2018年1月1日

1月1日 宮城県南三陸町神割岬の“初日の出” 

今週は東北各地のお正月風景をお伝えしていきます。
今朝は、宮城県南三陸町、“初日の出”の名所からのレポートです。
南三陸町と石巻市の県境にある「神割崎」。ここは宮城県を代表する景勝地で、二つに割れた奇岩と押し寄せる荒波が迫力満点な場所です。

全国の「白砂青松百選」にも選ばれ、2月と10月には岩の間から日の出を望むこともできます。近くには展望台もあって、例年、太平洋から昇る初日の出を観にたくさんの方が訪れますが、今朝はその神割崎の展望台に、南三陸町戸倉出身の大学生、小野寺翔さんが行っています。

翔くんは戸倉中学校2年で被災。地元の高校を卒業後、神奈川の大学に進学。在学中、同世代の大学生を地元に案内し視察ツアーを主宰したり、町の伝統芸能の水戸辺鹿子躍(みとべ・ししおどり)を踊り手として伝えるなど、故郷とのかかわりを大切にされてきています。現在は、地元で林業に携わりたいという目標が決まり岐阜県の専門学校で学んでいます。

今朝は小野寺翔さんに、神割岬の初日の出直前のレポートを電話で伺いました。

神割岬の日の出、参考サイト

パーソナリティ(月ー水)中西哲生・ケリーアン(木)中西哲生・綿谷エリナ(金)速水健朗・綿谷エリナ

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

LOVE & HOPE スペシャル 7年目の春便り〜ふたつの故郷(ふるさと)〜

TOKYO FM サンデースペシャル やさしい日本語 Supported by ヒューマンアカデミー

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN