2017年10月3日

10月3日 芥川賞作家 沼田真佑さん

今朝も、芥川賞作家・沼田真佑さんのインタビューです。


デビュー作の「影裏(えいり)」で、今年7月に芥川賞を受賞。この作品は
舞台が岩手県盛岡市であり、東日本大震災の前後を描いた作品としても話題となりました。

またこの作品は、冒頭から岩手県盛岡の、自然の描写が高い評価を受けました。現在、盛岡在住の沼田さんに、その描写の元になった東北の自然について伺いました。

◆岩手の自然と災害
自然の何が好きかというと、人間関係と違って、たとえば山とかを歩いていると突然鳥が飛んできたり、突然蛇に噛まれそうになったりとか、そういう悪いことだけじゃなくて、いきなりきれいに日が差してきて周りが別世界になったりとか、全部向こうが勝手にやってくれるんです。そういう好みが小説の自然描写の中に出たんだと思うんですね。岩手県内で僕が好きな場所は、八幡平というのがあるんですね。結構、月一くらいで行くんじゃないですか。車で自宅から運転して50分くらいで着きますし、結構行きます。秋はきのこ狩りですね。あとは海の方。海の方でも好きなところがあって、被災した場所でもあるんですが、大船渡とかも好きですね。好きな民宿がありまして、2度ほどお世話になりました。2010年以前に行ったんですが、それ以降は行けなくて。震災後は足を運んでいなくて。どうも僕の中で、行きたい思いがすごくあるんです。それはちょっと変な意味で、ジャーナリスティックな意味で、震災直後にも行きたかったんです。ですから、あれから6年ずっと行きたいんです。行きかけたことも何度もあるんですよ。車で。でも途中で引き返したりして。なぜ行ってないのかと言うと、僕って本当に興味本位な芽が出ちゃうと思うんですね。あちこち見ちゃう、聞いちゃう。宿にも泊まっちゃって。自分のあるんですよね。それは結構自粛しますね、いまだに。今に至るまでその震災のことを意識してしまいますね。


作家、小説家という仕事柄もあって、「興味本位になってしまう」。だから大船渡に行けないと語る沼田さん。「盛岡という、東京とも東北沿岸部とも違う距離感で、震災を書きたかった」と、作品について考えているそうですが、一方で、「三陸の方々が読むと嫌な思いをするのではないか。それが心配です」「ファッショナブルな記号として扱われてしまった、と思われそうで怖いです」とも受賞後のインタビューで語っています。
   
読んだ人の感想として「決してそんな風には想わない。被災地をないがしろにしている感じはない」という声もありますが、一方、芥川賞選考会では「この作品にはは、震災のことなど どこにも書かれていない」と批判する声もあったそうです。これをどう捉えるか。やっぱり興味ある方は読んでみるのがよいかも。

パーソナリティ:中西哲生・高橋万里恵

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

2017 東日本大震災から5年 LOVE&HOPE 2016年3月11日(金) 特別企画放送

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN