セカオワLOCKS!

4月27日(金)のセカオワLOCKS!は・・・

今夜の授業は『Saori先生、はじめての補習』!!!!
この3ヶ月間授業をお休みしていたSaori先生が、お休み中にメンズ3人が行なっていた授業を駆け足で補習授業していきます!!
新年の書き初め、川柳、フリートーク、『RAIN合唱コンクール』…などなど、やらなければならないことが沢山!!!!!
果たして時間割通りに授業を終えることができるのか…!?

初めての自己紹介!

セカオワLOCKS! 2018.4.6 金曜日

SCHOOL OF LOCK!




去年、高校に入学し、初めての気持ちを体験しました。
それは、「恋」です!中学は小さい頃から同じメンバーだったので、「恋」という気持ちは分かりませんでした。
ですが、高校に入って、初めて、自分が恋しているのが分かりました。なんか、それがわかった時は新鮮でした。
周りの皆も恋してるし、自分が恋してるのが不思議でした。やっぱ、「恋」っていいですね
あやか!
女の子/16/北海道




Fukase「なるほど!いいですね!甘酸っぱい感じね。LOVEさんどうだったんですか?入学したての頃はそういう甘酸っぱい感じを夢見て、目を輝かせてたのかい?」

DJ LOVE「どうですかね…。大体やんちゃなタイプの人がモテるでしょ?」

Nakajin「そうなんですよね。」

DJ LOVE「そういう現実をたたきつけれられるよね。高校入学してすぐ。」

Nakajin「(笑)」

DJ LOVE「すぐたたきつけられる。」

Nakajin「あやか!もそういう人に恋をしてるのかもしれませんけどね。分かんないですけど。」

Fukase「うん。」

SCHOOL OF LOCK!


Nakajin「小さい頃から同じメンバーだったら、そうなるんですかね。小さい頃から同じなんだけど急に女の子、男の子として意識することあるじゃないですか。ありませんでした?僕はありましたけど…。」

Fukase「え〜〜?俺はすごい小さい頃から女の子として見てた。」

Nakajin「そういうことですか!?」

Fukase「そうじゃない?」

Nakajin「早かったんだね、恋の芽生えが。僕遅かったからですから。僕の中では結構変わった瞬間があって、それは新鮮だったよ。それは中学校くらいかな?」

Fukase「それって僕の初めての彼女じゃないですか?」

Nakajin「あ、そうなんですよ。前ラジオでも喋ったことあるかな?」

Fukase「のちのちNakajinの初恋でもあるってことを聞いてマジかよってなった。」

Nakajin「この思いは秘めておかねばと思ってね(笑)」

Fukase「かなり大人になってから知ったよ。前もって言ってくれてもよくない?ってなったけどね(笑)」

Nakajin「そんなこともありましたね〜。」

Fukase「4月って感じの書き込みですね!」

SCHOOL OF LOCK!


NakajinSCHOOL OF LOCK!新入生の皆さん、ようこそ!セカオワLOCKS!へ!このセカオワLOCKS!は、『世界の始まり』について生徒のみんなと一緒に考える授業です。そして、セカオワLOCKS!はこの4月から7年目に突入します!

一同「すげーー!ありがとうございます!」

DJ LOVE「中1から聴いてる人は大学生になってますね。」

Fukase「7年目ですからね〜。」

Nakajin「高校1年生から聴いてる人は就職になってきますね。」

Fukase「そういうことですね。」

Nakajin「ということで今夜はこちらをお届けします!」

DJ LOVE初めての自己紹介!

Nakajin「新学期といえば『自己紹介』 。新入生のみんなに改めて僕らがどんな人であるのか知ってもらうべく、自己紹介したいと思います。これまでも何度か自己紹介の授業やってるけど7年目ですから、バシッと自己紹介していきましょう!ちなみに、自己紹介の制限時間は1分です!

DJ LOVE「1分は長いよ〜。」

SCHOOL OF LOCK!


Nakajin「手元に過去の自己紹介のやつがあるんですけど…。2011年2013年にやってるんですね!だいぶそれから経ちますね。」

Fukase「僕が自己紹介で言ってることは基本的に“太りやすい”ってことをずっと言ってますね。2年後にも言ってますから、ずっと悩んでるんでしょうね。Nakajinラーメンだったり。2011年の時はかなりがっつり自己紹介ですね。」

Nakajinバイト経験から言ってますよ。面接か!って感じ。LOVEさんはやっぱりマンガ、アニメの話ですね。」

Fukase「いつものやつね。じゃあいきますか!」

Nakajin「僕いきますわ!」

DJ LOVE「では、Nakajinさん自己紹介お願いします!

SCHOOL OF LOCK!


NakajinNakajinです!僕は最近、体を自分でセルフコンディションするのにハマっています。ストレッチポールの使い方はすごいんじゃないかな。日本で右に出る者はいないんじゃないかな。

Fukase「本を出すみたいな(笑)」

Nakajinストレッチポールって縦に背骨の後ろにつけたりするんだけど、僕は縦に使ったり、斜めに使ったり、腰に使ったりとすごいですよ。上に乗ってエクササイズしたりとか、ストレッチポールを愛するNakajinです。……?」

Fukase「…終わらないんだよ。」

DJ LOVE「1分だから。」

Nakajin「あ!!そういうことなんですね。…ストレッチポールのことは俺に聞け!あと、バランスボールもやってるよ!(笑)っていうね。あーうん…。」


<カンカンカンカン!!(終わりのゴング)>


Fukase「バランスボールもやってるのは知らなかったですね。」

Nakajin「やってますよ!バランスボールはあんまりリビングに置けないじゃないですか。」

Fukase「まぁ、邪魔ですよね。」

Nakajin「一時期置いてたけど、端っこのほうに追いやられてるから(笑)置くのやめたよね。自己紹介って難しいよね。」

DJ LOVE「1分って長いよね。」

Nakajin「一番手でよかったかもしれない。」

Fukase「次どうします?」

DJ LOVE「じゃあやろうかな。」

Fukase「どうぞどうぞ。」

Nakajin「ではLOVEさん自己紹介をお願いします。

SCHOOL OF LOCK!


DJ LOVEDJ LOVEです!見たことない人に説明すると、ピエロみたいな顔をしてるんですよ。両親の話とかをすると、“両親もピエロなんですかっ?”って聞かれるけど、そんなことある訳ないんですよ。人間なんです、僕だって。先日、お母さんから“ダイソンの掃除機をください。”っていうその1文だけメールで送られてきたんですよ。掃除機が壊れたので、とかそういう1文もなく、普通にダイソンの掃除機をくださいっていう…。なんて言うんですかね?


<カンカンカンカン!!(終わりのゴング)>

一同笑い

Fukase「自己紹介でもなんでもないじゃん(笑)自己紹介知らないの?(笑)自己紹介で自分のお母さんの話するやついないよ!」

DJ LOVE「買おうとは思ってるんですけど。」

Fukase「なんの話だよ!自己を紹介しろよ!」

Nakajin「意味が分からないですよ。」

Fukase「自己紹介を知らないな?」

Nakajin「LOVEさんのお母さんの話…。」

DJ LOVE「いきなりモノを要求してくるようになったんだよね。欲しいんだろうから、買おうとは思ってるけどね。」

Nakajin「買ってあげたらいいじゃないですか?」

Fukase「じゃあ僕いいですか!」

Nakajin「では最後にFukaseさん自己紹介お願いします!

SCHOOL OF LOCK!


FukaseFukaseです!趣味は最近料理にハマっていて、エプロンを2つ買いました。得意な料理は火鍋です。あと、なんだろう…。海の生き物も動物も好きです。こう見えて海が大好きで、海に入ることが自分のリラックスタイムだと思ってます。あと、魚を食べるための釣りはします。お刺身にして食べます。イメージよりもアクティブなのでよくメンバーとキャンプに行ったりします。あと、甘い物が嫌いです。甘い物好きだと思われるのですが、あんまり食べないので困ります。


<カンカンカンカン!!(終わりのゴング)>


DJ LOVE「今一度言っておかないとね。」

Fukase「これが自己紹介ですよ。」

Nakajin「きれいな自己紹介でしたね。非の打ち所がない。」

DJ LOVE「自己紹介のプロとストレッチポールのプロだわ!参った。途中お母さんの話をしたら、お母さんのことばっかり考えるようになって」

Fukase「俺いきます!って言うから、なんか決まってるのかなと思ったら、完全にノープラン(笑)ノープランでも自己紹介くらいできるようになんないとダメよ。」

DJ LOVE「ダメかね〜。」

Fukase「もう少しできるようにしたほうがいいんじゃないですか?さすがに。」

DJ LOVE「なんか用意しとこうかな!」

SCHOOL OF LOCK!


Fukase「用意じゃなくて!フリースタイルで。フリースタイルに用意はないよ。」

Nakajin「ビートを刻んじゃったらやんなきゃいけない。」

Fukase「用意してる時点で、フリースタイルじゃないからね。」

DJ LOVE自己紹介ってフリースタイルだったんだね!

Fukase「そうだよ。」

DJ LOVE「そのへんの意識から改めていきますよ!」

Fukase「韻を踏まないと!」

DJ LOVE「いきなりハードル高いね!」

SCHOOL OF LOCK!


Fukase来年の4月のLOVEさんは韻も踏むんじゃない?

DJ LOVE「それは…マジで?」

Fukase「頑張ろうよ!自己紹介くらいできる大人になってほしい!来年の4月はビートにのってんじゃない?」

Nakajin「(笑)」

DJ LOVE「みんなでビートに乗って、韻も踏んで自己紹介。」

Fukase「フリースタイルってディスり合いじゃん。自己紹介し合うっていうのも平和だろ?」

DJ LOVE「平和だね。PEACEのみだね。」

FukasePEACE!って終わんないとだめだよ。」

一同笑い


M インスタントラジオ/ SEKAI NO OWARI


SCHOOL OF LOCK!


セカオワ先生の新しい一面はあったかな?4月に入って生徒のみんなも自己紹介する機会が結構あるよね。
LOVEさんみたいに他己紹介にならないように(笑)自分の好きなこと、今頑張っていることなど、自分のことが少しでも伝わる自己紹介ができるといいね!
もし上手くいかなかったとしても、友達と仲良くなる機械は沢山あるから、気を落とさずにやっていこうね。勉強とか、勉強とか、勉強とか、(笑)大変なこともあるだろうけど、楽しいことも沢山待ってるよ!一人でも気が合う友達ができるように応援しています!

今週はここまで。
また来週〜!
- Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 276 | 277 | 278 || Next -
<   2018年4月   >
MonTueWedThuFriSatSun
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE