2018年5月14日

5月14日 熊本県益城町 岡本商店(1)

今朝は熊本地震でとくに被害の大きかった地域、益城町からのレポートです。

この益城町で明治の時代から商店を営んでいるのが「岡本商店」。昔懐かしい駄菓子屋さんでもありながら、自家製の「プリン」で有名なお店。地震で店舗は全壊となり、今は町内の仮設団地で仮店舗で営業しています。

そんな岡本商店、益城町の元あった場所で店舗の再建を目指しましたが、町の中心部を走る幹線道路拡大の復興計画が進み、沿線に店舗のあった岡本商店は
立ち退きを迫られています。熊本地震から2年。岡本商店の矢野好治さんを訪ねました。

◆説明ないまま決定 県道の4車線化で県道沿いの家や店舗は立ち退き
僕のかみさんの実家が岡本商店。地震後にもう78歳になるのでもう辞めたいというのと、僕たちに継いでほしいというのもあっただろうし、もともとお店が明治時代から続いていて地域に密着した商店だった。「あんた達若い世代で今風のやり方でやったらどうね」という話になって、それで地震後二人でお店の再建しようかなという状況です。本震がきた時シャッターがくの字になって開かなかったり、壁が落ちて床が地割れして全壊の判定が出て、決断は早くてとにかく明治時代からやっているので、元の場所にお店を再建しようという気持ちが強かったので、公費解体で更地にもうなっています。もとあった場所に戻ろうと思っていた矢先に、県道の道路拡張4車線化の話しが出てきたので、その話も僕たちは事前に説明を受けたわけではなく地元の新聞で、県道の4車線化の話を見て「え!?なにこれ?」って感じで情報が全くなかったので混乱しましたね。その後に慌ただしい中で何回か説明会が行われました。益城町に住んでいる人には説明会の情報がいったんですけど、益城町から県外や熊本市内に避難されている方には説明会の情報はあまり伝わってなかったみたいです。あと益城町のホームページに説明会の情報は書いてあったみたいですけど、あの地震で混乱している中でなかなかHPを見ることもできないので十分に説明がいっていたとは思わないですね。僕はもともとお店が益城町にあったのでいろんな方から今度説明会があるらしいよというのは聞いたのでできる限り説明会には参加したんですけど、納得はいかなかったですねその時の説明では。知らないうちに可決されてもう決定しちゃったという。県道沿いの人たちは立ち退き、ということになりましたね。


この益城町の中心を走る県道の4車線化。もともとは2車線で、地震があって建物が道路ギリギリに建ってたので建物が崩壊したときに2車線の道路を緊急車両が通れなかった、というのが理由の1つ。あとは、渋滞がひどいということで4車線化が決まったそうです。

県が拡張工事をするのだから、その県道沿いにある家や店舗は強制的に立ち退きになり、その分の補償は県が支払うのが理想的。しかしこの補償に関しても県側と折り合いがついていないようです。この続きは、明日お伝えします。

岡本商店facebook

パーソナリティ(月ー水)中西哲生・ケリーアン(木)中西哲生・綿谷エリナ(金)速水健朗・綿谷エリナ

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

LOVE & HOPE スペシャル 7年目の春便り〜ふたつの故郷(ふるさと)〜

TOKYO FM サンデースペシャル やさしい日本語 Supported by ヒューマンアカデミー

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN