2017年7月21日

7月21日 Reborn Art Festival 2017 小林武史さん(2)

昨日に引き続き、音楽プロデューサー、小林武史さんのインタビューをお送りします。

いよいよ明日からスタートする『Reborn-Art Festival 2017』。
宮城県石巻市の中心市街地と牡鹿半島を舞台に、国内外のアーティストによる“アート”作品や、様々なスタイルの“音楽”イベント、さらに地元食材をつかった“食事”が楽しめる、“51日間”にわたるお祭りです。

リボーンアートフェスティバルでは牡鹿半島のちょうど真ん中あたり、荻浜に 拠点となる「リボーンアート ダイニング」が誕生。小林さんいわく「不便なレストラン」ということなんですが、どういうことなんでしょうか?

◆「海から見てほしいんだよ」
メインのレストランが、今回のリボーンアートのメインビジュアルとしてよく使われている名和晃平さんのアート作品、6メートルの白い鹿があって、その鹿の脇にレストランと食堂の2つを作った。でもその場所にたどり着くには、循環バスで降りた所からさらに10分ぐらい歩くんですよ。歩きながら漁師さんの営みを横目で見ていく感じなんです。漁師さんの日常を。ぼくらその漁師さんたちと本当に仲が良くて、遊漁船と言ってお客さんを乗せてもいい船なんです。それで向こうから会期が近づいてきたら言ってくれたんですけど、名和晃平さんの鹿を見て、それこそ「Reborn Art」に近い、海の中の命と向き合っている人たちだから、「外からお客さんを乗せて、外から見る景色がすごくいい。だから船に乗せたいんだよ」ってわざわざ言いに来てくれて。だからそこに行くと、毎日毎日たぶん乘りたい人を乗せてくれると思う。その名和さんの6メートルの鹿のオブジェを見せたいという感覚がすごいなって。きっと、海から見えてくる牡鹿半島の鹿だし、陸地で生きている命の先端で白い鹿のオブジェが「未来」を見ている、ってことなんじゃないかなーと想像したんだけど。そこに今回のメインの「リボーンアートダイニング」というレストランと、その名和さんの鹿が遠くからでもドーンと見えるわけです。もっともフォトジェニックなエリア。歩いていく中でも自分の身体が、呼吸が、いろんなものと向き合ったりしながら、貴重な食体験みたいなものを各シェフは提供したいと思ってくれているんですよね。
高橋)そこまで歩いていく道のりとお食事まで全部含めた体験みたいな感じですね。
小林)あと喪に服すという気持ちは、海をずっと見ているとあるんですよね。命のつながりだらけを感じるだらけだから。そういう意味ではたかだかあの大きな震災から6年、全然終わっているということではないですね。まだまだ目に見えない周波数みたいなものが複雑に絡んでいるんだって感じがすごいしています。それも含めて僕らがリボーンアートフェスをやることで、何かちょっとでも見えてくるといいなって思いはあるんですけどね。
高橋)東北から帰ってくると、何か自分の中で考えるというか、考える時間が増えるというのはすごくある。リボーンアートではじめて東北にいく方もいらっしゃると思うし、地元の方と話したり食を通じたりしてそういうスイッチを押すきっかけになりそうだなと、今すごく感じました。
小林)ぜひいらしてください!


「Reborn Art Festival2017」は、7月22日〜9月10日まで。アート、音楽、食をテーマに51日間開催されます。

オフィシャルサイト

2017年7月20日

7月20日 Reborn Art Festival 2017 小林武史さん(1)

宮城県石巻市の中心市街地と牡鹿半島を舞台に、なんと51日間にわたって行われる『Reborn-Art Festival 2017』がいよいよ、この週末スタートします!
イベントの全容を確かめるべく、イベントの総合プロデューサー 小林武史さんにお話し伺ってきました!


◆一期一会に出会えるフェス
高橋)小林さん、おはようございます。よろしくお願いします。聞きたいことがたくさんあるのですが、まずこのフェス、“アート”“音楽” “食”を楽しむことができる上に、開催期間が“51日間”という、どんなお祭りなんだろう?という感じがしますが、一体なにが行われるんですか?
小林)基本的には51日間と長期間なお祭りというのは、ベースにはアートフェス=芸術祭というものをひいているんですね。まずは長期間にわたっていろんな人に来ていただける土台を作ったということ。ただ51日間となると当然食のことも多様な形で必要になってくるし、とくにこの「Reborn Art」って「生きる技」とぼらく解釈しているので、生きていくこと、これから未来にどうつながっていくかって考えた時に、例えば生産者の方もいれば、その生産者と向き合っているトップシェフがいるんですけど、そういう人たちが入れ替わり立ち替わりやってきて、食を通して生きる技を問う、未来につながることを問うことが出てくる。そういう意味では音楽が一番、51日間なんて聞いたことがない話なんだよね。ぼくら「×ap bank fes」というのが7月28,29,30 3日間で5万〜6万の動員目指してやってるんですけど、そういう東京で仕込んでいる音楽は、プログラムされたものだし、でも音楽って実は「一期一会」みたいなところもあって良いんだと思うんですよ。キューバのブエナビスタソシアルクラブみたいな、街になんとなく音楽が流れているみたいな。そういうことをやって欲しいという声が石巻市内の方々からかけられたのもヒントになっているんだけれども、現代アートの作品を観てまわっている時に、不意に出くわす一期一会の音楽の在り方で。音楽って即興とかフリーな音楽の表し方ってあるんですよね。僕みたいにずっとポピュラーミュージックをやってきているとなかなかそういうところを出す場ってなかった気がするですけど、楽しみなところでもあるんですよね、音楽の部分が。
高橋)音楽もそうですけど人生って一期一会がすごい多い気がして、計画してない時に実は楽しい瞬間っ ていっぱいあって、このアートフェスに参加することで計らずして得られる楽しみとかハッピーな時間がすごく得られるような気がします。
小林)ほんと、今おっしゃってくれたようなことを目指してると言ってもいいんです。やっぱり震災があった場所ですからすごく多くのものを失っているとも言えるんですね。つまり、生きる術をこれだけ一回シャッフルされ、もう一回問うてみたいと思ったときに「出会う」ということが必要なんだなということ。だからリボーンアートを構想して何度も何度も石巻の方に行っているうちに、ここは「出会う」ということが起こりやすい場なのではないかと思ったんです。それがわりと本質的な部分をちゃんと捉えているような出会い方というか、、そんな気がするんですよ。


「Reborn Art Festival2017」は、7月22日〜9月10日まで。アート、音楽、食をテーマに51日間開催されます。

オフィシャルサイト
«前の記事へ || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 727 | 728 | 729 || 次の記事へ»

パーソナリティ:中西哲生・高橋万里恵

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

2017 東日本大震災から5年 LOVE&HOPE 2016年3月11日(金) 特別企画放送

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN