を楽しむ絵本』を3名様にプレゼントしていただけることになりました! ありがとうございます!


この番組では、聞いている皆さん全員が「ジャパモン特派員」の一人です。引き続き、皆さんからの素敵な地域情報などもお待ちしています。お便り、メール、インスタグラムの投稿をいただいた方に抽選でプレゼントもご用意しています。

12月のマンスリープレゼントは、「枡工房枡屋の『カラー枡』&『すいちょこ』セット」です。

プレゼント

「伝統的な木枡をもっとお洒落にポップに」をテーマに、市松模様や切子柄など、カラフルで新しいスタイルの『カラー枡』。そして日本酒を飲む祝盃としてよく使用される枡を、現代の日常の中で愉しみを与えられるようにリデザインされた『すいちょこ』を各2個ずつセットにして、3名の方にプレゼントいたします。尚、カラー枡の組み合わせは届いてからのお楽しみとさせていただきます。

そして、インスタグラムの皆さんの投稿写真をコラージュしてデザインした〈ジャパモン年賀状〉の応募方法の発表です! 〈ジャパモン年賀状〉が欲しいという方は、ジャパモンのホームページの年賀状募集の特設応募フォームから必要事項を記入してご応募ください。尚、応募の締め切りは来週12月18日(日)とさせていただきます。どんなデザインになったかは、届いてからのお楽しみに!


カレンダー

さらに毎年リスナーの皆さんにプレゼントしている、全国各地の情景や町への想いを綴った『ゆうちょマチオモイカレンダー2017』が完成しました! 5年目となる今年は、47都道府県すべてを取り上げた全4種類! あなたのお住まいの都道府県が載っているカレンダーをお送りしますので、希望の方はお住まいの都道府県を忘れずにご記入ください。


三浦康子さんの著書 『子どもに伝えたい 春夏秋冬 和の行事を楽しむ絵本』&『ゆうちょマチオモイカレンダー2017』&マンスリープレゼントの応募、お便りは
〒102-8080 TOKYOFM「ジャパモン」
でお待ちしています。
メールは、番組ホームページのメールフォームからお送りください。

インスタグラムは、ジャパモンの公式インスタグラムをフォローし、〈#ジャパモン〉をつけて、あなたの街の雰囲気や魅力、日本のいいモンを投稿してください。当選された方には、ジャパモン公式 Instagramアカウント(@japamon_tokyofm)からダイレクトメッセージでご連絡を差し上げます。(72時間以内にお返事をいただけない場合、自動的に当選は無効となります)

皆様からのオススメ地域の情報メッセージをお待ちしています。


三浦康子【和文化研究家/ライフコーディネーター】
こどもに伝えたい 春夏秋冬 和の行事を楽しむ絵本 [ 株式会社 永岡書店 ]
郵便年賀.jp
ジャパモン公式Instagram


<本日のオンエア曲>
♪明日はきっといい日になる / 高橋優
♪本日のスープ /大泉洋 with STARDUST REVUE
♪NEW DAY / 堀込泰行
♪明日への手紙 /手嶌葵

#ジャパモンをつけてInstagramから投稿!

あなたの街の「いいもん」「うまいもん」「すごいもん」写真をInstagramで募集!

How To Join

【STEP1】番組Instagram公式アカウント「@japamon_tokyofm」をフォロー!
【STEP2】Instagramアプリからハッシュタグ「#ジャパモン」をつけて写真を投稿!
※ 応募規約を必ずお読み下さい みんなの投稿を見る

応募規約

【ご応募にあたって】

■利用者の投稿に対して、原則として番組から回答は差し上げませんので予めご了承ください。

TOKYO FM プライバシーポリシー

■禁止事項
 本企画への応募に際し、以下の行為を禁止します。
  • ・応募規約に違反する行為
  • ・本企画の運営を妨げる行為
  • ・他人に迷惑、不利益、損害または不快感を与える行為
  • ・他人を誹謗中傷し、またはその名誉若しくは信用を毀損する行為
  • ・他人の著作権その他の知的財産権を侵害する行為
  • ・他人の財産、プライバシー若しくは肖像権を侵害する行為
  • ・わいせつ、児童ポルノ及び児童の性的搾取を助長するデータを投稿する行為
  • ・営利を目的とした情報提供、広告宣伝もしくは勧誘行為
  • ・公序良俗に反する行為
  • ・Instagramの利用規約・法令に違反する行為
  • ・株式会社エフエム東京が本キャンペーンの趣旨に沿わないと判断する行為
  • ・株式会社エフエム東京が悪質または不適切であると判断する行為
  • ・その他、前各号に類する行為

【プレゼントの贈呈について】

■当選者へは、ジャパモン公式Instagramアカウント(@japamon_tokyofm)からダイレクトメッセージ(DM)機能でご連絡を差し上げます。これ以外のアカウントから問い合わせを差し上げることはございませんので、TOKYO FMを騙った個人情報の問い合わせには絶対に応じないでください。

■ダイレクトメッセージ機能でプレゼント送付先などの問い合わせに対して72時間以内にお返事がいただけない場合、自動的に当選は無効となります。あらかじめご了承ください。

YOUR MESSAGE TO JAPAMON ROOM