2012年2月14日

2月14日「震災被害を受けた海苔養殖の現状(2)」

千葉県船橋市と市川市の沖合にある浅瀬「三番瀬」は、今でも“江戸前”と呼ばれる質のいい海苔やアサリが獲れる漁場です。
しかし去年の震災は、東京湾の漁港にも大きな被害を与えました。

市川市行徳漁港も、堤防の傾き、ひび割れ、そして液状化の被害がありました。
今も一部の堤防は曲がったまま。液状化で使えなくなった建物もあります。

市川市行徳で「三番瀬の海苔」の養殖を続ける福田武史さんが受けた被害について、お話を伺いました。


◆収穫の最盛期を迎えていた海苔。津波で受けた被害
 昨年3月11日、東京・晴海の観測所では津波は1.3メートルだが、船橋では2.4メートル来たという話もある。
 海を見に行くと、海苔の網を固定する竹が陸側に斜めになっていた。海苔収穫は終わりの時期だったが、残り3週間で収穫するはずの海苔は廃棄。あきらめた。(被害額は)資材などを含めると500万円くらい。


◆11か月が経過。直面しているのは「放射性物質に関する風評被害」
 市役所の測定では基準値以下。行政以外の民間測定でも「気にしないでよい」「討論する必要なし」との判定。
 中には敏感になる方もいる。売り上げは相当減っているのは事実。
 地元のイベントで地元のものを、愛着があるからということで、応援で買いに来てくれて励みになっている。ネット販売では遠方の方がメールで、震災の影響を心配して、どうしても食べたいので購入させて欲しいという連絡は頂いている。
 売り上げが少ないということは現状ではダメだということ。
 実はいま大学院に行っている。東京湾の三番瀬の再生化を研究している。研究者だけでなく現場の意見を尊重するのも大事。どうせなら自分が研究者になってしまえと、4月から研究をしている。経験したことを何かしら役に立てられればと思っている。



風評被害は、海を職場にする漁師にとって、深刻な問題。
「しっかり検査をして、きちんとしたデータを持っていることしか方法はない」と、福田さんは語っていました。





【福田海苔店 official website】

2012年2月13日

2月13日「震災被害を受けた海苔養殖の現状(1)」

東京湾、千葉県の船橋市と市川市の沖合には、三番瀬と呼ばれる浅瀬が存在します。
実はこの海域は、昔から質の良い海苔やアサリが獲れる漁場として知られていて、「江戸前の海苔」は今もこの三番瀬で獲れています。
市川市行徳で海苔の養殖を続ける福田武史さんに、三番瀬の歴史、そこで獲れる海苔の特徴を伺いました。


◆質の良い海苔が採れる三番瀬
 ここは行徳漁港。ディズニーランド、新浦安の駅の近く。行徳の組合で6世帯。最盛期は150世帯ほどあったが、今は激減。
 三番瀬は豊かな海で、40年前はカレイやカニ、アサリがザクザクいた。今は埋め立てや水の流れで環境が変わり、アサリの生息量もだいぶ減っているが、川と海水の混ざった栄養豊富、味は格別。そんな水産物が獲れる。
 船橋・浦安では200年以上前から海苔漁をやっていた。市川は塩づくりが盛んだった。「市川塩浜」といった地名にも残っている。明治4年の台風で塩田が壊滅。海苔づくりに移行したという歴史がある。
 最盛期は港からすぐ見えるところに海苔の網が密集していた。市川にも生産者も150人ほどいたが20年〜30年前に廃業。
 父は3年前に他界したが、生涯現役で60年以上続けていた海苔漁師。一代でやめるつもりだったが、美味しい海苔を失うのはもったいないし、自分が食べたかったということで、兄と私で後を継いだ。
 意外と地元の人も、美味しい海苔の存在を知らない。住んでいる人にも誇りに思って欲しいと思っている。自分たちの近くの海でこれだけ美味しいものが獲れるということを知って欲しいと仕事をしている。
 味付け海苔なのかと言われるほど甘みが強い。穴が開いていることもあるが、生海苔は薄いため穴が開く。それだけ柔らかく甘みがある。



海苔は11月〜3月が収穫の時期。あと一か月ほどで新海苔のシーズンは終わります。
明日は、東京湾の震災被害、そして11か月が経過した現状について、福田さんに伺います。



【福田海苔店 official website】
«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 693 | 694 | 695 |...| 755 | 756 | 757 || 次の記事へ»

パーソナリティ:中西哲生・高橋万里恵

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

2017 東日本大震災から5年 LOVE&HOPE 2016年3月11日(金) 特別企画放送

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN