2017年5月17日

5月17日 2020年・聖火トーチを福島から2

きのうに引き続き、2020年東京オリンピックでの採用を目指し「聖火トーチ」の開発を続けるメーカーのインタビューです。

1964年の、あの東京オリンピックのトーチを製作し、2020年も採用を目指している火薬メーカー・日本工機。その工場は、福島県・西白河郡にあります。

そしてこの工場、6年前の東日本大震災では、一時、稼働停止に追い込まれたといいます。当時について、日本工機 白河工場の工場長 佐藤公之(まさゆき)さんはこう振り返ります。

◆震度6強の地震
震度6強というかなり強い揺れに見舞われまして、工場も道路の陥没があり、建屋は300棟以上あるのですが大きな被害を受けたのはそのうち22棟。電気はかろうじて落ちなかったんですが水が一切出ない大変な状況になりました。私は当時技術部にいて会議中に震災にあったと。従業員を安全な場所に誘導すること、そして当然ながら地震対策委員会は招集されていたので、どうするか会議をしました。地震の復旧だけなら良かったんですが、原発事故の影響が出ました。復旧に必要な重機の燃料、必要な資材が全く入ってこない。福島県に入ってこない。それを運ぶタンクローリーなどは福島県を迂回して別の県に行ってしまう状況で、復旧が殆どできませんでした。ただ指を加えてみているわけには行かなかったので、県外の協力会社のご好意で燃料を確保し、市内の工事業者さんもガソリンや経由がないということなので燃料を分けてあげて工事をやってもらって、なんとか6月いっぱいで全面操業開始となりました。原発事故があって浜通り、沿岸の方々が大変だという話になり、当社の従業員にも沿岸部に家がある人がいたものですから、当社の寮に避難させました。原発から80キロ圏内です。直接放射能を浴びるということではなく、一旦北上したものが南下してきた。ですから爆発してから1日、2日遅れて白河市の線量が上がったと。通常は100分の1以下ですが、当時は7〜11マイクロシーベルトまで上がりました。当社は80万坪という広大な敷地があるので除染は2年間まるまるかかり、全て基準値以内に線量は収まっているという状況ですね。


そして、この経験から2年後の2013年、東京に、再びオリンピックがやってくることが決定。このニュースを佐藤工場長は、どんな想いで受け止めたのでしょうか。

◆復興のシンボルとして聖火トーチを!
これには、色々な思いがありますが、2011年の大震災に見舞われて、福島の復興のシンボルとして聖火トーチを世の中にぜひ出したい、という強い気持ちになりましたね。


あしたも日本工機 佐藤工場長のインタビューです。

2017年5月16日

5月16日 2020年・聖火トーチを福島から1

今朝は2020年へ向け、大きな目標を掲げる、福島県 西白河郡の、「ある工場」に注目します。

「日本工機」という会社です。本社は東京ですが工場は古くから福島県白河市にあります。火薬の製造メーカーで、あの小惑星探査機「はやぶさ2」にもこの会社の技術が採用されているそう。そしてこの会社はいま、2020年東京オリンピックで聖火ランナーが持つ、あの「聖火トーチ」の採用を目指し開発を続けているんです。

実は日本工機は、1964年の東京オリンピックの聖火トーチを製造した会社でもあります。

今回は特別にお貸し頂きまして、スタジオにその「本物の」トーチがやってきました!持ち手の柄の部分には「OLYMPIAD TOKYO 1964」の刻印が!感動!!

その当時について、日本工機 白河製造所の所長・佐藤公之(まさゆき)さんに伺いました。

◆64年東京五輪の聖火トーチを製造
昭和33年、東京で第三回アジア大会が開催されたんですね。そこで当社の聖火トーチが採用されました。それが当社のトーチが初めて世の中に出たんです。その採用実績を評価されて、オリンピックが東京で開催されると決まった翌年の昭和35年に五輪組織委員会から製造してほしいとの申し出がありました。当社は元々火薬の製造メーカーですので、発煙筒や煙・光を出すものは製品として出していたので、それもあって採用されたんだと思います。(当時の)組織委員会からは「雨にも風にも絶対に消えないトーチを作れ」という命題を与えられたと聞いています。私は8才だったんですね。白河市に聖火トーチのリレーが通った時も間近に見ています。世紀のイベントで、その中で聖火トーチのリレーはオリンピックを華やかにするシンボルだと思うので、それを納めている会社というのは鼻高々というか、誇らしいと思いましたね。


ちなみに日本工機の聖火トーチはその後、1972年札幌、84年のサラエボの冬のオリンピックでも採用されています。そしていま。2020年に再びやってくる東京大会での聖火リレーへ向けて日本工機は新たなトーチの開発をしています。

◆復興のシンボルとして
1964年、戦後復興のシンボルとして我々の作ったトーチが使われたということですが、2011年の東日本大震災からの復興のシンボルとして、ぜひ福島県で作ったトーチを使っていただきたいという気持ちにはなりましたね。


LOVE&HOPE、明日も聖火トーチ採用を目指す日本工機についてお伝えします。
«前の記事へ || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 704 | 705 | 706 || 次の記事へ»

パーソナリティ:中西哲生・高橋万里恵

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

2017 東日本大震災から5年 LOVE&HOPE 2016年3月11日(金) 特別企画放送

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN