2011年12月7日

12月7日「災害支援のプロ・Civic Forceの活動(3)」

今週は、災害支援のプロ・「Civic Force」の活動と被災地支援の現状をお届けしています。

Civic Forceは被災地支援を行うNPOを、資金、ノウハウなど、さまざまな形で支援してきました。

Civic Forceが目指す次の支援のカタチが、「東北共益投資基金」。
義捐金の支給など、「あげ切り」の支援でなく、地域の経済を活性化させ、雇用を創出しようという取り組みです。


Civic Force事務局長・根木佳織さんにお話しを伺いました。

◆被災地した住民の生活を支えるため
 住民を勇気づけて新しい生活を支えるのは、「経済」「仕事」。「あげ切り」の支援だけではなく、中長期的にサポートしていける仕組みとして「基金」を立ち上げた。
 寄付を原資に、地域経済に波及効果がある事業に対して出資する、日本初のモデルではないか。多くの企業のネットワークや経験を生かして、商品開発、販路拡大などのノウハウと資金の支援。


◆無利子で融資?
 5年後をめどに償還する仕組み。返ってきたお金をまた新たな事業に投資する、または地元のNPOに寄付するなど、非営利な形で進めていこうと思っている。
 二重ローンの問題、産業・農業・漁業の復興、伝統工芸をどう継承発展させていくのか。東北を元気にするには経済の復興が直接繋がっている。


◆これから、被災した方が主体的に
 あげ切りの支援だけでなく、被災地の皆さんが主体的に進めていく仕事作りが必要。
 基金立ち上げのため、いま各地を回っている。資金を投下して支援が始まるのはまさにこれから。


被災地では、二重ローンなどによって、銀行などの金融機関から融資を受けられないケースがたくさんあります。
そんな事業の中でも、造船所の再生など、地域の産業の要となる事業にも資金を投下して、被災地の経済の活性化を図りたいとのことです。

Civic Forceの活動について、詳しくはオフィシャルサイトをご覧ください。
【Civic Force official site】

2011年12月6日

12月6日「災害支援のプロ・Civic Forceの活動(2)」

今週は、災害支援のプロ・「Civic Force」の活動と被災地支援の現状をお届けしています。

東日本大震災の発災以来、さまざまな形で被災地支援を行ってきた「Civic Force」。
その中心となっているのが、「パートナー協働事業」と呼ばれるプロジェクトです。

人、ノウハウ、資金など、いちNPOでは対処しきれない問題が起こった時に、NPOを支援するためにあるのが「Civic Force」です。

Civic Force事務局長・根木佳織さんにお話しを伺いました。

◆Civic Forceが行なったパートナー協働事業
 ・「難民支援協会」と、取り残された外国人の支援について協働した。ボランティアをしたい、という外国人ボランティアの受け入れや調整なども行なった。
 ・7〜8月からは、被災地でカーシェアリングをするNPOとも協働。車社会なのに多くの車が流され、不便な中、カーシェア(複数台の車を地域で活用する)のプログラムを実施。現在も実施中。
 ・仮設住宅に入居した方への見回り事業。お茶会や話し相手になるという100%被災者によるNPOに対しても、協働して事業を展開している。


◆協働事業は仕事を生み出す?
 雇用対策に繋がっている部分もあると思う。
 お金を生み出すための事業ではないが、被災者の方がミサンガを作って販売、その収益が生活費の一部に、という例もある。
 資金が少しずつでも循環していく仕組み作りがパートナー事業の中でも生まれている。


Civic Forceの事業が、被災地の経済の循環にも繋がっています。

Civic Forceの活動について、詳しくはオフィシャルサイトをご覧ください。
【Civic Force official site】
«前の記事へ || 1 | 2 | 3 |...| 782 | 783 | 784 |...| 820 | 821 | 822 || 次の記事へ»

パーソナリティ(月ー水)中西哲生・ケリーアン(木)中西哲生・綿谷エリナ(金)速水健朗・綿谷エリナ

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

LOVE & HOPE スペシャル 7年目の春便り〜ふたつの故郷(ふるさと)〜

TOKYO FM サンデースペシャル やさしい日本語 Supported by ヒューマンアカデミー

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN