2018年3月8日

3月8日 大川伝承の会 語り部ガイド(4)

今日は、3月4日に行われた、宮城県石巻市、旧・大川小学校での語り部ガイドのレポートです。

東日本大震災の津波で、児童・教職員84名が犠牲となった、旧・大川小学校。被災当時のままの姿を遺す校舎では、悲劇と教訓を後世に伝える「大川伝承の会〜語り部ガイド」が継続的に行われています。

会を主催する一人、佐藤敏郎さんは、女川町で中学校の先生をしていましたが、当時、大川小学校6年生だった次女のみずほさんを津波で亡くし、その後教職を離れて「小さな命の意味を考える会」を設立、ほかの遺族とともに全国各地で講演やワークショップを行っています。

あの日から間もなく7年を迎えますが、今の思いを、あらためて伺いました。

◆自分の中に大川小学校がまだあるし、娘も胸の中にいる
自分としては3.11は“溶け込んでる”感じがして、7年目だから、とかでもなく、娘のことに関しては、何かこう一体化してる感じがしますね。この場所で話し始めるとスイッチが入るところがあります。それはきっとスイッチを押してくれてるんだろうなってすごく感じます。それから今日は卒業生も来てくれて話しましたけれども、ここで走り回った思い出があって、ここには子供たちが笑顔で毎日通っていた学校があったということ、やはりこの場で感じてほしいですよね。幸いなことにこの校舎は残ることになったので、今はこの通り廃墟になってますけれど、このくらい残っていればイメージできますよね。せっかく来てただ可哀そうだねって、悲惨だねって帰ってもらうだけではなくて、それが今こうなってるっていうことで考えてもらえるのがいいのかなと思います。

(でも私もそのみちゃんに案内してもらうまではこの景色しか見たことがなかったので、すごく悲しい場所っていうのが第一印象だったんです。でもそのみちゃんは、“ここ凄かったんですよ!桜が、とかこんなふうに遊んだんです!って言ってくれて、それを聴くと景色が変わるというか少し色がつくというか、みんなすごく楽しい生活をここで送ってたっていうのが多分皆さんに伝わってる気がします。)

私はよくそのみに案内してもらうんですけれど、あいつは本当にそういうのをねニコニコ話しますよね。“ここはかくれんぼで見つかった場所”とか、“ここは○○先生の秘密の部屋なんだ”とか、“1年生のトイレには必ずうんちが残ってるとか”そういう話をします。そうなんだなと思うんですよね。それと一緒にここには町があったということ。地元の人たちはそれを言いますよね、大川小だけしかも悲劇の場所としてクローズアップされて、多分訪れる人はそれを目的で来ると思うんですけれども、ここには俺たちの暮らしがあったんだ町があったんだってこと、そういうことも、知ってもらいたいってよりも、自分で確認したいんだなと思ってます。言葉にしたり発信することによって、自分の中に大川小学校がまだあるし、娘も胸の中にいるということ、それを確認してるんだと思います。でこの震災遺構も、未来の人のためですよね。今日も訪れている人は地元以外の人が99%です。その方たちにとってどういう価値を持つか、どういう意味を持つかっていうのを、みんなで考えたいと思っていて、やっぱり50年後60年後の未来の人は、きっと思うんですよ、“なんで昔の人はここを残したのか?”って。簡単に遺したわけじゃないですよ、と。それも伝えたいなと思っています。


佐藤さんたちが継続している、大川小学校の「語り部ガイドと勉強会」、あの場所で起きたことを自分に置き換え、考える機会にして頂けたらと思います。
大川伝承の会 facebook
小さな命の意味を考える会

『LOVE&HOPE』、明日は津波にのまれながら奇跡的に助かった生徒の一人、当時小学5年生だった只野哲也さんのお話しです。



パーソナリティ(月ー水)中西哲生・ケリーアン(木)中西哲生・綿谷エリナ(金)速水健朗・綿谷エリナ

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

LOVE & HOPE スペシャル 7年目の春便り〜ふたつの故郷(ふるさと)〜

TOKYO FM サンデースペシャル やさしい日本語 Supported by ヒューマンアカデミー

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN