セカオワLOCKS!

9月22日(金)のセカオワ LOCKS!は・・・

世界の始まり“世界始”の講師セカオワ先生が4人揃って授業!
彼女の顔を見た瞬間、恋が始まりました。ギターをもらって自分の曲を作り始めました。
など、キミの新しい世界が始まった瞬間を教えて下さい。
その他、セカオワ先生に質問したいこと、伝えたいこと、キミからのメッセージは
【セカオワ掲示板】に書き込んでね!

「RPG」初オンエア

セカオワLOCKS! 2013.4.19 金曜日

今夜はメッセージ紹介から!
 
熊本県・ボーっと日を服piano boyくん (15)
タイトル:高校っ!
僕はずっと目指していた高校の英語科に合格しましたっ!!
しかし、その高校の英語科は、40人のクラスの中に6人しか男子がいません。
そして、1クラスしかないので3年間クラス替えもありません。
セカオワ先生たちも、ずっとメンバーとスタッフと一緒なわけですが、ずっと仲良くする秘訣ってありますか?
僕が考えるに、あまりお互い鑑賞し合わないことだと思うのですが...。
 
Nakajin「というわけなんですけど。」
 
Fukase「ダメですよ、こんないきなりネガティブじゃ。」
 
DJ LOVE「40人中6人しか男子がいないクラスでいきなりネガティブじゃ3年間地獄ですよ!」
 
全員「 (笑) 」
 
Saori「そうだよね、これ、私の高校と完全に同じ状況なんですよ。」
 
Nakajin「Saoriちゃん、高校の時は何科っていうの?あれ。」
 
Saori「私は音楽科ってところで1年から3年まで同じクラス。40人ぐらいだったけど男子は3人だけ。」
 
DJ LOVE「3人か〜。」
 
Saori「1人はすっごい社交的な人で、1人はお母さん大好き的な人で...」
 
Fukase「これもし本人が聞いてたらどう思うかなぁ (笑) 」
 
Saori「あと1人は.....普通の人。」
 
DJ LOVE「それが一番ヒドい言い方!!!!」
 
Saori「ゴメン (笑) で、社交的な男の子は女子とも仲良くするしご飯も食べるし..みたいな感じで、すっごいモテたんですよ!」
 
Nakajin「モテるんだね、そういう人は。」
 
Saori「だから干渉し合わないとか言わないで、社交的にしたほうがいいよ絶対!」
 
Fukase「あとマジメにひとつだけ言わせてもらうと、迷惑について温厚になるというか、迷惑をかけられても怒らないようにするのがいいと思う。」
 
Nakajin「というと?」
 
Fukase「人に迷惑をかけないように生きていこうと思うよりも、迷惑をかけてしまうことがあるのはしょうがないから、人の迷惑もちゃんと受け入れること。」
 
Saori「うんうん。」
 
Fukase「あのね、つまんないことでグダグダ言わないってことが仲良くする秘訣だと思うの。」
 
Saori「いちいちうるさいとちょっとね...」
 
Fukase「そうそう。そういうときは「いちいちうるさい!」ってちゃんと言う!!!!」
 
 
・・・piano boyくんへのアドバイスが終了したところで、今夜の授業にいきましょう!
今夜は、先週お伝えした通り、SEKAI NO OWARI先生のニューシングル『RPG』を初フルオンエアーしたいと思います!!!!
 
Nakajin「今回は作詞がSaoriちゃんとFukaseさん。初の共作作詞。」
 
Fukase「うん。」
 
Nakajin「で、作曲がFukaseさん。これ、昔っからメロディーがあった曲だよね?」
 
Fukase「覚えてるのは、Saoriちゃんと昔めちゃくちゃケンカしたことがあって、その時に思い浮かんできたんだよね。」
 
Saori「そんなのあったっけ?」
 
Fukase「下北のスタジオに電車で向かってる時にモ目てさ...」
 
Nakajin「電車を途中で降りちゃったんだよね。」
 
Fukase「そうなんだよ!それで「コイツは途中で電車を降りてどうしてどっかにいってしまうの...」って思ってさ。」
 
DJ LOVE「 (笑) 」
 
Fukase「その時にデレレレ〜レレ〜レレレレ〜レ〜♪って思い浮かんできた (笑) 」
 
Saori「そうなんだ (笑) 」
 
 
Nakajin「で、この曲が今回『映画クレヨンしんちゃん バカうまっ! B級グルメサバイバル!!』の主題歌になっています!」
 
DJ LOVE「嬉しい!!!」
 
Nakajin「日本では代々木第一体育館でのLIVEで初披露したんですけど...」
 
Saori「うんうん。」
 
Nakajin「その前にフランスでLIVEした時にもやってるんだよね。」
 
Fukase「それが初披露ってことになるんだけど、そんな「初披露!」みたいな気持ちはなかったよね。気づいたら「あ、あれが初披露か」みたいな。」
 
 
 
・・・などなど『RPG』について話していると、教室のドアをガラガラ〜っと開ける音が!!!
 
???「失礼シマウマは白黒ついてる〜♪」
 
Nakajin「誰だキミは!?」
 
???「オラ、野原しんのすけだぞ〜♪」
 
全員「おぉ〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!」
 
しんちゃん「おぉ〜! セカオワ先生〜!!!! なんだかキレイなおねえさんがいそうなイイにおいがしたからドアを開けてみたんだけど、Saori先生だったのね〜♪」
 
Saori「しんちゃんイイ子だね〜♥」
 
しんちゃん「Saori先生、オラと放課後の下駄箱で手つなぎおデートしな〜い?」
 
Saori「 (笑) 」
 
Fukase「手つなぎおデート (笑) 」
 
しんちゃん「セカオワ先生は、オラの映画最新作『クレヨンしんちゃん バカうまっ! B級グルメサバイバル!!』の主題歌を歌ってくれてるんだよね〜♪」
 
Nakajin「そうだよ〜!」
 
しんちゃん「オラ、どんなにお腹が空いてても、このお歌を聞くととっても元気が出てくるゾ〜♪」
 
Nakajin「おぉ〜、いいこと言うね!」
 
しんちゃん「んじゃ、オラもう帰るけど、セカオワ先生はちゃんとお勉強するんだぞ!」
 
Fukase「あれ?手つなぎおデートしないのかな...」
 
しんちゃん「あ、そうだLOVEちゃん!! ちゃんと部屋のお掃除しなきゃダメだぞ!!!!」
 
DJ LOVE「ちょっと、なんで知ってんだよ!」
 
全員「 (笑) 」
 
しんちゃん「じゃ、そういうことで〜♪ Saori先生まったね〜♪」
 
Saori「ばいば〜い♪」
 
 
Nakajin「嵐のように帰っていった...」
 
DJ LOVE「っていうかしんちゃん、5歳なのにこんな時間にこんな所に来て大丈夫なの?」
 
Fukase「この映画、すっごい面白いよね。」
 
Saori「みんなで見たけどホントに面白かったよね。」
 
Fukase「ギャグが本当に面白かったんだけど、感動するところもあるしね。」
 
Nakajin「そうなんだよ、ストーリーも本当にしっかりしてて。」
 
Fukase「俺、見る前の勝手なイメージで“運動会”みたいな感じなのかなって思ってたんだけど、良い意味でホントに裏切られた。ホントいい映画!」
 
DJ LOVE「大冒険だよね、これは。」
 
Nakajin「そうそう、あんなに大冒険になるとは思わなかった!じゃあ、そろそろ聞いてもらおうかな?SEKAI NO OWARIで『RPG』!!!」
 
 
M RPG / SEKAI NO OWARI
 
映画『クレヨンしんちゃん バカうまっ! B級グルメサバイバル!!』は、明日4月20日から全国ロードショー!!!!
ぜひとも劇場に足を運んで、大きなスクリーンでしんちゃん達の活躍を見て、大音量の『RPG』を浴びてきて下さい!!!
 
そしてこの『RPG』は5月1日リリース!
ぜひ感想を【セカオワ掲示板】に書き込んでね!!!
 
それじゃ、また来週!!!
- Prev || 1 | 2 | 3 |...| 225 | 226 | 227 |...| 243 | 244 | 245 || Next -
<   2017年9月   >
MonTueWedThuFriSatSun
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE