『斜陽ライオット』 第1次音源審査(2)

サカナLOCKS! 2014.6.5 木曜日


20140605_s01.jpg




ギター始める
一朗先生ギターを買うならどのメーカーのどのギターが良いですか?ちなみに僕はエレキギターを買うと思ってます。 一朗先生教えてください。お願いします。
怪盗ピーマン
男/12/埼玉県





山口「一郎先生、ギターを買うとしたらね、ギブソン(Gibson)の335っていうギターを買ったんですけど、同じものがもう一本欲しいですね。作られた年代が違うやつ。ちなみにね……40万くらいだね(笑)。40万円くらいするギターです、先生が欲しいのは。12才の怪盗ピーマンはエレキギターが欲しいのか。いくらくらいのギターを買おうと思っているのかな。12才でギターを始めるとしたら……アンプとかも必要だったりするでしょ?シールド、アンプ、肩からかけるストラップ、チューナー、あと、ギタースタンドね。そうだな〜。セットで3万円くらいのやつかな。楽器屋さんとかに行くと、今もセットとかってあるのかな?ひょっとしたら、インターネットで探した方が良いかもしれない。だけど、先生が怪盗ピーマンにひとつだけアドバイスするとしたら、楽器屋さんに行って、1回すごく高いギターを試し弾きさせてもらおう。その音を覚えて、安いギターを弾いてみよう。その音の違いが分かると、選ぶギターが変わってくるから。良いギターを試し弾きして、自分の使っているギターの音を覚えましょう、目標はそこで。……大丈夫かな?」


20140605_s02.jpg



SCHOOL OF LOCK! の生放送教室の方では、10代だけが出演できる蒼き夏フェス『閃光ライオット2014』第3次LIVE審査の出場者が続々と発表されていますが、今回のサカナLOCKS!は "二十歳以上限定" 『斜陽ライオット』宛に届いた大人の音源を紹介していきます。



20140605_s10.jpg


「では行きます!10代以上限定……」


ジングル『斜陽ライオット!!!』



20140605_s03.jpg


「あははは!(笑) これ、録ってもらったんですか?(笑) 本格的に始まって参りました!斜陽ライオット!音楽は何才になっても楽しむ事ができます。何才から始めたってOK!そんな思いから始めた斜陽ライオット。今夜も第1次音源審査を(笑)。いずれ、ちゃんとライブやりますからね。先生がちゃんとハコ(会場)借りますから!さっそく紹介していきたいと思いますよ。」




初めて応募させていただきます。
私達はイワモリというユニットでボーカルとギターの2人組で活動しています。
音楽性としては打ち込みのバックトラックをメインとしたダンスミュージックです。主な活動としては2013年から毎月Youtubeに新曲を公開しており、公開している動画はスタジオで一発録りの作品となっています。
イワモリ
男/34/東京都






20140605_s04.jpg


「打ち込みのバックトラックをメインとしたダンスミュージック……なるほどね〜。10代ってあんまりダンスミュージックを作っている人はいないですもんね。閃光ライオットにはダンスミュージックって届いた事あるんですかね?……あんまりない?そっか、これは斜陽ライオットならではかもしれないですね。それでは楽曲を聴いてみましょう。」


M Delight / イワモリ



20140605_s05.jpg


「おぉ〜。なるほどね。さすが34才のボーカルとギターの2人組ということで、完成度はすごく高いトラックになっていると思いますね。ダンスミュージックとなってくると、グルーヴが命になってくると思いますので、もう少しリズムで面白いリズムを作った方が良いのかなと。今は4つ打ちのビート感は強いけど、先生がやるなら……もうちょっと重心を下げるかな。ベースとキックの。キックがハウスっぽすぎる感じがするけどね。あと、ちょっと和音で気持ち悪い所がある。狙っているのかもしれないけど、先生はちょっと嫌かな〜。それが微妙にポップ感を抑えているっていうところもあるかもしれないけど、ちょっと気持ち悪すぎるかな〜……。わざとなら、もうちょっとわざとらしくやった方が良いかな。あと、こういう曲は圧倒的に耳に残るメインフレーズが必要になってきますね。それがちょっと弱いかなと思います。……厳しく言うと。ちょっと厳しすぎるか(笑)。上から目線になってすみませんが(笑)、僕が感じた感想ね。」


そして今回はもう一組、紹介します。




初めまして、東京都内で「pertorika(ペルトリカ)」という4人編成POPSバンドでキーボードを弾いているizumiと申します。
(斜陽ながら毎週欠かさず楽しみに聴かせて頂いております。笑)
我々pertorikaはアコースティック寄りでオーガニックな楽曲が多いのですが、
周囲やTwitter等にてポツポツと「ボーカル三井の声が山口先生に似ている」という反応があります。音楽性だけ見るとほぼ対極に居るようなサウンドですが、活動当初より意外にもそんな意見を頂いて来ました。
是非山口先生にも聴いてみて頂けると嬉しいです。よろしければご感想をくださいませ!
izumi
女/27/神奈川県





20140605_s06.jpg


「しっかりしてるな〜、文章が(笑)。なるほどね。僕の声に似ているってことは、男性ボーカルなのかな?男女混合の4人編成のポップスバンド。キーボードがいるということは、編成もサカナクションに似ているのかもしれませんね。それでは聴いてみましょう。」


M 変わらないもの / pertorika


20140605_s07.jpg


「バッチリじゃん!いいね〜。うわ〜、すごいね。完成度高すぎるでしょう(笑)。歌詞もすごく好きでした。どういうところが良いなって思ったかというと、最初、歌が始まった時はソロだったけど、バンドが入ってからボーカルがダブルになっているんですね。そこでちょっと時代感が出るのが良いなって思ったし、あとは、さりげないミックスですね。ドラムとピアノとギターのこのバランス。なかなかこういう風にシンプルにミックスして上手に聴こえるっていうのは難しいんですね、実は。だけど、ボーカルに存在感があるのでそれが成立しているんだと思うし。あと、サビに入る時のコード感もすごい好き。でも、サビ中のコード感が惜しいね。メロディはすごく良いんだけど、もうちょっと、このメロディに活きるコード感があるはず。もっと、もっと染みさせることができたら良いのにね。サビでぐっとくる感じがね。行きたい所は間違っていないと思うんですけど。でも、ものすごい優秀。優秀っていうか……、優秀ですよね(笑)。27才でバンドを真剣にやってたら。どうですか?ビクターの上から20番目に偉い人、ここに居ますけど。(20番目の人が答える)……SPEEDSTAR RECORDSとか、合うんじゃないですか、と。うん。先生、他の曲も聴いてみたい!pertorika、YouTubeとかで検索したらあるのかな?(※後で調べたら、ありました!) 生徒諸君もチェックしてみたらいかがでしょうか。先生、すごく好きです!」


ということで、そろそろ授業終了の時間です。
斜陽ライオット、2回目の審査でしたが、山口先生はどんな感想でしょうか。


20140605_s08.jpg


「やっぱり、年齢が高い人たちの音源を聴くと、それだけ完成度は高いなって思いますね。それだけ音楽に時間を費やしてきた表れだと思うんですけど。閃光ライオットの方はやっぱり "歌もの" ……ロックだったりフォークだったり、歌が入っているものが多いと思うんですけど、斜陽ライオットは歌が無くたって良いですからね。すごくカッコイイトラックができたら、8小節のトラックでも良いですよ。「8小節のカッコいいトラックができました!」って送ってきてくれても良いです。歌が無いダンスミュージックとかも募集していますので。10代以外の生徒は、是非、斜陽ライオットに音源を送って、夢を諦めないでください。」


ということで、今回の授業はここまで。
10代以上の生徒の皆さん、音源お待ちしています。
応募は、[ コチラ ]から!


20140605_s09.jpg
- Prev || 1 || Next -
<   2014年6月   >
MonTueWedThuFriSatSun
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE