2012年5月7日

5月7日「南三陸町・和泉博文さんが迎えた春」

震災でトラック運転手の仕事を失い、宮城県南三陸町の災害FMで臨時職員として働いてきた和泉博文さん。
小学生から高校生まで、3人の子供を抱えるシングルファーザーでもあります。
この春、和泉さんは災害FMの雇用期間期限を迎えました。

◆この春の状況
子供たちも進級してほっとしているし、自分も新しい仕事を初めて、春から新しいスタートを迎えた。町の状況も、平常時に向かって動こうとしているが、足りない事もいっぱいある。けれど被災地ということで、標準の生活でない、落ち着きが無い。
安定した職業を得ないと家族を養っていけない。地に足をついた職業にすればいいのかと思った。
いま漁協の臨時職員として雇われたが、雇用期間は1年。先は見えない。それでもこの町で一番大事なことは何かと考えると、やはり漁業や農業だろうと思った。自分が漁協に勤めることで何か開けていくんじゃないかと思った。


南三陸町の漁協では、震災後、約100人を臨時職員として雇用しました。和泉さんもその1人です。
パソコンで漁船登録の作業をするなど、これまでとは全く畑違いの仕事内容に、戸惑うことも多いといいます。

◆ストレスで眠れない
1年の雇用期間の後、どうなるのか。歳も歳だし、この後家族を養っていけるのか。先が見えない。行き当たりばったりの人生で、自分ひとりだったらいいけど、子供もいるし。今後どうしたらいいのか。
トラックの運転手で、去年3月頃まで全然違う仕事をして、全然違う人生を歩んできた。全然追いつかない。若い人はこんなに出来てるのに自分は出来ていないという負い目もある。自分の能力の無さと、今後の家族のことが不安でストレスは毎日感じている。
寝れない日もあるし、過食気味になったり酒を飲んだり。紛らわせている。家族に対して、不安な面もあるから、前より話しかけることがなくなった。それはイヤだな、と思っている。



仕事のこと、先の見通しが立たないことが一番気がかりだと話す和泉さん。
和泉さんと同じ想いで暮らす人がたくさんいるのが被災地の現状です。

2012年5月4日

5月4日「石巻マルシェ」

宮城県石巻に暮らす人、そして首都圏の石巻出身者が取り組む「石巻復興プロジェクト」の一環として、毎週土曜日に東京都大田区「大森ウィロード山王商店街」にお店を構える「石巻マルシェ」。

石巻マルシェのスタッフのほとんどは、首都圏在住の石巻出身者です。
自分の仕事や生活の傍ら、ボランティアでお店の運営をサポートしてきました。
   
「石巻を離れていても、石巻のためになにかできることをしたい!」というのが、スタッフ共通の願いです。

◆石巻マルシェ副店長・石森洋史さん
 昨年11月末に始まり、そろそろ半年。東京に散らばる石巻の情報を発信する場、また石巻の事業者の商品を扱うことで、事業の再開を手助けできるようなシステムにしたかった。
 石巻のおいしいもの中心に、お米、乾物、牡蠣味噌、缶詰、お菓子などを扱っている。
 大森の商店街で半年お店を開くことで、毎週のように来てくれる人がいて、僕達がここに立ち続けて「リアル」な場を作れたのがすごく大切だと思った。インターネットでできる支援もあるが、場を作れば集まってくれる人がたくさんいるのを感じた。



石巻マルシェは、店舗改装のため、明日(5月5日)でいったん閉店となります。
しかし大森の商店街の協力もあり、7月に同じ場所でお店を再開することが決まりました。


◆石巻復興プロジェクト副代表・花田寛明さん
 単純にモノを売るだけでなく、商品を通じて、「この商品はこういうもの」「この事業者さんはこんな人」「あの場所はいまこうなってる」などの“物語を伝える”ことが、僕等の意義。これからもそういうところを変えないで続けていきたい。




≪石巻マルシェ 売れ筋商品≫
第1位:田伝むしの「おこげ煎餅」(無農薬のササニシキを使用)
第2位:木の屋石巻水産の「くじらの大和煮」
第3位:末永海産の「牡蠣味噌」(ノーマル、ネギ、ピリ辛の3タイプ)






≪石巻マルシェで買える商品≫
石巻の方たちとくるりの皆さんが一緒に作ったチャリティーCD「石巻復興節」
(石巻市内、インターネットで販売中。東京で購入できるのは石巻マルシェだけ)
詳しくはこちらからどうぞ 【くるり「石巻復興節」】


【石巻マルシェ】
場所:東京都大田区・ウィロード山王商店街内
開催日時:毎週土曜日 10時〜18時 ※5月5日でいったん閉店
«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 695 | 696 | 697 |...| 788 | 789 | 790 || 次の記事へ»

パーソナリティ:中西哲生・高橋万里恵

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

2017 東日本大震災から5年 LOVE&HOPE 2016年3月11日(金) 特別企画放送

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN