「SCHOOL OF LOCK!」発!音楽の甲子園!10代の挑戦者 エントリー締切り迫る!

button_entry 応募締切りは5月7日

未確認フェスティバルとは?

コピバンコース ラップコース 募集開始!
NEXT RIOT FUTURE

未確認フェスティバルとは?

衝動、センス、可能性、全国から”未確認な才能”が集結する10代アーティスト限定、唯一無二の音楽祭!

未確認フェスティバルは、TOKYO FMから全国38局ネットで絶賛放送中!”未来の鍵を握る学校”『SCHOOL OF LOCK!』と「TOWER  RECORDS」「ドコモ」「レコチョク」が運営する、インディーズおよび新人アーティストの活動支援サイト「Eggs」がタッグを組んで送る、10代アーティストのための参加型音楽フェスティバルです。バンドにかける少年たち。未来を歌うシンガーソングライター。日常を発散する若きラッパー。音楽に夢を馳せる10代のアマチュアアーティストたちが、その“未完の才能”を武器に、新木場スタジオコーストで開催される「夏フェス」の出場をかけしのぎ削る、音楽の甲子園!

すべては、あなたがデモ音源を応募することから始まります。
2015年の初年度は3,254組、2016年度は3,364組の応募がありましたが、
そのすべてを未確認事務局(=スクール・オブ・ロック!、タワーレコード、レコチョクの審査スタッフ)が審査。
デモ音源審査を通過すれば、リスナーもインターネット上で投票可能なネット審査に進みます。
ここを勝ち進めば、東京・大阪・名古屋の各ライヴハウスに
オーディエンスを入れて行う3次ライヴ審査へ進み、
そこで総合力の高かったアーティストが”ファイナリスト”として、8月末に行わる最後の本戦、
「新木場スタジオコースト」のファイナルステージへと駒を進めます。
2015年、2016年ともにファイナリストは8組。
グランプリに輝いたアーティストには優勝賞金として
100万円とタワーレコードからCDリリースする権利が授与されます。

閃光ライオットの意志を受け継ぎ、
2015年に産声をあげた”未確認フェスティバル”は、
未だ、誰にも認められていない。それでも鳴らさずにはいられない音。
未だ、これが何だか分からない。それでも叫ばずにはいられない衝動。

そんな”不確かで、確かな鼓動”が全国から集う、夏の一日。

「ずっと自分の中にあるモヤモヤを、何かにぶつけたい!」
「自分が、他のヤツらよりすげーってことを証明したい!」
「誰かに認められるなんて、どーでもいい!とにかく、デッカいステージでLIVEがしたい!」

動機なんて、何でもいい。
誰も知らない”未確認”な才能を、真夏の空に響かせてくれ!
今まで想像したこともなかった”自分”に出会える特別な夏の一日。

close

5/7(日)締切

デモ審査

まずは、みんなが送ってくれた”デモ音源”or”映像”を未確認フェスの審査員が審査!

7/16から、全国のライブハウスで実施!

ライブステージ

ネットステージを勝ち抜くと、オーディエンスを招いてのLIVE審査!楽曲だけでなく、オーディエンスの盛り上がりも審査の対象に!
7月16日(日)
名古屋会場 CLUB QUATTRO(栄)
7月22日(土)
大阪会場 Music Club JANUS(心斎橋)
7月29日(土)
東京会場 TSUTAYA O-WEST(渋谷)

ファイナルまでの道のり

Road to MIKAKUNIN FINAL!

ネットステージ

デモ審査を通過すると、リスナーも投票できるネットステージへ。送ってくれた楽曲は、「Eggs」内特設ページにUPされる!

8/27 新木場STUDIO COAST

ファイナルステージ

全国各地のLIVEハウスで、オーディエンスの評価を勝ち取ったアーティストが、8月27日(日)新木場STUDIO COASTで開催されるファイナルステージ「未確認フェスティバル」に出場!当日のステージで最も多くの評価、投票を集めたアーティストには、優勝賞金100万円!!さらに、タワーレコードからCDを全国リリースできる権利を獲得!