2018年6月7日

6月7日 トルコギキョウの里・山木屋のいま(2)

引き続き福島県川俣町・山木屋地区でトルコギキョウの生産をされている、菅野洋一さんのインタビューです。

山木屋は、質の高いトルコギキョウの切り花などの産地として全国的に有名です。震災の影響で、数年間にわたり生産がストップしましたが、
生産者の方々は復興の先導役になろうと、いちはやく再開に取り組んできました。そして現在 山木屋では8軒の農家がトルコギキョウの生産を再開しています。

もちろん再開にあたっては、放射性物質が「検出されない」こともしっかり確認しています。懸念された「風評被害」も、大きな影響はなかったそうです。

◆山木屋のトルコギキョウのブランド力!
再開したのは4年前です。その時に市場に行ったんですけどごく一部の消費者の中にはちょっと嫌う人もいたんですが全然問題なく、前年と同じくらい販売はできていました。値段も下がらなかったですね。今は震災前よりも少し価格も高めかな。相場的なものもあるんでしょうけれども販売はできていますね。ブランド化していましたから。ですから他のものよりは何割が高く販売していましたので、今もそれは変わらないということですね。


ということで、トルコギキョウの生産は、良い方向へ行っているみたい。ただ、きのうもお伝えしましたが、人口減・高齢化の問題は根深く続いている。
とくに山木屋地区は、去年の春、避難指示が解除されたのですが、帰還された人数は、住民のおよそ4割にとどまっています。

◆これからの課題
山木屋のごく一部の地区が避難だったので、川俣町自体はそのまま生活をしているんですけれども、いずれにしろ若者が少なくなっていますよね。川俣町からも県外に避難してる人がいますからね。除染は環境省が言う分には終わったと言っています。でもそれは住宅、家の周りの20メートルですね。里山はやっていない。結局われわれは里山で生活してきたわけで、山菜をとったり木を切ったりしてきたわけですから、そこをしっかりやってもらわないと正直我々としては除染が終わったとは言えないんじゃないかなと思っているんですけども。でもなかなか国の方ではその辺はね。ですから、自分たちの生活をするところだけをやりますけれども、ただ、それ以上はなかなかできないので。あまり山には入らないで生活をする状態になるのかなと思っていますけどね。この地区は4割が帰還したと言いましたけれども、現実には若いものは戻って来なくて年寄りだけ。僕らの子どももそうですけれども、川俣町内に住んで通勤農業をしています。若者はみんなそういう形ですね。ここらで寝泊まりしているのは年寄りだけと言うことで、年配の人たちはいずれ、なくなるもんですから、そしたらこの部落はもう終わりになってしまうんじゃないかな。その辺が非常に心配なところですね。


厳しい現実はありますが、20代の若い農家さんもいらっしゃるという話しですし、ぜひ応援していきましょう!今年も、山木屋の美しいトルコギキョウ、もうすぐ出荷されます!

◆頑張って作った花です
出荷は7月の上旬から10月いっぱいくらいまで。寒暖のある所で育っていますから発色が良くて気持ちが良いですね。他の産地と比べれば日持ちがまるっきり違います。今は大変な状況で、頑張って作った花なので、ぜひともうちの花を見かけたらば、大切に扱って飾っていただければなと考えております。

                                                            
★山木屋地区の生産者グループ「あぶくまカットフラワーグループ」はこちら                                                                

あしたは、福島県楢葉町(ならはまち)を日本酒で応援する取り組み、お伝えします。

パーソナリティ(月ー水)中西哲生・ケリーアン(木)中西哲生・綿谷エリナ(金)速水健朗・綿谷エリナ

メッセージ、ご意見、プレゼントご応募はこちら

LOVE & HOPE スペシャル 7年目の春便り〜ふたつの故郷(ふるさと)〜

TOKYO FM サンデースペシャル やさしい日本語 Supported by ヒューマンアカデミー

「LOVE&HOPE〜防災ハンドブック2015」PDF版ダウンロード配信中

アーカイブ

  • いのちの森
  • Support Our Kid's
  • TOKYO FM
  • JFN