2017年10月5日

10月5日 岩手県大船渡市「Three Peaks Winery」(2)

今朝は昨日に続いて、岩手県大船渡市に「スリーピークスワイナリー」を立ち上げた及川武宏さんのインタビューです。

及川さんは、大学を卒業した後ワーキングホリデーで訪れたニュージーランドで、ワインツーリズムの素晴らしさに触れ、“いつかはふるさとの大船渡でワインを作りたい”と思うようになります。

以前より岩手県や宮城県の沿岸部にワイナリーは幾つかあって、この地域をワイナリー地帯として観光地化していきたいという想いはあったものの、東京で働いて結婚され、埼玉県に新築の家も購入、ワインづくりとは縁のない生活を送っていましたが2011年の東日本大震災を機に、思いは一気に具体化していきます。2013年に「スリーピークスワイナリー」を立ち上げ、購入したばかりの家も手放して帰郷。大船渡と陸前高田でブドウとリンゴを育て、県内のワイナリーで学びながらまさにゼロからワインづくりを始めました。収穫するまで3年はかかるというブドウも今年がその3年目。今年、開業した大船渡市の新しい中心市街地「キャッセン大船渡」の中に「スリーピークスワイナリー」の工場も完成する予定です。

◆戻って4年でついに工場が
キャッセンは大船渡の津波で流されたもともとの中心市街地だったところを再開発して出来たところなんですけど、5街区くらい完成しているんですが、残りの半分くらいのところは今ちょうど、「かもめの玉子」のさいとう製菓とか防災センターとかいろいろ決まってきている中で、2街区・・・7街区と8街区が決まってなかったんですね。そのうちの8街区、いちばん海側で公園が近いところを、大船渡から新しい産業を生み出せるような地区にしていきたいという思いで、そこを借りて建てることにしました。戻ってきて4年で、工場というところまでようやく来たんですけれども、まだまだ。けっきょく工場が無かったので、自分で一からワインを作ったっていうのもないので、ようやくスタートラインに立てたかなっていうところが正直な気持ちで、ようやく次のチャレンジを出来る場所、ステージに来たかなというふうには思います。


これまでシードルはお隣り陸前高田で100年以上つづく名産品の「米崎リンゴ」を畑を借りて育て、ブドウは奥さんの実家がある甲州のブドウを使って委託生産のような形で“醸造を学びながら”ワインを作っていたんです。年末か年明けには工場が完成し、ようやく「スリーピークスワイナリー」オリジナルのワインとシードルが出来上がるわけですが、あらためて、いま描いている「スリーピークスワイナリー」のラインナップについて聞いてみました。


◆三陸の海の幸に合うワインを!
まずメインはいまのところ原料がたくさんあるシードルがメインとなりまして、それに付随したりんごのジュース、そしてワインは今ここで育てているシャルドネソービニヨンブラウンがありますので、これを単一で出すのか、混ぜて出すか、出来てからにしようかなと思ってるんですけど、そういった白ワイン品種でいままで勝沼の妻の親せきからブドウを買ってきて作っていた甲州だったりマスカットベリーAがあるんですけど、それも継続して作っていければなとは思っています。大船渡といえば魚介類、そういった新鮮な魚だったり、貝類だったり、カキやホタテといった本当に美味しいものがあるので、そういった料理と一緒に味わってもらえるようなワイン、かならずこの三陸の海の幸の隣にはウチのワインがあるという感じの、すっきりした飲みやすいワインを作っていければいいなと思ってます。


畑に牡蠣の殻を撒くなど、これまで品質を磨いてきた「スリーピークスワイナリー」のワインとシードルですが、とくに陸前高田の「米崎リンゴ」を使ったシードルは三陸の海産物にも合うような、ドライですっきりした味わい、そして香りが特徴ということ。

明日はなんと・・・そのシードルのプレゼントも有ります💛
お楽しみに!

パーソナリティ:中西哲生・高橋万里恵

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

2017 東日本大震災から5年 LOVE&HOPE 2016年3月11日(金) 特別企画放送

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN