2017年10月9日

10月9日 三陸けせん希望ストリート2017


今朝は、一昨日〜今日までの3日間、都内の「有楽町駅前広場」で行われている「いわて・三陸けせん 希望ストリート2017」の模様をお伝えします。岩手県の三陸・気仙地方の食材を、生産者自らが販売する即売会、連日盛り上がっています!

主催する大船渡商工会議所 会頭、齋藤俊明さんに伺いました。

◆商店の再開はまだ33%
震災前は170店舗ぐらいありました。新しく57店舗が本設のお店を開設しました。震災前の33%。
震災前の業績に戻らないところも結構ございまして、これは震災の復旧復興の間に得意先やお客様を失ってしまった。そういった中で流動・交流人口を増やしながら、またこのように首都圏で大船渡市、陸前高田市、住田町の商品を紹介し、知って頂いて今後ともお買い上げいただくように懸命にがんばっていかなきゃなと思っています。


齋藤さんは岩手の銘菓でおなじみ「かもめの玉子」のさいとう製菓 会長でもいらっしゃいます。さいとう製菓も津波で本社や工場、5店舗が流失。それでも震災後1か月で「かもめの玉子」の製造を再開。その年に被災した店舗、全てを再開させたのは同じく被災した地元の方を勇気づけたのではないでしょうか。

そんなこの地方の特産品を首都圏で紹介し、販路を広げたいと始まったのがこの「三陸けせん希望ストリート」。毎年開催して今年で6回目を迎えます。
今日が最終日です!その魅力を伺いました。


◆早いもの勝ちの商品、東京限定商品など!
恋し浜という、男と女の関係の「恋し浜」のホタテが非常に肉厚で大きくて、焼いたやつが食べられます。本当は刺身が一番美味しいね。海のものはやっぱり生が一番!とくに真水で洗わないで海水で洗ったやつが本当に美味しいな。幸せを感じます!(それを食べるには行かないと?)そうだね現地に行っていただいて。アワビもこの世にこんな美味しいものあったのかと。アワビのステーキはバターで焼いたやつ。生は非常に硬いですので、このようにステーキにすると食べやすくてアワビの本当の味が出るかなと。早いもの勝ち。あとはうち(さいとう製菓)の商品ですけど、大船渡では売ってないブドウ味のかもめの玉子。東京の人たちにブドウ味を楽しんでもらいたい。東京限定です。それだけ気を使っています。あとはお酒で「雪っこ」という昔で言うどぶろくですね。絞らないやつ。3日前に蔵出しした人気商品です。


◆来場者の声「うんめ〜〜〜」
焼きホタテと日本酒買って、そのまま飲んじゃってます(笑)。アワビも美味しかった。肝が最高でしたね。(どちらから?)東京です。毎年ボランティアに行ってるんです東北に。なのでこういうイベントがある時は絶対に行ってお金を落とさなきゃって。それでまたボランティアに行こうという活力をいただいていますね。最高でございますよ!

【三陸けせん希望ストリート2017】
今日はこの後10時〜夕方5時まで。会場内では、震災の「語り部」の方が復興の現状と課題を皆さんにお伝えします。

詳しくはコチラから。

パーソナリティ:中西哲生・高橋万里恵

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

2017 東日本大震災から5年 LOVE&HOPE 2016年3月11日(金) 特別企画放送

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN