LL教室初「L」以外の黒板!?
NEWシングル『ASH』のカップリング曲を初解禁!!

LiSA LOCKS! 2017.11.13 月曜日

SCHOOL OF LOCK!


LiSA「生徒のみなさんこんばんは!11月初登校!LiSAのスペルは…

L

i

S

A

LiSA先生です!

LiSA「1ヶ月ぶりの登校ですが、まずは書き込みを紹介します!」

LiSA先生がついに復活!
LiSA先生の体調戻って中国のライブやLDPホールツアーがやれることが出来て良かったです!あともう少しでホールツアー終わると思うので頑張ってください!
もちろん体調管理も忘れずに!
トモくんはLiSAちゃん命!!
奈良県/18歳/男の子

LiSA「そうなんです、ごめんなさい。パレード続けてたんですけど、一時中断してしまいました。栃木公演が延期になってしまって、ご心配おかけしました。一回落ち込んだんですけど、お休みして、おかげさまでちゃんと復活して、その後の高松公演はとっても楽しくやらせてもらいました。そのパワー全部連れて、延期してしまった12月3日、日曜日の栃木公演、ぜひ待っててほしいなと思います!

SCHOOL OF LOCK!


LiSA「復活してから中国でもライブしてきました。「ABU TV ソング・フェスティバル」というテレビの生放送に出演してきたんですが、めちゃくちゃ大変でしたね。日本のテレビとはまた環境が違って、アジアを中心に色んな国の代表の方が来て歌を歌うんですけど、それぞれ勝手が違うんですよ。マイク、その遠さで音拾う?みたいな遠さで歌ってる国の人とかもいて(笑)国によって色んな歌、曲のジャンルもあって面白かったです!

LiSA「女性、男性、アイドル、色んなジャンルの方が来てました。そして色んな国の方に声をかけてもらって、「LiSA、写真撮って!」って言ってもらって、「私のこと知ってるの?」って聞いたら、「アニメ見てるよ!」って話してくれて、めちゃくちゃ嬉しかったですね。ザンビアっていうアフリカの方にもお声がけいただいて、「LiSA!LiSA!俺の国に来てコラボしようよ!大使館通しておくから!」って言われて、なんやそれ!みたいな(笑)すごいことが起きてるなと思いました。国境を越えて自分のことを知ってくれてる人がいて、その人たちから一緒に歌おうよって言われて、アニメってすごい、日本って、音楽ってすごいなと思いました

SCHOOL OF LOCK!


LiSA「さて、初日の授業はこちらをお届けしたいと思います!」

LiSA「はい!黒板には11月29日に発売になる『ASH』の、カップリング曲のタイトルを書きました!が、まだ読みません!ただ、「L」じゃない黒板を初めて書きましたね。LL教室ってL縛りじゃなくていいんだ(笑)あっさりとLじゃなくなりましたけど、カップリングのタイトルですからね!では、『ASH』のカップリングを初解禁したいと思います!タイトルは曲を聴いてもらってから発表したいと思います!それでは、どうぞ!」



M 罪人/LiSA



SCHOOL OF LOCK!


LiSA罪人を聴いていただきました!初めて「L」以外の黒板を書きましたが、それが『罪人』です。重たいよ〜(笑)もっとポップなやつ書きたかったよ!」

LiSA「でもこの曲、めちゃくちゃかっこいいでしょ?実は作詞は私、LiSAが担当してます。タイトルも私がつけましたが、作曲をMY FIRST STORYのSHOさんにお願いしました。というのも、『ASH』も今回、シドさんにお願いしたので、せっかくだったら、シングルも今年3枚目ですし、楽しい音楽の作り方ができないかなと思って。誰かとコラボレーションした音楽、幅が広がる革命が起きたらいいなと思って、覚醒したらいいなと思いました。その中で、サウンドがラウドなものを作っていただきたいなというのと、一緒に楽しく音楽を作れるのは誰かなって考えた時に、MY FIRST STORYSHOさんでした。SHOさんは実は、ステージに立つことは今はしてないんですね。メンバーなんですけど、どちらかというとサウンドクリエイティブの方に徹底していて、MY FIRST STORYの曲を作ったり、他の方に楽曲提供をされたりすることが多いので、今回、そのタイミングでお願いさせてもらいました」

LiSAやっぱりサウンドはラウドなんですけど、和メロというか、歌謡メロをくださって、いただいた時に、サウンドがすごく現代的なのに、日本人が好きなメロディアスな部分があって言葉が乗せやすいなと思いました。このサウンドとメロディで、夢や希望を歌うのもすごく合うなと思ったんですけど、それだったらMY FIRST STORYが歌った方がかっこいいだろうなって思ったので、女の人が歌う意味、その中で私が歌いたいことってなんだろう思った時に、このヒリヒリしたサウンドに、ヒリヒリした感情を乗せたいなと思って、「嫉妬」という感情を『罪人』という曲で、歌詞で書いています。捉え方によって、罪人が女性なのか、男性なのかもあると思います。そして1フレーズ目から「逃げたりしないでね」っていうパンチのあるワードが来る。今、自分で聴きながら、結構パンチあるって思いました」

LiSA「SHOさんに歌詞見せる時、緊張するなって思ってて、求めてるものと違いますって言われたらどうしようと思ったんですけど、提示した時に、「この歌詞めちゃくちゃいいね」って言ってくれて、喜んでくれて、作っている人が喜んでくれるってすごく嬉しいなと思いました。レコーディングの中でも、クセのあるものというよりは、エモーショナルにサウンド重視で、自分の声をサウンドとして歌う歌い方ができたらいいなと思って作りました。なので音で聴いても、言葉で見ても、また違う楽しみ方ができる楽曲になっています!かっこいいでしょ?

LiSA「みなさんぜひ、楽曲の感想を[LiSA LOCKS!の掲示板]に書き込んでください!そして、明日の授業では、もう一つのカップリング曲も初解禁したいと思います!お楽しみに!それでは、校長、教頭、生徒のみなさん、今月もよろしくお願いします!」

SCHOOL OF LOCK!
- Prev                 Next -
<   2017年11月   >
MonTueWedThuFriSatSun
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE