2017年9月12日

9月12日 ファーマーズマーケット「FMふたばプロジェクト」1


先月19日、広野町の二ツ沼総合公園で農産物の直売会、「ファーマーズマーケット」が開催されました。主催したのは「FMふたばプロジェクト」。そしてこのプロジェクトを立ち上げたのは、ふたば未来学園高校の3年生、佐藤勇樹くんです。

佐藤くんは、今年避難指示が解除になったばかりの富岡町出身。どんな思いでこのプロジェクトを立ち上げたのでしょうか?

◆カリフォルニアの「ファーマーズマーケット」で衝撃をうけ
自分が小学5年生の時の東日本大震災で、原発事故があって次の日にはもう避難しなければいけなかった、ただその時自分は何が起こってるのかなんて分からなくて、1週間くらいして、原発の事故があったんだっていうことをようやく理解して、そこから中学3年生まで茨城で避難生活していたんです。高校に入る時に福島に戻りたいというのがあって、ちょうどその時に今通ってるふたば未来学園高校が双葉郡に出来ます、その双葉郡の復興とかに対して何か活動を起こすっていうのがすごく自分としては魅力的で、双葉郡のために何かしたいっていうのを思うようになっていたので入学したんですけど、最初その自分の中であったのが、「人と人のつながり」っていうのを大事にしたいっていうのが自分のベースとしてあって。ただ人と人をつなぐために何をすればいいのか、カフェをやればいいとかいろいろ考えていたんですけどどれもなんかしっくりこなくて、2年生の夏に、3週間の渡米プログラムに参加をして、カリフォルニアのバークレーに行ったんですけど、そこで「ファーマーズマーケット」を見たんです。最初、“日本の朝市だよ”っていう説明があって、でも日本の朝市っていうと、なんかおじいちゃんおばあちゃんがおしゃべりをしてたり野菜を売ってたりっていうあんまり若い人が来づらい雰囲気なんじゃないかなって感じてて、ただ行ってみてびっくりしたのが、もう小っちゃい子からおじいちゃんおばあちゃんまでみんなが集まってて、売ってる人ももちろん若い人もいて、その人と来た人がおしゃべりを楽しそうにしてたりとか、楽器を演奏する人がいたりとか、“え?これがほんとに朝市なのかな?”という、野菜を売る場所っていうふうには感じなくて、すごい感激して、そこに人と人のつながりもあって、しかもあんまりスーパーで野菜を買う時にこれ誰が作ってるのだろうって思わないっていうのが自分も有ったので、作ってる人も知れてそれを買うことができておしゃべりも出来ていろんなこと知れてこんないいものはないじゃないか!って思ったのがきっかけです。じゃこれを開こうって思って、もともと野球部に入ってたんですけど、野球部を退部させてもらって、次の日から自分は農業科じゃなかったので、農業について全く知らないので広野町、自分のいる町の直売所に夏休み中毎日通って、“広野町の農業いまどんな感じなんですか?”とか“どのくらいの年齢なんですか?”っていうところから聞いていって、あといろいろおしゃべりをして、そうしていくうちに、やっぱりここでファーマーズマーケットをここの農家さんたちと一緒に開きたいっていうふうに思うようになって、そこからいまの「FMふたばプロジェクト」っていう団体として、最初は同級生を誘って3人で始まったのが「FMふたばプロジェクト」です。


「FMふたばプロジェクト」Facebook

『LOVE & HOPE』、佐藤くんのお話しは明日に続きます。

パーソナリティ:中西哲生・高橋万里恵

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

2017 東日本大震災から5年 LOVE&HOPE 2016年3月11日(金) 特別企画放送

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN