4年前に声優になる夢を持って逆電に登場してくれた生徒の“今”を聴いていく!

応援LOCKS! 2017.5.5 金曜日

ロッテToppoのサポートによる応援LOCKS! は、今年の6月まで!

あしざわ教頭「だけど、部活動を今も頑張っている生徒! そして今年、受験生になったみんなを応援していくことは変わりません!」

さぁ! 残り2ヶ月間はこのテーマでお届けしていきます!



「応援LOCKS! に出た生徒のエピソードを聴いて未来が変わった!」
「歴代の応援部顧問からの、あの応援があったから、最後まで踏ん張る事ができた!」


応援LOCKS! を聴いてくれていた生徒、応援LOCKS! に出てくれた生徒から、未来を掴んだエピソードを送ってほしいと思います!

SCHOOL OF LOCK!


書き込みを紹介します!


我夢者羅道×応援LOCKS!
久しぶりにこちらの掲示板に書き込みさせていただきます。私は2013年4月12日の応援LOCKS「我夢者羅道」の1人目の入門者として逆電させていただきました!それから数年スクールオブロックを離れていたため全然聞けていなかったので応援LOCKSがなくなる?と聞いて急いで書き込みました。
この書き込みが乗るかわからないけど、今の私の状況を書き込もうと思います!
私は教員免許を持つ声優になると我夢者羅道に入門しました。2013年と言えばまだ高校生で、今は21歳になりました。結論からいうと今は保育士免許を取って短大を卒業し、バイトしながら声優の養成所に通っています。あの頃言っていた教員免許は保育士免許に変わり、声優は今勉強中です。我夢者羅道に入門した頃は根拠のない自信からかその道一本を見つめていて突っ走っていました。ただ、センターの勉強でこけて、勉強がうまくいかなくなって、ふさぎ混んで、進路もそれて一時期声優を諦めかけました。 でも、バイトである出会いがあって今また声優を目指して頑張っています。その出会いはバイト先のマネージャーです。マネージャーは声優の専門学校を出ていてその道を知っている方だったのです。それからその縁もあって地元の舞台に出たりして自分で演技というものを経験してそこでやっぱり私は声優になるって夢を諦めちゃいけない!と再確認しました。それから、ゆっくりですが養成所で声優の勉強をしています。横澤先生見たいに生徒だった私がSOLに声優として帰りたいななんて野望を持って生きてます。
逆電のときはよしだ教頭だったのであしざわ教頭とははじめましてになります。応援LOCKSがなくなるのは悲しいです。でも私を含め多くの生徒の心の源になったことでしょう!本当に応援LOCKSに感謝。
くすのき♪♪
女性/21歳/長野県
2017-04-21 23:06


あしざわ顧問「詳しく話を聞かせてもらいましょう! もしもし!」

くすのき♪♪ 長野県 21歳 女性

くすのき♪♪「もしもし!」

とーやま校長「4年以上ぶりか! 元気にしてた?」

くすのき♪♪「元気です!」

とーやま校長「くすのき♪♪っていうラジオネームもしっかりと覚えていたよ! 俺の後輩にくすのきっていう女の子がいるんだけど、その子とラジオネームが同じだって当時思ったことまで覚えていたくらい!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ顧問「すごい! 当時は、よしだ顧問ってことだよね?」

くすのき♪♪「そうですね」

あしざわ顧問「僕とは初めましてだね! そして、書き込みありがとう! 当時は、『教員免許を持つ声優になる』という夢を持って我武者羅道に入門したんだね。その時のことって覚えてる?」

くすのき♪♪「覚えてます! 夢を応援してもらったのと、校長と早口言葉で対決しました!」

あしざわ顧問「昔から変わらないですね〜(笑)」

とーやま校長「どの早口言葉か覚えてる?」

くすのき♪♪「新春シャンソンショーを3回言いました」

とーやま校長「ちょっと、その早口言葉言ってみて!」

くすのき♪♪「えっ!(笑) …新春シャンソンショー、新春シャンソンショー、新春シャンソンショー!」

あしざわ顧問「すごい!!」

とーやま校長「いいね! それで……」

あしざわ顧問「いやいや、校長もやってくださいよ!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「だって、くすのき♪♪は声優を目指してやっているんだから勝てるわけないじゃん! 俺なんてラジオで毎日しゃべっているだけだから!」

あしざわ顧問「そこが強みだろ!(笑)」

とーやま校長「(笑) でも、発音もしっかりしているし、さすがだね!」

くすのき♪♪「ありがとうございます!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ顧問「当時、くすのき♪♪は、夢を目指すために教員免許を取ろうとしていたんだよね。だけど、それが保育士免許に変わったんだよね?」

くすのき♪♪「そうですね」

あしざわ顧問「それはどういう流れでそうなったの?」

くすのき♪♪「高校受験をした時に、わりと判定が悪かったんですけど、なんとか受かることが出来たんです。その感じで大学もなんとかなるだろうって思いながら、先生と1:1で勉強を教えてもらったりしていたんですけど、なかなか点数が上がらなくて…」

その結果、センターではE判定をもらってしまったのだそう。
そして、教員免許を取れる学校に行くという選択を諦めたのだとか。

くすのき♪♪「そこで一気に崩れてしまって。でも、何かしら資格は持っていた方が良いだろうってことで、保育士の免許が取れる短大に行くことにしました」

とーやま校長「なるほどね」

あしざわ顧問「でも、保育士免許を取れるってこともすごいことだよ! そこは誇りを持っていいよ」

とーやま校長「結果的には望んではないところに行ったようだけど、それも間違いじゃなかったわけだよね」

SCHOOL OF LOCK!


くすのき♪♪「そうですね!」

あしざわ顧問「しかもそこから、諦めかけた声優の仕事も目指してやっているんだよね! これはどうして?」

くすのき♪♪「大学の2年生から始めたバイトがあるんですけど、そこのマネージャーさんが声優の勉強ができる学校に通っていたんです。
それで、地元の劇団の方と縁がある方でもあったので、”進路どうしよう?”っていう話をマネージャーとしている時に『劇を観に行ってみないか?』って誘われたんです」

そして、その劇団のお芝居を観に行ったRN くすのき♪♪

くすのき♪♪「その際に、マネージャーも横にいたので、劇団に入ることにその場でなってしまって…(笑)」

あしざわ顧問「すごい!」

くすのき♪♪「そこから半年後くらいに大きめの舞台をやるって話があって、自分にも役
が与えられるチャンスをもらったんです!」

とーやま校長「すごいじゃん!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ顧問「その舞台は、どうだった?」

くすのき♪♪「ちょっとした役ではあったんですけど、人前で演技をしたらどうなるのかって舞台に出るまで分かっていなかったんです。でも、立ってみたら意外と緊張はしなくて」

とーやま校長「向いているんじゃないかな?」

くすのき♪♪「そうなんですかね? それよりも、演技をすることの方が楽しかったっていうのが印象に残っています。
そこで、よしだ顧問に応援してもらって、とーやま校長と対決したのを思い出して『やっぱり、声優は諦めちゃダメだ』って思ったんです」

あしざわ顧問「すごいね。色んなものが繋がっているんだな!」

そこから、今は養成所に通っているというRN くすのき♪♪!
声優の道に進むと決めたのは自分なので、養成所の月謝はすべて自分のバイト代からまかなっているのだそう!

とーやま校長「たくましい! それに、その方が絶対に良いと思う。親とかに払ってもらってしまうと、自分が身を削ったお金じゃないから”休んじゃおうかな”って思っちゃいがちだと思うんだ。
自分で全部やらないといけないっていうのは、良い意味で自分を追い詰める状態でもあるわけだからね! 素晴らしいよ!」

SCHOOL OF LOCK!


くすのき♪♪「ありがとうございます!!」

あしざわ顧問「一瞬、心が折れそうになっていたくすのき♪♪が、今こうやって頑張っているわけじゃん!」

とーやま校長「本当だよね! よくやったよ!」

あしざわ顧問「今聴いている生徒や、応援部掲示板に向けて、言葉をもらってもいい?」

くすのき♪♪「はい! 掲示板を見ていたりすると、私のように進路に迷っていたり、不安定な気持ちでいる生徒がたくさんいるんです。
でも、諦めて何もやらずに後悔するっていうのは、自分の精神が不安定になるくらい、悔しくて
何をしたらいいのか分からなくなっちゃうくらいなので、
ちょっと不安に思っても、大学に行くか迷っていても、一回は受けて見ないとその先は分からないので、ぜひ力を振り絞って、勇気を出して進んで行って欲しいと思います!」

あしざわ顧問「うん! いつか、SCHOOL OF LOCK!に声優の先生として来て欲しいよ! 待ってるから!」

くすのき♪♪「そうなんです! SCHOOL OF LOCK!に声優として出て、”生徒でした!”って言いたいんです!」

あしざわ顧問「良いじゃん! 大歓迎だよ! その時を夢みて待ってるね!!」

くすのき♪♪「はい!」

とーやま校長「(くすのき♪♪が来校した時には)『くすのき♪♪先生、来校ありがとうございます!』って大きな文字が書かれた横断幕掲げて待ってるから!」

あしざわ顧問「待ってるよ! よし、最後に、気合い入れて大きな声で応援させてくれ!」

あしざわ顧問・とーやま校長「くすのき♪♪ 頑張れぃ!!!!」

くすのき♪♪「ありがとうございます!!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ顧問「くすのき♪♪みたいに”ちょっと心が辛いんです”っていうやつらも、先輩たちの姿を見て頑張って欲しいな!」

とーやま校長「折れかけた心っていうのは、こういう時のための燃料であり、武器でもありますから!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ顧問「むしろチャンスだと思って、みんな頑張れ!!!」


応援LOCKS! を聴いてくれていた生徒、応援LOCKS! に出てくれた生徒から、
「応援が変えた君の未来!」というテーマで、メッセージを募集しています!

「応援LOCKS! に出た生徒のエピソードを聴いて未来が変わった!」
「歴代の応援部顧問からの、あの応援があったから、最後まで踏ん張る事ができた!」


そんな未来を掴んだエピソードを応援部掲示板に書き込んでください。
逆電に出てくれた生徒には、感謝の気持ちを込めて、ロッテToppo10個をプレゼントします!!!

SCHOOL OF LOCK!


お前たちは1人じゃない!
SCHOOL OF LOCK!は、学校を挙げて、
受験生を応援しているぞ!!!

SCHOOL OF LOCK!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
くすのき♪♪ 長野県 21歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
- Prev                 Next -
<   2017年5月   >
MonTueWedThuFriSatSun
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE