2017年11月13日

11月13日 ドキュメンタリー映画『LIFE 生きてゆく』笠井千晶監督1

今週は、「LIFE 生きてゆく」という映画を制作した笠井千晶監督のインタビューです。

この映画は、南相馬市・萱浜(かいはま)地区で暮らす上野敬幸さんを数年に渡り追いかけ、記録したドキュメンタリーです。
 
上野さんは、2011年の津波でご両親と2人のお子さんを失い、お父様と、幼稚園入園直前だった長男・倖太郎(こうたろう)君はいまも行方がわかっていません。そして上野さんは、倖太郎くんはじめ、行方不明者の捜索をする「福興浜団」の団長として現在も活動を続けています。

まずは、笠井監督が、上野さんの存在を知ったきっかけから伺いました。

◆上野さんとの出会い
出会ったのは2011年の秋で、私はその時テレビの仕事をしていたんですけど、週末自分1人で自分の時間で、自分のカメラで、お会いする人に何かお話が聞けたらと。私には、映像で、ここのことを知ってもらうというくらいしか貢献できるところはないなと思っていたので。カメラを持って萱浜の海岸で撮影して終わってというところにちょうど上野さんが来て、「何やっているんだ」みたいな声を出されて軽トラで走り去ったんです。それを追いかけて、皆さんを撮影するとかって言うのではない、申し訳ありませんとお話したんですが、「どこのテレビなんだ、マスコミなんだろう、何しに来たんだ」と本当に激怒している顔で見られて、その時の目が本当に凄い怖くてこっちを睨んでいたんですが、でもすごい悲しい目をしていて。この人は多分言いたいことがものすごく本当はある人なんだなと言う一瞬ですけど思って、ちゃんと再会する機会があったらどういう想いを持っているのか、聞ける時があればいいかなと漠然と思ったんです。そして、それから年が明けてたまたま南相馬の別のシンポジウムがあって、そこで福興浜団がブースを出していたので訪ねていったら上野さんが出てきて、その時初めて自己紹介して、震災の日から何があったかを全部お話をしてくださって。私は言葉も発することができなくて。それで最後に、「また来る時があったら連絡してくれれば」という感じで私は立ち去ったんですけど、そこからまたさらに翌月ですかね、初めてこちらにお邪魔してちゃんと話を聞かせてもらったんです。でもそこに対してカメラを向けるとか、とてもそういう気持ちにはなれなかったんです。その日もこれで帰りますと、1時間くらいお話を聞いて帰りかけたんです。車で走って途中まで行ったんですけれども、ダメだと。このまま帰ったら今日せっかく話をしてくれたのに、それは私1人が聞いただけで何も意味がないじゃないかと。それで携帯で電話をかけて、もう一回今すぐ行くので、カメラの前で話をしてもらえませんかとお願いをきちんとして、そしたら「今帰ってくれば話をするよ」と言ってくださったんです。


こうして映像ディレクターの笠井さんは、2011年から、自宅のある東海地方と福島県を休日ごとに往復。上野さん、奥さん、震災後に生まれた次女倖吏生(さりい)ちゃん、福興浜団の活動を見つめ続けました。取材は手弁当。自公負担だったといいます。そして昨年、4年間 撮りだめた数百時間に及ぶ映像を編集し、クラウドファンディングで資金を集め映画を制作。各地での上映会も精力的に行っています。また、上野さんの取材は現在も継続しています。

★映画「LIFE 生きてゆく」Facebookページ

明日も笠井千晶さんのインタビューです。

2017年11月10日

11月10日 リボーンアート・フェスティバル 東京展

今朝はこの夏、宮城県石巻エリアで51日間にわたり開催された【リボーンアート・フェスティバル2017】の最新レポートです。

音楽プロデューサー 小林武史さんの呼びかけで行われた「リボーンアート・フェスティバル」。宮城県石巻市の中心市街地と牡鹿半島を舞台に、“アート、音楽、フードが楽しめる51日間”、行かれた方も多いのではないでしょうか?

その「リボーンアートフェスティバル」が今、東京にステージを移してアート作品の再展示が行われています。題して『リボーンアートフェスティバル 東京展 〜そこで何が起きていたのか?』

アート作品のキュレーターでもあり、東京展の会場にもなっているワタリウム美術館 和多利浩一さんと 和多利恵津子さんに伺いました。

◆いろんな形の「再生」を東京でも感じてほしい
浩一)今年の7月から9月10日まで石巻市内と牡鹿半島を使って40人弱ぐらいのアーティストが作品を作ったんですね。ただ、なかなか全てを観れたという人が本当に少ない。ですので東京の人たち、見損ねた人、見に行けなかった人、見た人ももうちょっと見たかった人というのも踏まえて、動かすことが可能なものを持ってきて東京展というのを今ワタリウム美術館で今年の暮れまでやっています。例えば、かなり津波の被害があった冷蔵倉庫があって、壁が全て崩壊しているので使えなくなってしまっているのを、地元の若い連中がそこをスケートボードの会場にして、そこをサイドコアというアーティスト達がスケートボードに絡んだストリートの作品を作った。再生=Reボーンですから、新しく生まれ変わった場所も今回持ってきたりしています。
恵津子)カールステン・ニコライというドイツの作家は、彼は普段ものすごいグラフィックなデザインの強いものを作ってたんですけど、石巻ではレーザー光線でピュンと空に一本だけ放つ「それは自分の大事な人と交流するための糸だ」と、一度も作ったことがないような作品を作った。この場でしかできないものを出したかなという感じがしますね。
浩一)ですからいろんな形の再生というのを試みたつもりですので、街中と牡鹿半島というもともと人口が多くなかった場所にアート作品をおいて、多くの方達に見に来ていただいて、レストランを開いたり、鹿の解体場を創ったり、キャンプ場ができたりという形で場所を人と共に再生していく、生まれ変われるような形で続けていくのがリボーンアートです。


そしてリボーンアートフェスティバル 東京展では、二人の料理人もやってきます!

◆あの「四季彩食いまむら」が東京へ!
リボーンアートフェスティバルというのは大きく分けると、音楽とアートとフードと3つに分かれていて、せっかく東京でやるなら石巻のフードも体験してもらいたいなと思って、11月19、20、21日の3日間で石巻の今村さんがワタリウムの中に特別レストランを開きます。地元の食材とか、パフォーマンス仕立てでディナーショーみたいな感じになると思う。あとはリボーンのフードディレクターでもある目黒さんが12月1、2日。食と目と両方楽しめる日もありますので是非ご参加いただければと思います。


島袋道浩 起こす, 2017
青木陵子+伊藤存 浜と手と脳, 2017
金氏徹平 "White Discharge #1, #2" , 2017
SIDE CORE+EVERYDAY HOLIDAY SQUAD rode work, 2017 rode work, 2017
撮影:後藤秀二

「リボーンアート・フェスティバル 東京展 そこで何が起きていたのか?」
2017年10月20日(金)-12月10日(日)@ワタリウム美術館

〇Reborn Art Festival2017から2つのフード・イベントが開催されます!
石巻の人気日本料理店「四季彩食いまむら」
11/19(日),20(月),21(火)

〇リボーンアートフェスティバルのフードディレクター
目黒浩敬氏の2日だけのレストラン
12/1(金),2(土)

また現地では、閉幕後も地元のお母さんによる食堂と、宿泊施設は引き続き利用できるそうです。詳しくはコチラ

«前の記事へ || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 765 | 766 | 767 || 次の記事へ»

パーソナリティ:中西哲生・高橋万里恵

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

2017 東日本大震災から5年 LOVE&HOPE 2016年3月11日(金) 特別企画放送

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN