2018年4月17日

4月17日 熊本地震から2年 地獄温泉「清風荘」(2)

今朝も引き続き、熊本地震から2年を迎えた南阿蘇村からのレポートです。

阿蘇の山麓で200年以上にわたり、湯治の湯として愛されてきた「地獄温泉 清風荘」。地震と豪雨災害によって大量の土砂が旅館に流れ込み、 一部を残して建物の解体を余儀なくされました。

そんな2重の災害にもめげず、清風荘の代表、河津誠さんは「すぐに復興しよう」ではなく、“100年先・200年先”を見据えています。その心の支えとなっているのが、130年前に建てられ、取り壊しを免れた「本館」と、1つだけ残った温泉「すずめの湯」でした。

◆誰も入ってないのにここで沸き続けている
中)そこまで聞くとお湯に入りたくなる
河)もう1つ僕らの元気を支えてくれて、常に変わらぬ態度で接してくれるものがあるんですね、だから僕らがブレない気持ちでいられる。それを見にいきましょう
中)うわ〜香りがすごい!
河)これは世界でも珍しい、源泉に直接入るお風呂です。普通こういった濁った硫黄泉というのは熱くて入れないんです。だけど奇跡的にあの石垣の下から天然の水が沸いてそれが絶妙にブレンドされているんです。
中)乳白色でものすごいきれいな色で美しいですよ
河)ボコボコ沸いてるでしょ
中)じゃ、実際に手を入れさせていただきます・・・ちょうどいい!!!
河)誰も入ってないのにね、とにかくこうやって沸き続けているんですよ。
中)もう、10日ぐらいここに居ていいですか
河)お得意様はここに入りますね。この角。静かにしていただくと、ボコボコだけじゃなく、シャンパンみたいな「シャーー」という音がします (実際にシャーーっと炭酸水の様な音が聞こえます)
やっぱりこれがあるからお客さんに入っていただきたいと思いますよね
中)これは僕も日本全国の方に入っていただきたいですね、どうしても。
あとは源泉に直接足を入れさせていただいていますけど、この贅沢はないですね。
河)まずは道路が入れるようになることが第一条件ですね。一応来年4月の予定なんですけど遅れると言っています。
今はベストな状態じゃないんですよ、白い幕が張ったりしてるでしょ、これはうまい循環になってない、まだ、ただ沸いているただのお湯です。これを僕らが営業してお客さまが入るという循環が加わるとはじめて温泉になる。というのも地震で休んではじめてわかったことですね。こんなふうに以前はなってなかったから。
でガスの中に硫化水素が含まれているので囲えないんです、囲うと人が死んじゃうんです。それで男女混浴に。これから外国のお客様も迎えないといけないので湯浴み着を付けて入ることにします。思い切って。


唯一残った「すずめの湯」は、地震後も止まることなくボコボコと沸き続けています…ここだけ時が止まってないような、震災なんてなかったかのように入浴する人を待っています。


★現在、この「すずめの湯」や本館の再建を目標としたクラウドファンディングが始まっています。(今年の3月〜来年の3月まで受付)金額に応じた入浴券や宿泊などの特典があります。
詳しくはコチラをご覧ください

河津さんのさらなる復興への想い、明日もお伝えします。

清風荘ホームページはコチラ。

パーソナリティ(月ー水)中西哲生・ケリーアン(木)中西哲生・綿谷エリナ(金)速水健朗・綿谷エリナ

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

LOVE & HOPE スペシャル 7年目の春便り〜ふたつの故郷(ふるさと)〜

TOKYO FM サンデースペシャル やさしい日本語 Supported by ヒューマンアカデミー

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN