2017年7月12日

7月12日 災害時のSNS・Facebook編1

今週は、「災害時のSNSの使い方」をお届けしています。

ここまでLINE、Twitterを紹介しましたが、今日はFacebookです。
国内2700万人、世界で19.4億人が利用する世界最大のSNSの一つです。Facebookの場合、安否確認だけでなく、まさにいま九州では支援の力が必要となっていますが、こうした「災害時の支援」で 大きな機能を発揮します。

Facebook japanコミュニケーションマネージャーの嶋田容子さんに伺いました。

◆Facebookの安否確認機能
災害時に役立つ機能として、Facebookには「災害時情報センター」というのがあります。これは大きく2つのことができます。1つ目が「安否を知らせる機能」。災害が起きた時・災害の影響下にいる人、その方を心配しているご家族やお友達とのコミニケーションが大事になると思っておりまして、災害時情報センターではまずご自身の無事をFacebook上でつながっている家族、友人に知らせることができます。逆に、災害の影響を受けている地域にいる人の安否も確認することができます。最近だとテロもそうなんですが、そういう事件が起きたときに提携している第三者機関がFacebookサイドに、事故や災害が発生をしていることを報告するんですね。事故や災害が起きている場合は、災害時情報センターというページができます。プロフィールの位置情報の通知をオンにしている人ですと、災害が起きている場所にその方がいるかどうかを判断します。そこにいると判断された場合は、Facebookから通知が届きます。普段Facebookから、誕生日のお知らせが届くように、「位置を報告しますか?」と確認がきます。これに対して「報告する」というボタンをポチっと押すだけでFacebook上でつながっている友達に自分の安否を知らせることができます。ただ、無事であることを報告したくない場合、その被災地の場所にいるということを言いたくない、私はここにいないんだけど?など関係ない時は「その場所にいません」というボタンを押すこともできます。通知の受け取り方も同様で、「お友達の誰々さんがご自身の無事を報告しています」と言う通知が届きます。そこを見るとどのような人が無事を報告していて、誰の無事が分かっていないのかという事までわかるようになっています。さらには、災害時情報センターのページでは、そこの地域にいる自分のお友達がリストになって出てきます。その方のうちまだ無事が報告されていない方でもこの方の無事を知りたいと言う場合はそのリクエストを送ることがページから可能です。またお友達の中でまだ無事が報告されていないけれども自分がその人が無事であることを別の手段で知っている場合、「この人は無事です」というボタンを押すことで、自分以外の人にもその方の無事を知らせることができます。


番組では同じくユーザー数の多いSNS「LINE」を特集しましたが、LINEにも「LINE災害連絡サービス」という、ほぼ同じ機能が追加されています。

ポイントとして、LINEもFacebookも、特に、特別な操作をする必要は無いということ。普段から使っている方は、災害時に自動的に、安否確認の通知が届く仕組みになっています。位置情報を普段からオンにしておくかどうかはご自身の判断です。

あしたは、Facebookを活用した「支援の呼びかけ方、支援の受け取り方」をお伝えします。

パーソナリティ:中西哲生・高橋万里恵

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

2017 東日本大震災から5年 LOVE&HOPE 2016年3月11日(金) 特別企画放送

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN