THE ORAL CIGARETTES先生が来校!
今夜の授業は「忘れられない一言逆電」!!

生放送 2017.9.28 木曜日

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


『 教頭のオペT 』

とーやま校長「これは、昨日でたホットワードな訳なんだけど…。教頭先生が最近買ったばかりのTシャツが薄緑色で胸にポケットがついていて、
俺が先々週くらいから『手術する人が着ている服みたいだね。オペTだね!』っていじってたんだよ」

そんな中、昨日の授業テーマが「変なあだ名しりとり」!

とーやま校長「それで、オペTの話をした後に、たまたま広島県のRN ラッキーflowerセヴンのあだ名が
『オペ』だったんだよね!」

あしざわ教頭「そのあだ名になった経緯を知りたいよ!(笑) すごい奇跡でしたね」

とーやま校長「だったら、ラッキーflowerセヴンにオペTをあげちゃおうよ! ってなったわけだよ」

あしざわ教頭「だったら、の意味が分からないですけどね」

とーやま校長「そして、教頭はオペTを脱ぎ捨て……」

あしざわ教頭「オペTって呼んでるのあなただけだから(笑)」

とーやま校長「授業が終わってすぐにTシャツを梱包して送ったからね!」

あしざわ教頭「俺の汗もそのままだからな! 気をつけろよ!」

SCHOOL OF LOCK!


そんな、RN ラッキーflowerセヴンが、改めて書き込みくれていて…


最近
よく書き込み読まれるな
と思ってたらまさか教頭のTシャツ貰えるという話なるとは
教頭改めてありがとうございます。
そしてなんだかすいません。
ラッキーflowerセヴン
男性/16歳/広島県
2017-09-28 00:00


あしざわ教頭「とんでもないよ! 僕は喜んでラッキーflowerセヴンにTシャツを送るよ! ラッキーオペTだよ!」

とーやま校長「結構お高いTシャツだもんね」

あしざわ教頭「まあ、1万円くらい…(笑)」

とーやま校長「あらそう! じゃあ、ラッキーflowerセヴンもTシャツが届いたら着ている写真を送ってくれたら嬉しいな!」

あしざわ教頭「そうだね! あと、昨日の放送後記を見てもらえたら分かるけど、途中から僕、裸になっているので。この服を剥いだんだな、と思ってもらえれば…」

とーやま校長「剥いだ!? あげたんでしょ?」

あしざわ教頭「あげた! あげました!(笑) 僕の分身だと思って着てほしいです!」

とーやま校長「引き続き、生徒のみんなは教頭先生の欲しい服をどんどん書き込んでくれたらと思う!」

あしざわ教頭「違う違う! そういうの、本当にやめたほうがいいよ!(笑)」

とーやま校長「そうだよな…。教頭、色々と大変だもんな…」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「急にそういう感じで来られると(笑)」

とーやま校長「結婚して、奥さんもいて、色々生活が大変な中、生徒にTシャツをプレゼントしてくれて本当にどうもありがとう!」

あしざわ教頭「その感じやめて! 普通でいいですから!」

とーやま校長「文字通り、生徒のためにひと肌脱いでくれたわけだからね! ちなみに…今日着ているのはおいくら?」

あしざわ教頭「これは…あげたくない(笑) 今日のは結構お気に入りのやつなんです!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「(笑) ラッキーflowerセヴンは、本当にラッキーだったってことだね!」


♪ 狂乱 Hey Kids!! / THE ORAL CIGARETTES



やった٩( ᐛ )و
今日はオーラル先生がいらしてくださるのですね!!
私は友人にすすめられて初めてオーラル先生の曲を聞きました。聞いてみたらもう一瞬で「あ、好きだ!」って思いました笑笑
聞き始めたのはすごく最近なのでまだまだ知らないことも多いですが、、これからもっとたくさん聞いて詳しくなりたいです。笑
今日の放送超楽しみにしてます!!
のやまのなかも
女性/15歳/埼玉県
2017-09-28 19:17


あしざわ教頭「最高の状態じゃない! これから知る曲、全部が新曲ってことだよ!」

とーやま校長「多分、オーラル先生はすぐに来てくれるんじゃないかな〜」

あしざわ教頭「そうですね! すでにオーラを感じていますよ(笑)」


ということで、生放送教室にはニューシングル「BLACK MEMORY」をリリースしたばかりの……
THE ORAL CIGARETTES先生が来校ーーーーーー!!!!

SCHOOL OF LOCK!


山中拓也先生 (Vo.&Gt.)
あきらかにあきら先生 (Ba.&Cho.)
鈴木重伸先生(Gt.)
中西雅哉先生(Dr)


初っぱなからグダグダ挨拶でスタートするTHE ORAL CIGARETTES先生!

とーやま校長「はい、やり直し!」

あしざわ教頭「校長キビシイ!(笑)」

とーやま校長「こんなに挨拶が下手くそな訳ないでしょ!」

山中先生「俺、喋り始めたの昨日なんですよ…」

とーやま校長「…一回退出してもらう?」

全員笑い

あしざわ教頭「これ、ダメなパターンだ!」

とーやま校長「ここに入ってきた時からずっとふざけ倒しているじゃん!」

山中先生「そんなことないですよ〜」

とーやま校長「まず、山中先生以外の3人のお声もらってもいいですか?」

あきら先生「ぺきらかにぺきらでーす!」

とーやま校長「あきらかにあきらだよね?」

鈴木先生「鈴木……鈴木です」

あしざわ教頭「全部言って!(笑)」

中西先生「THE ORAL CIGARETTESのドラムです!」

とーやま校長「中西先生ね! そして、一番最後のボーカルのあなた!」

山中先生「はい!」

とーやま校長「サングラスされているじゃないですか。なんでサングラスの下にティッシュ噛ましているんですか?」

SCHOOL OF LOCK!


山中先生「ちょっと鼻から汗が出て来たので、ティッシュ噛ませてないと吹き出てしょうがないんですよね」

とーやま校長「なら仕方ない!」

あしざわ教頭「OK出ました(笑)」

山中先生「すみません! ほんまに真面目にやります(笑)」

とーやま校長「みんながふざけまくって汗が止まらないので、水分補給させてもらいますよ!」

あきら先生「あーっ!!! コップ持ってるーー!!

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭THE ORAL CIGARETTESのマグカップだー!」

とーやま校長「今日も使ってますよ〜!」

山中先生「でも、俺見抜いてしまった…。マグカップってちゃんと使っていたら、中にコーヒーのしみとかあるじゃないですか」

あきら先生「綺麗すぎるなあ」

山中先生「めっちゃ綺麗です!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「…ま、毎回めちゃめちゃ洗っているからね!」

全員笑い

あしざわ教頭「見抜かれた〜!」

とーやま校長「現行犯で捕まるとは〜! ヒェェェェ〜(笑)」


今年の2月以来、7ヶ月ぶりの来校のTHE ORAL CIGARETTES先生!
昨日、ニューシングル「BLACK MEMORY」をリリース! この曲は映画『亜人』の主題歌です!


とーやま校長「『亜人』も30日公開ですもんね。そんなお忙しいタイミングで来て頂いてありがとうございます!」

山中先生「こちらこそ、ありがとうございます!」

とーやま校長「フェスとかもあったりして、お忙しかったでしょ?」

山中先生「全然! 忙しいって何ですか?」

とーやま校長「目がバキバキじゃないですか! 悩みあるなら聞くよ?(笑)」

山中先生「実は、ちょっと悩んでいることがあって、最近、うちの犬が俺の言うことを全然聞いてくれないんです…

とーやま校長「これは由々しき問題だね!」

山中先生「お客さん連れて来たら、お客さんの方ばかりに行って、俺の方全然来なくなっちゃって…」

とーやま校長「教頭先生はフテネコっていう猫の絵を描いているけど、動物の気持ちは分かったりする?」

あしざわ教頭「もちろん分かりますよ! おそらく、今はツンツンしている状態だから、見守ろう! 見守ることによって、向こうも”なんで構ってくれないの〜”って戻ってくるから」

山中先生一番遠い解決策ですね!

あしざわ教頭「こんなに向き合ったのに…(笑)」

とーやま校長「今日は手強いぞ!(笑)」


SCHOOL OF LOCK!


そんなオーラル先生を迎えて送る本日の授業テーマは……
「忘れられない一言逆電」!!!

あの言葉があったから変わることができた!
あの時言われたことを今でも引きずっている!
そんな君にとって ”忘れられない一言” を教えて欲しい!

例えば…
「先生の厳しい一言のおかげで変わることができた!」
「“声が変”と言われて、それ以来人前で歌えなくなってしまった」
「友達に言われた言葉で自分が本当にやりたいことに気づかされた!」
「自信満々だったのに何気ないあの言葉で、全く自信がもてなくなってしまった…」


今でも君が忘れられない一言と、その言葉を言われてからのエピソードを学校掲示板もしくはメールで教えて欲しい!!

もちろん、ニューシングル「BLACK MEMORY」の感想も待ってるよ!


来週木曜日の生放送教室で、
TWICEのジャパン・ファースト・シングル「One More Time」初オンエアする!
という告知をしたところ、
TWICEのポーズ(?)を取りながら挨拶をするTHE ORAL CIGARETTES先生!

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「あきらとヤマタクはなんで乳首をつまんでいるの?」

あしざわ教頭「言っちゃったよ(笑) これ、写真撮られるんだよ?」

山中先生「怒られる…(笑)」

とーやま校長「絶対載せるからな!」

山中先生「ほんまにイヤや〜」

SCHOOL OF LOCK!



そして、土曜日から公開される映画『亜人』の主題歌にもなっているTHE ORAL CIGARETTES先生のニューシングル「BLACK MEMORY」!!

とーやま校長「最初、イントロで中西先生のドラムから始まるじゃないですか! あそこ、思っている以上の2倍ドラムがあるなって思って」

中西先生「文句ですか?」

とーやま校長「違う違う!(笑) めっちゃ良いなって思ったんです!
曲を全部聴いた時に、バギーに乗って剣とかを振り回してるような曲だなと思ったんですよ」

中西先生「世界観が…(笑)」

あきら先生「馬とかじゃアカンかったん?」

とーやま校長「なんか、俺はバギーだった! 敵が来るのを前のめりでなぎ倒しながら進んでいる、って感じるイントロだったし、勢いをつけるためにあのドラムの助走は絶対に必要だなって思いました」

中西先生「ありがとうございます! もう少しドラム長くても良かったですか?」

とーやま校長「(メモに)書いたけど、まだいってくれ! って思ってましたよ!」

山中先生「ほんまに書いてある!(笑)」

とーやま校長「あそこ、本当に良いなって思いました!」

SCHOOL OF LOCK!


中西先生「やったぜ!」

あしざわ教頭「ライブの時は長くなるかもしれないですよね!」

中西先生「校長が来た時だけ、めっちゃ長くします!」

山中先生「俺らが困る(笑)」

とーやま校長「あのイントロはどうやって出来たんですか?」

山中先生「さすがですね! イントロには一番こだわったんですよ。『亜人』の本広監督には、曲を作っていく上でまずデモを投げたんですね。そしたら『曲はバッチリです! イントロこだわろう!』ってなって」

とーやま校長「本広監督的には、何かもうひとエッセンス加えて欲しいってことだったんですか?」

山中先生「元々は、フィルターがかかってどんどん大きくなっていくっていう手法を使っていたんですよ。それで作っていたんですけど、本広監督的には一発目からバシッと来るドラムが欲しいと!

とーやま校長「そんな風にがっつり話をされていたんですね!」

山中先生「4、5回音源のやり取りをしましたね!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「その末に生まれたのが、あのイントロだと」

あしざわ教頭「映画の内容ともリンクさせていこうみたいな話もあったんですか?」

山中先生「そうですね。最初はこの場面から音楽が流れるよ、っていうのは教えてもらっていたんですけど、実際に監督とやり取りしてる中で
”音楽のクリエイター的に、どんどん音が昇っていく方がいいのにな〜”って、やり取りしながらもちょっと思っていたんですよ。
でも、監督と同じ作品を作るというテンションもあるので、一回監督の言うことを信じてやってみようってなって作った結果、僕らの音楽が『亜人』の映画にのった映像を見た時に、監督の言ってることがほんまに理解できたんです! 監督はこれを求めていたんや。なるほど、ノせ方が上手い! と思いましたね。
ドラムのアタックの一番最初からテンションマックスっていう理由が映画を観てわかったので、皆さんにも是非映画を観に行って欲しいです!」

とーやま校長「中西先生はどういう気持ちを込めてあのドラマを叩かれたんですか?」

中西先生「僕らの今まで作ってきた中でも、ドラムから始まるっていうのが今までにないアプローチだったので、そこの重要度というか、めっちゃ気合い入れなアカンなとは思っていたんです。
でも、最初は全然うまくいかなくて、テイク的には良いんだけど、全員の頭の中に、”なんとなく、まだこれじゃないような気がするな…”みたいな雰囲気がレコーディングスタジオに漂っていて。
その時に、上にいたドラムテックの人が降りてきて、『頭で叩きすぎや。もっと体で叩け!』って体を揺らされて(笑) そこでエンジンをかけられて、やったテイクがこの音源のテイクなんです。そこですごい変わって、良いのが録れました!」

SCHOOL OF LOCK!



♪ BLACK MEMORY / THE ORAL CIGARETTES



オーラル先生!
BLACK MEMORYフラゲ日に買いました〜!
とにかくかっこいい!!です!
イントロのドラムとかやまたく先生の歌声とかステキ過ぎてヤバイです!!
歌詞もすごい私にぴったりで、最高な曲です!
これ聞いて受験勉強頑張ります!!
オーラル先生大好きです!!
バニラあいす
女性/15歳/長野県
2017-09-28 19:03


あきら先生「頑張れ〜!」

山中先生「ありがとう!」

あしざわ教頭「この書き込みを読んでいて、受験勉強にも合う曲だなって思いました!」

山中先生「テンポ感とか…」

あしざわ教頭「テンポ感とかもそうだし、”周りのことは気にするな!”、”お前は、お前のままで行け!”って言ってくれているような気がして。
受験の時って周りの人のことばかり気にしちゃうと思うから、周りなんて関係ないと思いながらこの曲を聴いたら、気合いが入ると思います!」

とーやま校長「鈴木先生的には、どういう曲になりました?」

鈴木先生「ほんま、ストレートに出来上がったかなと思います。僕ら、今までトリッキーな要素とかも入っていたんですけど、どストレートな王道曲が出来たなと思います。
僕たちがこれで勝負できるようになったのが、自分自身でもすごく成長だな、と思うような一曲ですね

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「これからのライブでも、めっちゃ大事なところでこの曲を聴けるようになったりするのかもしれないですよね!」

山中先生「もともと、曲を作る時の会議で『オーラルのライブでこの曲をトリに出来る様な楽曲を作って下さい!』って言われたんです」

とーやま校長「監督、すごいですね! そういうところまで考えていたんですか!」

山中先生「そうなんですよ。俺らのライブのことまで気にしてくれて!」

あしざわ教頭「すごい人だなぁ〜!」

SCHOOL OF LOCK!


そして、ここからは今夜の授業テーマ…「忘れられない一言逆電」!

1人目に電話した生徒は…!

とーやま校長「もしもし!」

変幻自在のブリリアント 大阪府 16歳 女性 高校1年生

変幻自在のブリリアント「もしもし!」

とーやま校長「今、正直緊張しているでしょ?」

変幻自在のブリリアント「めっちゃ緊張してます…!」

とーやま校長「なぜなら! ブリリアントは、オーラル先生のことがめっちゃ好きなんですって!

山中先生「マジで!」

あきら先生「嬉しい〜!」

とーやま校長「せっかくだから、今までの思いをオーラル先生に伝えよう!」

変幻自在のブリリアント「オーラル先生と出会えて、世界が変わりました! もう、最高です!」

あきら先生「…きゅん!」

あしざわ教頭「気持ちが声に出ちゃってる(笑)」

とーやま校長「それじゃあ早速、お前が忘れられない一言を教えてくれ!」

変幻自在のブリリアント「私が忘れられない一言は『お前って女っぽくないよね!』です!」

とーやま校長「これは、良い方にも悪い方にも取れますよね。これはどのタイミングで誰に言われた言葉なの?」

変幻自在のブリリアント「これは、私が小学5年生の時に、高校2年の兄の友達に車の中で言われた言葉です!」

あしざわ教頭「すごい具体的!」

とーやま校長「鮮明に覚えているんだね。ブリリアントは、そう言われてどう思ったの?」

変幻自在のブリリアント「すごく悔しくて、めっちゃショックでした!」

小学生の頃のRN 変幻自在のブリリアントは、男の子とゲームをしたり、外を走り回っていたりしていたので、女の子らしくないということは自分自身で分かってはいたけれど、
改めて言われたことがとてもショックで、ずっと心に残っていたのだそう。

とーやま校長「その一言を言われてから、ブリリアントの中で変わったことはあったの?」

変幻自在のブリリアント「小学生の時は、お母さんにおねだりして人気のブランドのワンピースを買ってもらったりしました(笑)」

それまでは、近所の人のお下がりをよく着ていたり、RN 変幻自在のブリリアント自身もジーパンが大好きだったこともあり、女子らしくない服装で過ごしていたのだとか。

とーやま校長「そこからガラッと変えたんだ! 今、高校生でしょ? その意識はまだ続いてるの?」

変幻自在のブリリアント「はい! 雑誌を買ったり、街に出て勉強したり、あとはメイクを始めたりしています

とーやま校長「すごく女の子らしくなっていて、いいですよね!」

あきら先生「そうですよね! 普通の女の子よりも女の子しているんじゃないか、ってくらい行動に移せていますよね。
からかわれたりすることもあるし、なかなか恥ずかしくて行動出来ないじゃないですか。
でも、ちゃんと街に出てファッションの流行をチェックするってすごいことやと思いますよ!」

SCHOOL OF LOCK!


変幻自在のブリリアント「ふぁぁ〜! ありがとうございます〜!!」

あしざわ教頭「ブリリアントが溶けそうになってる(笑)」

とーやま校長「もう一人だけ、オーラル先生からブリリアントに対して言葉もらえるけど、誰が良い?」

変幻自在のブリリアント「じゃあ……しげさんお願いします!

鈴木先生「僕!? そもそも僕もファッション全然わからない人なので…」

変幻自在のブリリアント「いや、めっちゃカッコイイです!」

鈴木先生「いや、この1年ぐらいですよ? なので、服を勉強できるっていう、その行動力が既に羨ましいです! 尊敬しますね」

変幻自在のブリリアント「ありがとうございます…!!」

SCHOOL OF LOCK!



ここで、RN 変幻自在のブリリアントが送ってくれた洋服の遍歴写真をみんなで見てみることに!


SCHOOL OF LOCK!


RN 変幻自在のブリリアントが言われた忘れられない一言は、兄の友人からから言われた
「おまえって女っぽくないよね」

その言葉を言われたRN 変幻自在のブリリアントは悔しくてすぐに女子力アップの行動を開始!

SCHOOL OF LOCK!


その後、言葉を言われた後に、服装や振る舞いに気をつけ始めた頃の姿!(小学生)

山中先生「あれあれ!?」

あきら先生「女の子になってるやん!」

SCHOOL OF LOCK!


さらに雑誌を読んだりして、勉強し始めた中学生!

あしざわ教頭「わ〜! すごい!」

とーやま校長「中西先生、いかがですか?」

中西先生「イイですね!」

SCHOOL OF LOCK!


そして、メイクもするようになった高校生!

あしざわ教頭「可愛らしい!」

鈴木先生「めっちゃ女の子!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「山中先生、めっちゃ可愛いですよね!」

山中先生「今、最強なんじゃないですか! だって、小さい時に”男の子っぽい”って自分的には褒め言葉やと思うんです。めっちゃなじみやすいし、喋りやすいってことだと思うので。
そこに喋りやすさを兼ね備えていて、今こんなに女の子っぽくなっているんだったら最強なんじゃないですか?」

変幻自在のブリリアント「ふぁ〜〜…」

あしざわ教頭「嬉しすぎて最終形態になっちゃった(笑)」

とーやま校長「しかも、ブリリアントはオーラル先生のライブ行くんでしょ?」

変幻自在のブリリアント「はい! 11月の大阪と、2月の城ホールに参加させてもらいます!」

あきら先生「ありがたい!」

とーやま校長「どんな感じでライブに参戦するの?」

変幻自在のブリリアント「それも、頑張って勝負服で行こうと思います!」

とーやま校長「ただ、絶対に暴れると思うけどな(笑) 最後に、伝えたいことある?」

変幻自在のブリリアント「本当に大好きで、お母さんも一緒にハマって、オーラル先生大好きなんです! …お母さ〜ん」

変幻自在のブリリアントのお母さん「すみません〜! 大ファンです〜!」

THE ORAL CIGARETTES先生「お母さん!(笑)」

変幻自在のブリリアントのお母さん「カッコイイです! 50歳ですけど、大好きです〜!」

あしざわ教頭「娘の熱量を越えちゃってるよ(笑)」

とーやま校長「ママリアントすごいな! 改めて、お母さんにもよろしくな!」

変幻自在のブリリアント「はい! 大阪で待ってま〜す!」

THE ORAL CIGARETTES先生「ありがとう!」

とーやま校長「結果的に、この言葉を言われて良かったね!」

あしざわ教頭「女の子らしくなる、良いきっかけになっていますよね」


SCHOOL OF LOCK!



ここで、THE ORAL CIGARETTES先生の山中先生からもらった一言が忘れられないという生徒の書き込みを紹介!


オーラル!
「無理だ無理だと言われても、
自分の信じるものだけ信じろ」
1年前、私にとっての人生初ライブで、拓也さんが言った一言です。その一言があったおかげで、わたしは1年頑張ることが出来ました。
この時の私は、高校生になったばかりで、レベルの高い周りの友だちに劣っている自分に自信が無くなり、将来の夢も、行きたい大学も諦めそうになっていました。
でも、オーラルのライブを見て、 拓也さんの言葉を聞いて、「自分」を貫こうと思えました。周りのことに気を取られていてもしょうがない、自分のことを信じたいと思えるようになりました。今では第一希望の大学も決まり、将来の夢に向かって頑張れています!
私はオーラルに何度も助けられています。これからも曲を聴いて、ライブに行きます!!また元気を下さい!☻
pon!!!!
女性/17歳/栃木県
2017-09-28 22:51


山中先生「うっうっ…! 泣ける……!

とーやま校長「涙が出てないんだよなぁ…」

山中先生「言わんでいいやん(笑) でも、めっちゃ嬉しい! ほんま、この仕事やってて良かった!

とーやま校長「今日の授業テーマを知って、すかさず書き込んでくれたんだろうね!」

あしざわ教頭「だって一番心に残っている言葉だもんね」

とーやま校長「その言葉が、未だにpon!!!!の人生を上向きにしてくれているんですよ!」

山中先生「うっ…嬉しい…!!」

とーやま校長「涙溢れまくってるなぁ…(笑)」

そんなオーラル先生は、全国ツアー「Diver In the BLACK Tour」が、11月1日(水)からスタートします!

11月3日  大阪 Zepp Osaka Bayside
11月8日  名古屋 Zepp NAGOYA 
11月9日  名古屋 Zepp NAGOYA
11月13日 富山 MAIRO
11月15日 福島 HIPSHOT JAPAN
11月17日 札幌 Zepp Sapporo
11月24日 広島 BLUE LIVE HIROSHIMA 
11月27日 愛媛 niihama JEANDORE
11月29日 熊本 B.9 V1
12月5日 新木場 STUDIO COAST 
12月6日 新木場 STUDIO COAST



とーやま校長「全国色んなところを回られますけど、中西先生はどんなライブにしたいと考えていますか?」

中西先生「6月の武道館を経てから初のツアーになるんですよ。武道館を通過点として僕たちはやりきったので、その次のステージにステップアップしていく僕らを見せて行きたいですね。
それと、成長過程っていうのをファンと一緒に共有していけるのが僕らのツアーやな、と思うんです。
完成したものだけ見せるんじゃなくて、良い時も悪い時も、お客さんと一緒に経て、次のステップに行くのを目指したいなっていう思いがあるので、そういう意味では、お客さんと一緒にステップアップしていきたいツアーですね

SCHOOL OF LOCK!


さらに来年、2018年2月15日(木)には、大阪城ホールで、初の唇ワンマンライブが行われます!

とーやま校長「これは、ツアーの中の一つになるんですか? それともまた別のライブなんですか?」

山中先生「一応、タイトルは『Diver In the BLACK Tour』なのでツアーの一部なんですけど、関西は地元っていうのもありますので、しっかり! がっつり! バッチリ! やりたいなと思ってます!

とーやま校長「まだ先ではありますけど、あきら先生は、大阪城ホールのライブはどんな風にしていきたいですか?」

あきら先生「僕的には、(大阪城ホールのライブには)おばあちゃんが来るんですよ!

あしざわ教頭「これは気合い入るやつ!」

とーやま校長「今までオーラル先生のライブは観たことあったんですか?」

あきら先生「いや、無いんですよ。やっぱりライブハウスには来れないですし、関西圏やから武道館も遠いってことになって来れてなかったんで、死ぬ前に、おばあちゃんに良いところ見せなあかんな…って」

山中先生「怖い怖い!(笑)」

あきら先生「いや、むちゃくちゃ元気なんですよ?」

山中先生「今のは思い切りつっこんでもらわなアカンやつ…!(笑) すごい分かりにくいボケをして来ましたね」

とーやま校長あきら〜〜〜!!

あしざわ教頭「そういうところは明らかにしろ!」

あきら先生「うまい!(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「うまいじゃないよ(笑)」

詳しいスケジュールなどは、THE ORAL CIGARETTESのオフィシャルWebサイトをチェックしてください!


ここからは再び「忘れられない一言逆電」!
続いて逆電したのは…


吉田エリザベス総統 宮城県 13歳 女性 中学2年生

とーやま校長「今、中学校何年生?」

吉田エリザベス総統「中2です!!」

あしざわ教頭「中2、高2は………フリーーーダーーム!!!!

吉田エリザベス総統「フリーダーーム!!」

あしざわ教頭「ナイスフリーダム!」

とーやま校長「ちょっと中西先生がびっくりされていますけど…」

中西先生「いきなり大きい声出されると、大事な耳が…(笑)」

あしざわ教頭「中2高2は一番自由な時間がある、だから『フリーダム』と叫ばせてもらっているんですけど、知らなかったですか?」

SCHOOL OF LOCK!


中西先生「知らないです…」

あしざわ教頭「ごめんなさい〜(笑)」

とーやま校長「隣にいるのに、こんな距離できる?(笑)」

鈴木先生「すごい壁できてた(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


そして、RN 吉田エリザベス総統が忘れられない一言とは……

吉田エリザベス総統「私が忘れられない一言は、『あなたの音が雑で汚いって、後輩が言っていたわよ』です」

とーやま校長「後輩が言っていた、これはどういうこと?」

吉田エリザベス総統「私、吹奏楽部に所属していて、トランペットを担当しているんですけど、今、2週間後の文化祭に向けて合奏を練習しているんです。
私は中心的な役割のファーストっていうところを吹いてるんですけど、先週合奏した時に、急に顧問の先生が入ってきて、名指しで『合奏がひどかったわね』って言われて、そのことがすごくショックでした」

とーやま校長「総統の音が雑だっていうことを、”後輩が言っていた”っていうのを顧問の先生に名指しで言われたの?」

吉田エリザベス総統「はい。後輩とは別の教室で練習していたんです」

あしざわ教頭「なんてことを言うんだろうな」

とーやま校長「総統の為に言ったことだったりもするんだろうけど、言われた時は、どう思った?」

吉田エリザベス総統「もう、泣きそうで今まで怒られたことはあるんですけど、急にそんな風に言われてショックでした…

とーやま校長「後輩が言っていたよ、って言い方もなんかね。本当は先生が思っていたことを後輩が言っていたって言い換えたのか…。俺たちには真相は分からないけどね!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「でも、大会の前だし、メンタルもやられたでしょ?」

吉田エリザベス総統「はい…」

そこからは個人練習をしたりして「どうすれば良くなるのか」と、考えながらやっていた吉田エリザベス総統だけど、
あまり上達している感じがなく、疑心暗鬼になってしまったのだそう。

とーやま校長「今もその状態なんだ?」

吉田エリザベス総統「今もそんな感じです」

とーやま校長「2週間後に大一番があるわけですけど、実際、オーラル先生もメンバーだったり、そうじゃない人に”すごい一言を言われたな…”ってことありましたか?」

山中先生「俺も、同じように恥ずかしいし、悔しいし…っていう想いをしたことがあって。
僕ら『MASHオーディショングランプリ』っていうのに優勝させていただいたんですけど、その次の年にもオーディションに応募してくる後輩がいっぱいいるわけじゃないですか。その後輩たちがライブをやるゲストバンドで僕らが出たんですよ。
そのライブの終わりに、僕らと後輩たちと、色んな人たちがいっぱいいる中で打ち上げとかをしていたんですね。
その時にこれからオーディションを受けてくる後輩達の目の前で『お前さ、MCナメてるの?』って言われて」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「みんながいる前で…」

山中先生「お前のMCでライブをダメにしているよ、って言われて…。後輩の目の前やし恥ずかしいし、ゲストバンドとして出てきてるのにすごく悔しくて、ほんま、すぐ泣きたいぐらいやったんですよ」

とーやま校長「環境は違えど、総統と同じような状態ですよね」

山中先生「同じ様な状態! だから、すごい気持ち分かる! 僕も自分のMCに自身があったんですよ。
自分のMCで人を救えたらいいな、って思ってやっていたから、すごく悔しくて…。
もうMCはやめた方がええんかな、曲だけでやっていた方がええんかなと思ったんですけど、僕だけじゃなくてTHE ORAL CIGARETTESは、悔しさとかをバネにして頑張るバンドなんです。

心の中では、自分のMCは絶対にライブに必要だと思っていたし、自分の中の強みみたいなものをしっかり持っていたから、誰に何を言われても”俺は、これが強いって思っているから、俺はこれをひたすらに磨き上げる!”って思って頑張って、
そう言われたのをバネにずっとMCを続けて今のライブがあるから、当時は『ナメてるの?』って言って来た人のことを嫌いになりましたけど、今ものすごく感謝してます。
今ではその人も『拓也のMCありきだね』って言ってくれるようになりました

とーやま校長「今は認めてくれているんですね!」

山中先生「だから、総統も”何が悪かったんやろう?”って反省して、頑張って練習しているじゃないですか。それで良いと思います!
そのまま練習を続けていって、”悔しい、いつか見返してやるからな!って思いながら、見返せた時の優越感はハンパないので!”

あしざわ教頭「そうだよね!」

とーやま校長「その武器を与えてくれたっていう思考に切り替えて、2週間あればいけるでしょ!」

山中先生「絶対大丈夫!」

とーやま校長「今、山中先生からこんな風に言葉をもらったから、辛いことあるかもしれないけど、気合い入れてやってみよう!」

吉田エリザベス総統「はい!! ありがとうございます!」


♪ 5150 / THE ORAL CIGARETTES


最後は、掲示板に書き込まれた「忘れられない一言」を紹介!


母の偉大さに気づいた日
去年の夏ごろ、私はまだ高校生になってすぐでしたが、学校の指示で進路や大学の志望校について決めなくてはいけなくなりました。

当時私は大学受験なんてまだ先だと思っていて、行きたい大学など全く無く、自分が大人になった時何をしたいか考える所から始めて、1人焦りを感じていました。
そんな時に母から私に
「道はいくらでもあるんだから、間違ってしまってもいくらでもやり直せる。大丈夫だよ。」
と言ってくれました。
母とは仲が良い方ですが、私のことをちゃんと考えてくれているのかな、とその言葉で一気に気持ちが軽くなりました。
ちーろるん
女性/16歳/東京都
2017-09-28 19:11


とーやま校長「お母さんは偉大だね」

あしざわ教頭「この一言で肩の荷が降りたと思う!」

山中先生「こんなこと言ってくれるお母さん珍しいですよね。こんな風にストレートに言えるお母さんってすごいと思う!」

とーやま校長「あきら先生のおばあちゃんも、大阪城ホールのライブを観た後に忘れられない一言をかけてくれそうですよね」

あきら先生「そうですね。おばあちゃんは僕らのライブ映像も観たことなくて、親がCDについているDVDを見せてあげたら『座って演奏しているんやと思ってた〜』って言ってて」

全員笑い

あきら先生「大人っぽい音楽をしていると思っていたみたいで(笑)」

とーやま校長「実際のライブ見たらめっちゃ驚くでしょ!」

あしざわ教頭立ってる…! ってなりますよね(笑)」

あきら先生「暴れて、足あげて、回って、なんか飛んでるー! ってなりますね。(DVD見た時も)衝撃やったでしょうね(笑)」

とーやま校長「感想聞きたいね!」

あきら先生「ずっと夢やったんで、観せてあげたいです!」


そして、本日も黒板の時間になってしまいました!
今日は、THE ORAL CIGARETTESの山中拓也先生に書いてもらいました。

SCHOOL OF LOCK!



『 「悔しい 苦しい」がないと人は成長しない。 』

山中先生「『UNOFFICIAL』のツアーの時にたまたま、あきらかにあきらと一緒にタクシーに乗ることがあったんですけど、
俺、その日のライブが本当に納得いかなくて、でも、周りのスタッフもメンバーも、今日は良いライブやった、って言っていて…。僕だけ”なんで良いライブやったんやろ…”っていう状況やったんです。
僕的には悔しいところや苦しいところがいっぱいあって、そのことでずっと悩んでいたので、帰りのタクシーであきらに話したんです。
そしたら、『拓也は、一生悩み続けるんやと思うで』って言ってくれて。そう言われた時に、”一生苦しまなアカンの?”って思ったんですけど、そう言われたことですごく楽になったんです。

苦しみ続けることが成長に繋がるからこそ、あきらはそう言ってくれたと思うし、苦しい思いをする中で、ボーカルとして成長している姿を一番身近で見てくれているから、そう言ってくれたんやな、って思ったんです。
悔しいとか、苦しいっていう思いを”成長のタイミングだ!”って切り替えられるようになってからは、自分の生活スタイルとかも変わっていったりしたので、
『悔しい・苦しい』がないと人は成長しないな、って思いましたね


SCHOOL OF LOCK!



とーやま校長「あきら先生の一言が、山中先生の『忘れられない一言』だったりしたんですかね」

山中先生「そうですね。前回のツアーで一番心に残っているシーンでしたね」

あきら先生「ビックリしますね! 自分としては何の気なしに言った言葉やったので、今言われてそうなのか〜、ってなりましたね」

とーやま校長素敵なバンドだ! 全国ツアーも気をつけて行ってきてください!」

あきら先生「行ってきます!」

とーやま校長「それじゃあ、最後は一緒に挨拶しましょう!」

あしざわ教頭「起立! 礼!」

とーやま校長・あしざわ教頭・THE ORAL CIGARETTES先生「また明日〜〜〜〜〜〜!!!!」


【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN サオリ


SCHOOL OF LOCK!

RN サオリ


SCHOOL OF LOCK!

RN いく


SCHOOL OF LOCK!

RN ストレイシープ


SCHOOL OF LOCK!

RN 桜嵐@永遠のSOLファン


SCHOOL OF LOCK!

RN 桜嵐@永遠のSOLファン


SCHOOL OF LOCK!

RN ささき・さき


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳


SCHOOL OF LOCK!

RN ふてふてりんご



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
変幻自在のブリリアント 大阪府 16歳 女性
吉田エリザベス総統 宮城県 13歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
やな 愛知県 17歳 男性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:05 狂乱 Hey Kids!! / THE ORAL CIGARETTES
22:23 空も飛べるはず / スピッツ
22:37 BLACK MEMORY / THE ORAL CIGARETTES
23:14 流星ヘブン / 大森靖子
23:20 支配するのは君と恋の味 / MOSHIMO
23:24 エンジェルベイビー / 銀杏BOYZ
23:44 5150 / THE ORAL CIGARETTES
23:50 Flower / THE ORAL CIGARETTES

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

オーラル先生、ふざけてるのに結果かっこいいから、いつもずるい(笑)!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

オーラル先生はふざけながらも結局愛にあふれているなぁ!!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
- Prev                 Next -
<   2017年9月   >
MonTueWedThuFriSatSun
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE