2018年5月16日

5月16日 熊本県益城町 岡本商店(3)

今朝も昨日に引き続き、熊本地震で被害の大きかった、益城町からのレポートです。

益城町で明治の頃から商店を営んでいた、岡本商店。ご主人の矢野好治さんが作る「益城プリン」が人気のお店です。2年前の熊本地震でお店は全壊、今は町内の仮設団地で、仮設店舗で営業しながらお店の再建を目指しています。

一方、もとあった店舗の場所は益城町の中心部を走る、県道沿いでした。震災後、県は2車線だった県道を「4車線にする」と決め、店舗のあった場所には建築制限がかかり、岡本商店は立ち退きを求められています。それでも岡本商店の矢野さんは、「一日も早く、元の場所で再建したい」と願っています。そこには、これまで商店を支えていた先代、義理の母への想いがありました。

◆母さんを益城町に戻してあげたい
今後については全く先が見えない状態です。地震直後〜1年後ぐらいまでは、よしまた頑張ってお店再建してまたやり直さんといかんね、という気持ちの方が100%だったんですけど、これが長期化して2年目になると、さぁ頑張るぞという気持ちよりも不安の方が占める割合が大きくなってくる。2年でこれですから3年後にはどうなるかと思ったら、自分たちのモチベーションもそこまで続くのかなという不安はありますね。今この仮説の店舗の期限が3年ということで来年の秋には一旦答えを出さないといけない。その時もしまだ県との話し合いが続いていて次行く場所が決まってなければひょっとしたらこのお店もリースの期限が切れるのでお店も一旦たたまなければならないかなと。ただ一旦お店をたたんで次再開となると、自分たちの気持ちの面も一旦途切れてしまうと次再建したい、という気持ちが出るのかも不安だし。だから一日でも早くお店再開したいというのが今の気持ちですね。
(お母さんの自宅でもあったので、自宅再建の目途が立たないということですよね)そうですね、今母さんも見なし仮設に住んでいるんですけど、そっちも期限が決まっているので、自宅再建もできない、自分たちの土地なのにそこに建物が建てられない、複雑です…。とにかく母さんを益城町に戻してやりたい。場所を代えてでもそこに岡本商店の土地を買ってそこにお店と家を建てて母さんが安心して生活できる空間に戻してやりたい。そういった意味ではまた益城町で、という想いは強いです。
今までいろんな方たちに地震後助けられてきたし仮設のお店ですけど皆さん応援してくださるんで「益城プリン買いに来ました!頑張ってください!」って言われるとやっぱりそれはエネルギーになりますね。



阿蘇のジャージー牛乳使用、岡本商店の「益城プリン」はなめらかで甘さ控え目、牛乳の旨みがダイレクトに味わえます。カラメルを混ぜると2度楽しめます!ノーマルの他、黒ゴマ、コーヒー、お茶味の「茶っぷりん」もお試しあれ!
場所は「益城テクノ団地笑店街」。詳しくは岡本商店のfacebookをご覧ください。

パーソナリティ(月ー水)中西哲生・ケリーアン(木)中西哲生・綿谷エリナ(金)速水健朗・綿谷エリナ

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

LOVE & HOPE スペシャル 7年目の春便り〜ふたつの故郷(ふるさと)〜

TOKYO FM サンデースペシャル やさしい日本語 Supported by ヒューマンアカデミー

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN