2011年10月20日

10月20日「LIVE福島 風とロックSUPER野馬追」ライブで届ける想い(2)

昨日に引き続き、9月14日〜19日の6日間に渡ってに開催された「LIVE福島 風とロックSUPER野馬追」の貴重なライブ音源をお届けしました。

「音楽で福島を元気に。」を合言葉に、クリエイティブディレクター、箭内道彦さんの呼びかけで実現した、このライブ。
箭内さんの想いに賛同したアーティスト、計31組が出演しました。


  <今日お届けしたライブ音源>
     ・RIP SLYME「熱帯夜」
     ・斉藤和義「歌うたいのバラッド」



-----
RIP SLYMEは、ステージの上からこんな想いをコメントしています。

「箭内のおっちゃん(箭内道彦さん)の心をカタチにできる一員として、嬉しく ありがたく『風とロック』させていただきます。」



6日間で2万人以上を動員したライブの模様は、明日もお届けします。


☆11月11日には、公式ガイドブック『LIVE福島 風とロックSUPER野馬追 僕らは君たちの恋人になりに来た』が発売されます。


【「LIVE福島 風とロックSUPER野馬追」official site】

【RIP SLYME official site】

【斉藤和義 official site】

2011年10月19日

10月19日「LIVE福島 風とロックSUPER野馬追」ライブで届ける想い(1)

9月14日〜19日の6日間に渡ってに開催された「LIVE福島 風とロックSUPER野馬追」の貴重なライブ音源を、今日から3日間お届けします。

クリエイティブディレクター・箭内道彦さんは、福島県郡山の出身。
震災後は、同じ福島出身のアーティストとともに、「猪苗代湖ズ」を結成して、被災した故郷・福島への想いを発信し続けています。

箭内さんの呼びかけによって実現した「LIVE福島」。
賛同したアーティスト、計31組が出演し、会津若松、猪苗代、郡山、相馬など、福島県内の各地を会場に、6日間に渡って行われました。

  <今日お届けしたライブ音源>
     ・高橋優とOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDによる共演「福笑い」
     ・サンボマスター「できっこないをやらなくちゃ」



-----
サンボマスターの山口隆さんは会津若松の出身。
ステージから叫んだのは、こんな想いでした。

「ふざけんじゃねえ、なんだそんなことって。俺たちは一歩外に出たら言われるかもしれない。お前たちの歌った愛と平和なんかで、なにが変わるんだって。
山口君、君がいうことには何の実行力もないね。君にはお金がないね、君には権力もないね。
俺はずっとそうやってうなだれて生きてきたんだ。

だけど俺、いまは違うと思ってる。ロックンロールでなにかできるんじゃないかと思ってる。
本当は君たちだって、音楽で変われるじゃないかって思ってる。
できるんじゃねえか。できるんじゃねえか。できるんだ!ロックンルールはできるんです!」




6日間で2万人以上を動員したライブの模様は、明日もお届けします。


【「LIVE福島 風とロックSUPER野馬追」official site】

【OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND official site】

【高橋優 official site】

【サンボマスター official site】
«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 713 | 714 | 715 |...| 734 | 735 | 736 || 次の記事へ»

パーソナリティ:中西哲生・高橋万里恵

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

2017 東日本大震災から5年 LOVE&HOPE 2016年3月11日(金) 特別企画放送

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN