ソニー損保 presents クルマ★時間

  • mixi
  • Facebook
  • ツイッター
  • Google

クルマに対する独自のこだわりや思い入れ、忘れられない想い出話など、クルマ好きなゲストと過ごす“クルマ時間”をお届けします。

TODAY'S GUEST 今日のゲスト
14.12.06
第10回 南明奈 vol.2
南明奈

クルマ好き、ドライブ好きが語る、カーライフがちょっと楽しくなる話。
ソニー損保 presents クルマ★時間。

今週は先週に引き続き、南明奈さんがゲストとして登場してくれました。

前回の放送では、愛車であるレンジローバーイヴォークを乗りこなし、なんとドリフトにチャレンジしたいと思っているということまで教えてくれた南さん。今週の放送では南さんがどんなクルマ★時間を楽しんでいるか、さらにクルマに対する想いなどを教えてもらいました。

先週のブログでも触れたとおり、南さんは16歳からレーシングカートを楽しんでいます。レーシングカートと遊園地などにあるゴーカート。見た目は似ていますが、中身はまったくの別物。競技用に作られたレーシングカートはエンジンの排気量こそ50〜100cc程度ですが、圧倒的な加速力、ダイレクトなハンドリングはレーシングカーそのもの。視線が地面に近いので、体感速度は実際の2倍以上と言われます。全日本選手権や世界選手権も行われているモータースポーツの登竜門。南さんは「趣味程度です」と謙遜しますが、その腕前は多くのバラエティ番組で実証済み。

南明奈


「共演者には、私がレーシングカートのステアリングを握るとアイドルの顔じゃなくなるからヤバイ…って言われます(笑)。でもいいんですよ。勝負の時は顔なんて関係ないですから。とにかくいい走り、いいタイムを出すことが一番! レースの世界は戦いですからね。ただ……これは私のメンタル面がまだ弱いのだと思うんですが、サーキットで誰かと一緒に走ると冷静に考えられなくなっちゃうんです。ライン取りとかブレーキのタイミングなどがずれちゃうんですよね。だから私は一人で走って、自分のタイムをいかに縮めるかを楽しんでいます」

ちなみに黒を基調としたレーシングスーツ、ヘルメット、カートのカラーリングはすべて南さんオリジナル! 最初にレーシングスーツを自分でデザインし、それに合わせてヘルメットをデザイン。前回の放送で南さんは「乗るクルマは絶対に黒!」と宣言していたので、それに合わせたデザインにしたのでしょうね。

レーシングカートで果敢にラップタイムを追求すると聞くと、根っからのスポーツカー好きに感じるかもしれません。ところが前回の放送でも話したように南さんの愛車はランドローバーのレンジローバーイヴォーク。アヴァンギャルドなデザインが人気のクロスオーバーSUVです。

「『カートをやっているのになんで?』と言われることは多いんですが、私にとってモータースポーツと普段乗るクルマはまったく別のものなんです。クルマはカッコよくてゴツいのが好き。最近、ナンバープレートを取得したカートが公道を走っているのを見かけますよね。私も渋谷で見たことがあって、乗っている人がマリオやルイージのコスプレしているのを『カワイイ!』って目で追っちゃいました。でも自分があれに乗ってみたいかと聞かれると、NOなんです。私はカートに乗ったらスピードを出したくなっちゃうから(笑)。カートはサーキットで楽しみます」

南明奈


南さんがこれほどまでにクルマ好きになったのは、お父さんの影響が大きいそうです。お父さんは南さんが小さい頃から愛車のハイエースをカスタムしていて、インテリアやオーディオにも凝っていました。長いお休みにはそのクルマで青森の実家に行き、休日は家族みんなで洗車。真冬でも冷たい水を使って大きなクルマを洗っていたけれど、南さんは辛いと思ったことは一度もないそうです。そして洗車が終わるとお父さんは「きれいになったクルマでドライブしよう!」と遊園地などに連れて行ってくれたとか。クルマを中心に家族が笑い、コミュニケーションが生まれる。南家にとって、クルマは絆の証でもあったんですね。

「先ほどもお話したように、クルマはカッコいいことが何より大切。だから前に乗っていたダッジナイトロも、今乗っているイヴォークもカスタムしています。イヴォークは少し車高を下げてホイールを換えたくらいですが。私はパーツには全然詳しくないので、クルマを買ったら必ずお父さんに相談するんです。一緒にクルマを作り上げるのはすごく楽しいですよ。女の子でクルマのことでキャッキャとはしゃぐ子は少ないでしょうから、お父さんも楽しんでくれているんじゃないかな」

南さんにとってのクルマ★時間は、素になれる時間であり、いい意味で子どもに戻れる時間。仕事が大変なときも運転していれば忘れられる。そして嫌なことがあってもスッキリできる癒しの場所でもあるそうです。インタビュー中は「クルマって不思議ですよね」と何度も口にしていました。南さんにクルマと過ごすどんなシチュエーションが好きか尋ねたところ、映画のワンシーンのようなロマンティックな答えが返ってきました。

「雨の日、外の駐車場にクルマを止めて、車内で屋根にあたる雨の音を聞いているのが好きです。ワイパーも動かさないで、前が見えないくらいの雨が窓ガラスを流れていくのをボーっと見ているの。普通のクルマだと雨が鉄の屋根にあたる“バタバタ”という音がするけれど、オープンカーは幌なので音も変わるでしょうね。そっちも味わってみたいな」

南明奈


これは止まったクルマで過ごす時間の話ですが、もちろんクルマは走ってこそ楽しいもの。いつでも好きな場所に行けるのがクルマ★時間の醍醐味ですよね。最近、南さんは栃木県で早朝からの仕事があったとき、クルマで15分ほど山を登ったところから見た朝焼けに感動したとか。日本にもまだまだクルマでしか行けない場所はあるもの。そこで素敵な風景に出会うと、「クルマ、ありがとう」と言いたくなるそうです。

「中でも私は夜のクルマ★時間が大好き。免許を取る前は『本当はあそこにも行きたいのに電車の時間が……』という心配をすることが多かったけれど、クルマがあれば時間を気にしなくて平気。それに街には夜しか見られない風景がいっぱいあります。フロントガラス越しにそんな景色が流れていくのを見るのは気持ちいいですよ。あとね……クルマには不思議な力があるんですよ。普段なかなか言えないこともクルマの中だと自然に言えたり、悩んでいることがあっても運転しているうちに『なんであんなことで悩んでいたんだろう』と思えたり。最近、私と同世代のクルマ離れが言われたりしますが、すごくもったいないなって感じます。もしまだ免許を取っていなかったり、免許はあるけれど運転しないと言う人が見ていたら、ぜひ素敵なクルマ★時間を体験してみてください。きっとクルマが好きになるはずだから」

一人でも、家族とでも、クルマをとことん楽しんでいた南明奈さん。クルマと過ごす時間が何よりも好きで、クルマとピュアな気持ちで接していることが番組からも伝わったのではないでしょうか。これからもきっと毎日をクルマと一緒にハッピーに過ごしていくはず。最後にひとつこぼれ話を。運転中、南さんはももいろクローバーZ、チームしゃちほこ、たこやきレインボーなど女の子アイドルの曲を熱唱していることが多いそうです。信号待ちで隣に止まったレンジローバーイヴォークの中で南さんが歌っていたら、ぜひ手を振ってあげてください!

文 / 高橋満

TOPページに戻る

ARCHIVES アーカイブ
MESSAGE 番組へのメッセージ

「ドライブの時に聴きたい曲のリクエスト」や「あなたのクルマ時間」や「愛車のこと」など、番組へのメッセージを募集中です。

Presented by
  • ソニー損保
  • TOKYO FM
  • ソニー損保 presents ハイウェイ★ソウルフード
  • 【ソニー損保公式facebook】 高速道路 SA・PAのグルメや絶景ドライブの画像など盛りだくさん!