2011年12月20日

12月20日「宮城県石巻市・牡鹿半島の今(2)」

今週は宮城県石巻市・三陸海岸の南端に突き出た牡鹿半島の現在の状況、ボランティアの動きをご紹介しています。

がれき撤去が終わるのは来年春、遅ければ夏までかかる。世帯数の問題で、仮設住宅に入りきれない方がいる…。
そういった現状でも、一歩一歩 復興へ向けた歩みは続いています。


牡鹿・鮎川地区では先日、古くから続く伝統のクジラ漁が再開。
仮設商店街のお店にも、クジラが並び始めています。
鮮魚店やお寿司屋さんに「クジラ」の文字が並ぶという、牡鹿の日常風景が戻りつつあります。

牡鹿のクジラ漁について、鮎川の仮設商店街「おしかのれん会」会長・沼倉憲一さん、復興支援協議会・遠藤太一さんにお話を伺いました。

◆牡鹿のクジラ漁
(沼倉さん)
 牡鹿の捕鯨の歴史はだいぶ古い。明治時代から。いま残っているのは宮城県鮎川、和歌山県太地、千葉県和田浦。その中で鮎川は一番大きい。中学校の頃は捕鯨船が入ってくると学校の窓が振動で震えた。捕鯨船が両脇にクジラを抱えて帰ってくる。当時はマッコウクジラで20mくらい。うちはお袋が好きだったので、マッコウの胸肉を小さい頃から食べていた。
 いまはモラトリアムの関係で捕鯨が規制されている。ミンクも年間70の調査捕鯨。IWC(国際捕鯨委員会)の枠から外れたツチクジラ、ゴンドウクジラがある。これも自主規制しながら年間70くらい。いま上がっているのがツチクジラ。10mくらい。たぶん明日の朝くらいに出るのでは。


◆「クジラ1頭7浦潤す」クジラ1頭で、牡鹿の7つの港が潤う
(沼倉さん)
 捕鯨船は北上川に1杯が廃船、2杯が丘の上に上がった。もう1杯が石巻の港地区に上がった。大型クレーンで下ろして修理して、いま捕鯨をやっている。
 先月末くらいに連続で3頭くらい獲った。


(遠藤さん)
 おいしい。ここにきて良かったのはクジラが食べられること。クジラとともに繁栄した町。クジラが上がったことで急にわっと士気があがった。

(沼倉さん)
 決して安くない。1kg3000円。牛の最高級(と同じくらいの価格)。ここの人は金に糸目はつけず牡鹿の人はクジラは食う。
 「クジラ1頭7浦潤す」(浦=港)という言葉もある。




牡鹿半島のボランティアについては、ツイッターで情報を発信しています。
詳しくはこちらからどうぞ。
【石巻牡鹿ボラPikari支援プロジェクト official twitter】

また、ボランティアに関するお問い合わせはメールで受け付けています。
石巻牡鹿ボラPikari支援プロジェクト:cheetahllc@gmail.com

2011年12月19日

12月19日「宮城県石巻市・牡鹿半島の今(1)」

先週に引き続き、宮城県石巻市の被災地からのレポートをお伝えします。
場所は石巻市の東、三陸海岸の南端に突き出た牡鹿半島です。

牡鹿半島は地理的な理由で道路の復旧に時間がかかり、支援も届きにくかった場所です。現在は道路もほぼ元に戻りつつありますが、本格的な復興はまだ時間が掛かる見込みとなっています。

震災直後から住み込みでボランティア活動を続けている、牡鹿復興支援協議会の遠藤太一さんにお話しを伺いました。

遠藤さんは、各地からやってくるボランティアの受け入れ・手配・作業の割り振りを続けています。
現在 牡鹿半島では、平日で20人から30人、週末には200人から300人のボランティアが
活動をしているのですが、遠藤さんは「それでも数が足りない」とおっしゃっています。


◆牡鹿の現状
 がれきの撤去がまだ全然終わっていない。林の上の方には車が入っていたり船が出てきたり。がれき撤去、側溝の掃除(泥だし)、家具や家財を出すということに関しては来年の3月がめど。
 実際、全体の量からすると人数が少なくなることも鑑みて、最大で来年の夏までかかってしまうと思っている。
 だんだん個人のボランティア受け入れをやらなくなり、観光ボランティアもどうなのかという風潮がある。しかし手を借りられるものならみなさんの手を借りてやっていこうと思い、受け入れを今後もやっていく。


◆「モチベーション」の問題
 作業が膨大なので、毎日ちょっとずつでも作業が進んだ実感がないと、精神的に参ってしまう。今後もボランティアは大人数を確保する必要がある。


牡鹿半島は約445戸の仮設住宅がすでに完成、約430世帯が入居していますが、遠藤さんによると、この仮設住宅で新たな問題が起きているようです。

◆支援はまだ必要
 仮設に入らず家を借りて住んでいる方や、仮設住宅に入ったが、3Kに8人で暮らしており、場所がなく納屋などで生活している人もいる。3世代家族だと人が多い。
 仮設住宅を借りる時に世帯分離をした家は1世帯に1軒だが、しなかった場合は1軒。みなし仮設に入らず納屋を使っている方がいて、その辺りの隙間をどう支援していくか。








牡鹿半島のボランティアについては、ツイッターで情報を発信しています。
詳しくはこちらからどうぞ。
【石巻牡鹿ボラPikari支援プロジェクト official twitter】

また、ボランティアに関するお問い合わせはメールで受け付けています。
石巻牡鹿ボラPikari支援プロジェクト:cheetahllc@gmail.com
«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 723 | 724 | 725 |...| 765 | 766 | 767 || 次の記事へ»

パーソナリティ:中西哲生・高橋万里恵

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

2017 東日本大震災から5年 LOVE&HOPE 2016年3月11日(金) 特別企画放送

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN