多国籍ガールズグループTWICEが初来校!
「One More Time逆電」!!

生放送 2017.10.19 木曜日

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


『 もういるよ 』

SCHOOL OF LOCK!開校12周年大感謝祭WEEK 4日目!

今夜は、アジアNo.1最強ガールズグループ TWICE先生が全員揃って初来校だーーーー!!


TWICE先生「せーのっ…ONE IN A MILLION TWICEでーーすっ!!


ナヨン先生
ジョンヨン先生
モモ先生
サナ先生
ジヒョ先生
ミナ先生
ダヒョン先生
チェヨン先生
ツウィ先生



とーやま校長「よろしくお願いいたします! 僕が、SCHOOL OF LOCK!の校長をやっているとーやまと言います! 年齢は18歳です!」

あしざわ教頭「ウソをつくな!(笑) ゴリゴリに38歳でしょ。僕は、教頭のあしざわと言います。よろしくお願いします!」

TWICE先生「よろしくお願いします!」

とーやま校長「今日は、いつも音楽室として使っている場所を貸し切って、コの字型に向かい合っている状態です。僕は行ったことないけど、G7の会議ってこんな感じなんだろうね」

あしざわ教頭「国際会議的な雰囲気ありますね(笑)」

とーやま校長「ナヨンさん、TWICEとして日本のラジオに出るのは初めてなんですよね?」

ナヨン先生「はい、初めてです。緊張します…!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「ラジオに出たことはあるんですか?」

ナヨン先生「韓国で出演したことはあるんですけど日本では初めてです」

とーやま校長「じゃあ、こうやって9人全員がラジオに出るっていうのもなかなか無いんですかね?」

ナヨン先生「韓国でラジオに出る時は、9人揃って出ますね」

とーやま校長「初めての日本のラジオ出演に、SCHOOL OF LOCK!を選んでくださってありがとうございます!」

TWICE先生「ありがとうございます!」

とーやま校長「SCHOOL OF LOCK! は、ラジオの中の学校なんですけど、聴いてくれているのは日本の中学生や高校生、10代が中心なんです。
チェヨンさんとツウィさんは、今年で18歳ですよね。聴いてくれているみんなと歳が近いと思うんですが、いかがですか?」

チェヨン先生「同級生の方とお話できて、とっても嬉しいです!」

とーやま校長「ツウィさんは、どうですか?」

ツウィ先生「同級生のみなさん、TWICEのことよろしくお願いします!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「もちろんだよ!」

あしざわ教頭「10代のみんなからのメッセージもたくさん届いてますよ!」


やばい!
最近TWICE大好きすぎて、死にそうです笑笑
One More Timeめっちゃ好きやわ❤
もうTって入力するだけでTWICEって出てくるw

本当にSOLのおかげで好きになれました❤
ゆいなっちフィボナッチ
女性/11歳/長野県
2017-10-14 17:06



TWICE先生「ありがとうございます!」

あしざわ教頭「予測変換で出てきちゃっているってことですね!」



飽き性で何かのファンになったことのない私が、初めて1年半ずっとずっと大好きなTWICEが日本デビューして、日本語でオリジナル曲を出してくれて、ほんとに距離を近く感じて、めちゃくちゃ嬉しいです!
マネワンス
女性/17歳/京都府
2017-10-14 17:06



TWICE先生「うれしいです〜!」

とーやま校長「今日は日本全国の10代のみんながTWICE先生が来るのを心より待っていたからね! 今日は2時間よろしくお願いします!」

TWICE先生「よろしくお願いします!」

とーやま校長「それじゃあ、挨拶しましょうか! 心の底からの大声でお願いします!」

あしざわ教頭「起立!」

とーやま校長「よし、立とう!」

あしざわ教頭「礼!!」

とーやま校長・あしざわ教頭・TWICE先生「叫べーーーーーーーーーーーー!!!!!」

SCHOOL OF LOCK!



♪ TT –Japanese ver.- / TWICE


とーやま校長「みなさんが自己紹介の時におっしゃっている『ONE IN A MILLION』っていうのは、どういう意味なんですか?」

ジヒョ先生「100万分の1のグループになる、という意味です!」

とーやま校長「それくらい、大切なグループになるっていう意味が込められているんですね。
ジヒョさんはTWICEのリーダーなんですよね。何か困ったら、ジヒョさんにお聞きするってことでよろしいですか?」

ジヒョ先生「あ…はい!」

あしざわ教頭「ちょっと戸惑いがすごかったですけど(笑)」

とーやま校長「ダメならダメって言ってくれて良いんですよ?」

ジヒョ先生「大丈夫大丈夫!」

とーやま校長「じゃあ、何かあったらジヒョさんに聞きますね! そして、TWICEは日本人のメンバーが3人いて、モモさんとサナさんとミナさんがいらっしゃいますが、出身は日本のどこなんですか?

サナ先生「3人とも関西出身で、私が大阪で、モモが京都で、ミナは神戸の方なんです」

とーやま校長「みんな関西って言っても、バラバラなところで過ごしてたんやな〜」

あしざわ教頭「なんで関西弁?」

とーやま校長「他の6人のみなさんは、日本に来られることもたくさんあると思うんですけど、ジヒョさんは印象に残っている事とかありますか?」

ジヒョ先生「日本にいるたくさんのファンの方々に応援してもらえてとっても嬉しいです!」

とーやま校長「チェヨンさんは印象に残っている事ありますか?」

チェヨン先生「東京タワーが印象に残ってます!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「見たのは昼ですか? 夜ですか?」

チェヨン先生「夜です!」

とーやま校長「じゃあ、ライトアップされている時だ! ダヒョンさんはいかがですか?」

ダヒョン先生「原宿に行ったことがあるんですけど、可愛いお店がいっぱいありました」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「ツウィさんは、日本語は覚えられてます?」

ツウィ先生「上手というわけにはいかないんですけど、日本人のお姉さんたち、メンバーもいるので発音なども聞いて教えてもらっています」

とーやま校長「好きな日本語ってあったりしますか?」

ツウィ先生『くちびる』です。新曲『One More Time』の中の振り付けで特徴的なところがくちびるに指を当てる振り付けなので、それで新たに覚えた単語なんです!」

とーやま校長「くちびると言えば…僕のくちびるは太くて厚いんですけど、これを『たらこくちびる』って日本では言うんですよ」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「変な日本語教えないでください(笑)」

とーやま校長「そして、サナさん、ミナさん、モモさんはオーディションの前に、練習生として韓国に渡られているんですよね。きっかけって何だったんですか?」

ミナ先生「私は母とショッピングをしていた時に会社の方に声をかけていただいて、オーディションを受けて練習生に入ることになりました」

とーやま校長「スカウトなんだ! 吉本新喜劇じゃなくて良かったですね!」

あしざわ教頭「だいぶ世界観変わっちゃいますからね(笑)」

とーやま校長「モモさんは、どんなきっかけだったんですか?」

モモ先生「私は、YouTubeにダンスの動画をあげたら、それを会社の人が見てくれて、スカウトしていただいてオーディションに受かりました!」

あしざわ教頭「電話か何かがかかってきたんですか?」

モモ先生「YouTubeのコメントみたいなところから”(オーディションを)受けませんか?”ってメールが来たんです」

あしざわ教頭「そんなことあるんだ!」

とーやま校長「サナさんはどういうきっかけなんですか?」

サナ先生「私は、友達とショッピングをしていた時にスカウトをしていただいて、オーディションを受けて韓国に行くことになりました!」

とーやま校長「10代の時に海外に行くことに不安はなかったんですか?」

サナ先生「中学生を卒業してから行ったので、16歳の時に韓国に行ったんです。
保護者の方も言葉が通じないことに関してすごく心配をしてくださって。
私も韓国語を喋れない状態だったので、どうしよう…って思って行ったんですけど、練習生の友達がみんな優しくて、友達に助けられながら韓国語を覚えて、うまく生活していきました!」

SCHOOL OF LOCK!


ジョンヨン先生「ありがとうございます!」

とーやま校長「後ほど、新曲『One More Time』の話もじっくり聞かせてもらおうと思いますが、TWICE先生とともに送る今夜の授業テーマは…!!」

「One More Time逆電」!!!
(※「ワン・モア・タイム」=「もう一度」)

「何かに向かってもう一度踏み出したい!」というみんなの決意や悩みに
TWICE先生が“直接” 電話でアドバイス&エールを送ってくれるぞ!

さらに新曲「One More Time」の話も聞いていきます!!

今日は、メンバー全員の声を時間の限りお届けするためにすでに収録済です!
授業に参加しながら、その感想をぜひ学校掲示板に書き込んでほしい!

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「……今、僕はしっかり見ちゃいました! 頼りにしているリーダーのジヒョさんが、完全にテーブルに肘をついてこっちを見てなかったです!」

あしざわ教頭「リーダー!(笑)」

ジヒョ先生「いえいえ、声がすごく良いなあ、と思ってそちらに集中していたんですよ!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「だったらしょうがないな〜」

とーやま校長「ジヒョはそういう感じで来るんだね。じゃあ俺もウソついちゃうからな〜!」

あしざわ教頭「やめてくださいよ〜」

とーやま校長「僕は、日本のアイドルです!」

TWICE先生「(笑)」

あしざわ教頭「すぐにバレるウソをつくな(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


そして、TWICE先生は、昨日10月18日にジャパンファーストシングル「One More Time」をリリースされました!

とーやま校長「SCHOOL OF LOCK!でも、生徒と一緒に聴かせていただきました! クラブとかで大音量でかかっていてもめちゃくちゃカッコイイって思ったし、歌番組で流れていてもしっかりと届く曲だな、と思って聴かせていただきました」

あしざわ教頭「僕は、踊りとかも含めて可愛らしいとカッコイイが同時にいる感じがしました! 曲を聴いているとカッコイイって思うし、映像を見ているとカワイイって気持ちになるんですよね。
両方の性質を持っている曲だなって思いました!」

TWICE先生「ありがとうございます!」

とーやま校長「サナさん、TWICEにとって『One More Time』という曲はどういう曲になりましたか?」

サナ先生「やっぱり、私たちにとって初めて日本語としてのオリジナルの曲なので、他の曲を受ける時とはまた違う感じでしたね。日本での1stシングルなので、大事な曲です!」

とーやま校長「モモさんは、『One More Time』にどういう気持ちを込めて歌われましたか?」

モモ先生「この曲は、もう一度勇気を持って踏み出してもらいたい、という思いが込められている曲なんです。
私も日本から韓国に行く時に勇気が出なかったんですけど、どうしても夢を叶えたいっていう気持ちで勇気を振り絞って今があるので、皆さんもこの曲を聴いて勇気を振り絞ってくれたらな、って思います!」


♪ One More Time / TWICE


とーやま校長「今、曲を聴きながらジョンヨンさんが一緒に歌っていたじゃないですか。この曲がめちゃくちゃ好きなんだろうな〜って思ったんですけど…」

ジョンヨン先生「この曲はとても中毒性が強い曲だと思うので、一度聴けばすぐに覚えることができる、そんな曲かなって思います」

とーやま校長「ジョンヨンさんは、TWICEの中ではムードメーカー的な存在なんですか?」

ジョンヨン先生「ん〜〜…多分そうだと思います(笑)」

とーやま校長「さっき、モモさんが喋り終わった時も親指を立てて『OKOK!!』ってやっていたりしてたので」

あしざわ教頭「そういうやりとりありましたね!」

ジョンヨン先生「思ってた以上に日本語上手だなって思って(笑)」

とーやま校長「じゃあ、モモさんは普段は日本語をあまり喋らないんですか?」

モモ先生「(日本人メンバーの)3人で喋る時も、日本語と韓国語を混ぜて喋るから、日本語だけ喋るっていう機会があまりなくて。日本語喋るたびに緊張するんですよ!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「へぇ〜! サナさんもわかります?」

サナ先生「私とモモちゃんは一緒に韓国に行って、もう5年くらい経つんですよ。私も最初は”そんなことないやろ〜”とか思ったんですけど、長い時間が経つから日本語があやふやになるんですよね。
大阪弁やからっていうのもあるんですけど、特に、敬語喋る時とか合間に入ってくるひらがなが少し違っていたりとか、そういうのが……ねぇ?」

あしざわ教頭「急に放り投げないでもらえますか?(笑)」

とーやま校長「それを周りのみんなが応援する時間があるんだね!」

SCHOOL OF LOCK!



曲の感想もたくさん届いてます!!



口ずさみたくなるメロディと覚えやすい振り付けで公開された瞬間に友達と学校で歌ってます。大好きです!
はる
男性/14歳/大阪府
2017-10-14 17:06


最初のナヨンちゃんの入りが可愛くて最高!チェヨンちゃんとダヒョンちゃんのラップのシーンは難しい日本語であれだけ早口歌うのはすごいと思いました!すごく日本語を勉強してくれたんだと嬉しくなりました!
僕は、ジョンヨンちゃんがとても好きなので何回もジョンヨンちゃんの所を見ました!髪が長くなっていて可愛かったです!
これからも頑張ってください!応援しています😊😊
モンキー
男性/16歳/神奈川県
2017-10-14 17:06



TWICE先生「ありがとうございます!」

とーやま校長「ジョンヨンさん、このモンキーっていう生徒がめちゃくちゃファンらしいですよ!」

ジョンヨン先生「モンキー、ありがとうございます!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「あと、ナヨンさんの入りがめちゃめちゃ良かったとも書いてくれています!」

ナヨン先生「ちょっと恥ずかしいです(照)」

とーやま校長「顔が真っ赤になりつつあるね(笑)」

ここで、ナヨン先生が『One More Time』の歌い出しを歌ってくれました!

ナヨン先生「友達じゃもういられない♪」

SCHOOL OF LOCK!


TWICE先生「フゥ〜〜!」

とーやま校長「これはもらったね! じゃあ、チェヨンちゃんとダヒョンちゃんのちゃんのラップもいただけると…」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「全部もらおうとするな!(笑)」

とーやま校長「ダメかなあ?」

チェヨン先生「いきましょう!」

あしざわ教頭「本当に!?」

チェヨン先生・ダヒョン先生「1・2・3!」

チェヨン先生「Yeah, ain’t got time to waste, my time 今すぐ言いたい」

ダヒョン先生「でも感じる Fear いくじなし けど 勇気出して Try」

TWICE先生「イェ〜〜イ!」

とーやま校長「ウェ〜〜イ!! こんなにやってもらっていいのかなぁ?」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「ドキドキしてるよ!」

とーやま校長「TWICE先生の生歌が聴けたのも、モンキーのおかげだね!」


ここからは本日の授業テーマ!
「One More Time逆電」!!

最初に逆電した生徒は…

とーやま校長「もしもし!」

ミッチョマン 0706 千葉県 17歳 男性 高校2年生

ミッチョマン 0706「もしもし!」

とーやま校長「校長のとーやまです!」

あしざわ教頭「教頭のあしざわです! そして…」

TWICE先生「せーの! ONE IN A MILLION TWICEでーーすっ!!

とーやま校長「ミッチョマン 0706! 今日はTWICE先生が来てくれているんだけど、日本のラジオが初めてで、電話で喋るのも初めてなんだよ! その記念すべき一人目がお前なんだよ?」

あしざわ教頭「すごいだろ!」

ミッチョマン 0706「最高です!!」

とーやま校長「今、17歳ってことは、高校何年生?」

ミッチョマン 0706「高2です!」

あしざわ教頭「来た! 中2高2は………フリーーーーダーーーーム!!!

SCHOOL OF LOCK!


ミッチョマン 0706「フリーダーーーム!」

TWICE先生「(笑)」

とーやま校長「みんな、目が点ですね」

あしざわ教頭「すみませんね(笑) 中学2年生、高校2年生は、一番自由な時間があるんじゃないか、ということでフリーダムと叫ばせてもらっています!」

とーやま校長「一番ツウィさんがビックリした顔をされていたね(笑)」

ツウィ先生「実は、私も高校2年生なんです!」

あしざわ教頭「あら! じゃあいきますよ……。中2高2は…フリーーーーダーーーーム!!!

ツウィ先生プリーーーダーーーーム!!

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「ありがとう〜〜! フリーダムというか、『プ』リーダムだったけど(笑)」

とーやま校長「可愛らしいじゃん! さて、待たせてごめんね。ミッチョマン 0706が、もう一度踏み出したいことって一体何?」

ミッチョマン 0706「別れてしまった彼女に、もう一度告白する決意をしました!」

TWICE先生「フウゥゥ〜〜〜〜!!!」


RN ミッチョマン 0706が別れてしまった彼女は、小学校からの幼馴染。
仲の良いグループで一緒だった、女の子なのだそう!

とーやま校長「いつくらいから好きだなあって思うようになったの?」

ミッチョマン 0706「中学2年生の時に文化祭で合唱コンクールがあった時に、付き合っていた女の子が伴奏者で、僕が指揮者をやっていたんです。
練習している間に気になり始めて、自分から告白しました!」

とーやま校長「それが中2の時か! それで付き合うことになったんだね」

そこから1年ほどお付き合いをしていたRN ミッチョマン 0706。
当時は、携帯などを持っていなかったため、彼女とは文通でやり取りをしていただけど、
中学を卒業した後は連絡が取れなくなり、自然消滅してしまったのだそう。

とーやま校長「もう一度告白したいって思い立ったのはどうして?」

ミッチョマン 0706「自然に別れちゃったっていうのが、僕の中でモヤモヤしていて…。卒業してからその子と会う機会があったんですけど、その時はちょっと気まずくて喋れなかったんです。
だから、今度はしっかり話をして告白したいな、と思っています!」

とーやま校長「ミッチョマン 0706は、もう気持ちを伝えるって決めているんですよ。そこに向かうための勇気をTWICE先生にもらいたいってことだね!」

ミッチョマン 0706「そうです!」

とーやま校長「モモさん、こんなミッチョマン 0706どうですか?」

モモ先生「幼馴染で、付き合って、別れたけどまだ想いがあるってことは、運命だと思います!」

とーやま校長「見えないものでつながっているってことだね! チェヨンさんも力強くうなづいてくれてましたね」

チェヨン先生「一旦別れたけれど、長い間彼女のことを思い続けているってことは、それだけ大好きだってことなので、早く告白して素敵な恋をしてほしいです!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「いつ告白するとか決めてるの?」

ミッチョマン 0706「ついこの間、もともと仲が良かった4人グループで11月にご飯食べに行こうって話になったんです。
前集まった時は喋れなかったんですけど、来月集まった時に話をして、二人きりになった時に想いを伝えようかなと思っています」

とーやま校長「ジヒョさん、まさに『One More Time』ですね!」

ジヒョ先生「素敵ですね!」

とーやま校長「頑張ってほしいです!」

ジヒョ先生「CHEER UP!!」

あしざわ教頭「頑張れって言ってくれてるよ!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「TWICE先生の気持ちもお前の中に入ったから! ちゃんと男らしく挑んでこいな!」

ミッチョマン 0706「はい! 絶対に成功させます!!」

TWICE先生「頑張ってください〜!」

とーやま校長「ミッチョマン 0706、ありがとうね!」

ミッチョマン 0706「ありがとうございました!」


♪ CHEER UP -Japanese ver.- / TWICE


ここで、生放送教室にいるとーやま校長とあしざわ教頭が、学校掲示板からの書き込みを紹介!


贅沢すぎ!
ナヨンちゃんの歌い出しのとことか、チェヨンちゃんとダヒョンちゃんのラップのとこの生歌とか贅沢すぎませんか?!
もう興奮が止まらない!!
メープルシュガー
女性/14歳/東京都
2017-10-19 22:44



とーやま校長「あれはまさかだったね!」

あしざわ教頭「その場で急に歌ってくれましたよね! 本当に楽しかったな〜」


ONNCEからも応援
みっちょまん!
素敵な恋だしTWICEからも応援してもらったんだから絶対成功させて
幸せになってくれよな!!
ササキa.k.a.ササキ
男性/16歳/東京都
2017-10-19 22:54



あしざわ教頭「ここまできたら、男としていかないとね!」

とーやま校長「ササキからしたら、TWICEが好きだからちょっとだけヤキモチとかもあるかもしれないけど、同じ同士として背中を押してくれたんだね! どうもありがとう!」


お初!
TWICEって流行ってるっていうのは知ってるけど、聞いたことなかったけど!
けど!すごいカッコイイ!
あとフリーダム!がかわいい!
あっという間にファンになりました!
ユズリザキ
女性/14歳/愛知県
2017-10-19 22:50



あしざわ教頭「ツウィちゃんが言ってくれた『フリーダム』ですね!」

とーやま校長「あれは良かったね〜!」

あしざわ教頭「プリーダム、プリティフリーダムでしたね! あれは嬉しかった〜!」

とーやま校長「TWICEの中で流行ってくれないかな?」

あしざわ教頭「めちゃくちゃ嬉しいですよね!」

とーやま校長「そしたらフリーダムの著作権はTWICEのものになるんだけど…」

あしざわ教頭「俺のフリーダム取られちゃうの!?(笑)」

とーやま校長「(笑) さあ、まだまだ9人のお話を聞いていくぞ!」


TWICE先生は、ジャパンファーストシングル「One More Time」の発売を記念して購入者対象ハイタッチ会が開催されます!
前回の開催は、東京と大阪! 今回が2度目の開催!

10/21(土)幕張メッセ展示ホール9
10/28(土)神戸国際展示場3号館


とーやま校長「たくさんの人が来てくれるわけじゃないですか。SCHOOL OF LOCK!を聴いているみんなも行くと思うんですけど…ナヨンさん、来てくれるみんなにメッセージをお願いします!」

ナヨン先生「近くで皆さんにお会いできることを楽しみにしています!」

とーやま校長「確かに、距離近いというか…」

あしざわ教頭「触れ合うんですもんね! すごいことですよ」

ダヒョン先生「楽しい時間作りましょう〜!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「遊びに行くやつは楽しんで来てね!」


そして、来年2018年1月には、
「TWICE SHOWCASE LIVE TOUR 2018」で全国を回られます!

今回のツアーは、東京、埼玉、愛知、大阪、広島、福岡の6カ所8公演!!

とーやま校長「ライブも楽しみだと思いますけど、日本には美味しいものがたくさんあるので! ミナさんは何か食べたいものはありますか?」

ミナ先生「私はうなぎがすごく好きなので、ぜひ名古屋にも行ってみたいですね! あとはとんこつラーメンも好きです!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「じゃあ、愛知とか福岡ですね! チェヨンさんは、日本で好きな食べ物ありますか?」

チェヨン先生「納豆おにぎりです」

とーやま校長「納豆巻きのことかな?」

チェヨン先生「さっき、コンビニで買ったのを食べたら気に入っちゃって(笑)」

とーやま校長「納豆自体も初めてですか?」

チェヨン先生「以前、JYPエンターテインメントというウチの事務所のアーティストが出るコンサートがあって、日本に来たんですが、その時にモモさんが食べていたのをもらって食べてみたんですが、匂いもしなかったですし、美味しいなと思いました!」

とーやま校長「来年のツアーでは美味しいものをたくさん食べられると思うので、お体に気をつけて全国回ってくださいね!」


SCHOOL OF LOCK!



さあ、ここからは再び「One More Time逆電」!!
続いて逆電した生徒がもう一度踏み出したい! と思っている悩みとは…?

青リンゴカプチーノ 大阪府 17歳 女性 高校3年生

とーやま校長「早速だけど、お前がもう一度踏み出したいことっていうのは一体何?」

青リンゴカプチーノ「アーティストと看護師という、2つの夢で悩んでいます!」

とーやま校長「アーティストと看護師。これまた、近いようで近くもなかったりする2つの職業だけど…その狭間で揺れているんだ?」

青リンゴカプチーノ「はい」

RN 青リンゴカプチーノのお母さんは看護師!
ある時、保護者参観日という、子供が親の仕事を見に行く行事でお母さんの働いている姿を見て、カッコいいなと思ったのだそう!

とーやま校長「もう一つのアーティストになりたいっていうのはどういうきっかけでなりたいって思ったの?」

青リンゴカプチーノ「小さい頃から歌が大好きなんです! それと、アーティストのライブに行った時にめっちゃ楽しかったんですけど、ステージに立つアーティストさんもすごく楽しそうに見えて…。私もアーティストさんになりたいな、と思ったんです」

とーやま校長「その2つの夢を持って高校3年生になったんだ。今は看護師になるための勉強をしているの?」

青リンゴカプチーノ「はい、看護大学に入るために受験勉強しています!」

とーやま校長「アーティストになるためには何かしている?」

青リンゴカプチーノ「今は受験勉強で忙しくて出来ていないですけど、高2くらいまで、家で歌の練習を2時間くらいしてました!」

あしざわ教頭「ちゃんとやっていたんだね」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「でも、もう高校3年生だし、季節も秋だから、決めなちゃいけないことも迫って来ているよね。正直、アーティストと看護師になりたいっていう思いは、両方10ずつある?」

青リンゴカプチーノ「6:4で、6がアーティストの方です」

とーやま校長「ジヒョさん、2つの夢の間で揺れているって気持ち、わかるところありますか?」

ジヒョ先生「すごく気持ちわかります。やっぱり看護師という職業は安定していて、未来が保証される職業だと思うんですが、
アーティストとなると、一ヶ月先、1年先がどうなるかわからないという職業なので、本当に悩むだろうなって思います」

とーやま校長「ジヒョさんは実際に今、アーティストとして活躍されているわけですけど、そういう不安が今もあると思うんです。どうやってその不安に打ち勝って来たんですか?」

ジヒョ先生「私の場合は、この仕事を目指していたし、ステージに立つことが幸せで楽しいと思ったので、自分はこの職業になるべきだ、という思い一筋に歌手という仕事をめざしていました」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「青リンゴカプチーノは、みんなの話を聞いてみてどんなことを思ってる?」

青リンゴカプチーノ「看護師は安定した仕事に就けるし、お母さんの姿を見て私もなりたいって思ったけど、
看護師になりたいって気持ちより歌手になりたいって気持ちの方が強くて…。だけど、自分に自信がないので、まだ悩んでいます」

とーやま校長「いつまでに決めないといけないタイムリミットはあるの?」

青リンゴカプチーノ「特にいつまでに決めないといけないっていうのは無いです」

あしざわ教頭「お母さんには歌手になりたいって夢は知っているの?」

青リンゴカプチーノ「知らないです…」

とーやま校長「これはなかなか迷うところだね…。例えば、親に”自分はこう思っているんだけど”って聞いてみるのも一つの手ですよね」

モモ先生「お母さんの意見を聞いてみるのも良いと思います」

あしざわ教頭「モモさんも、実際にアーティストになろうって思った時にお母さんに何か言われたんですか?」

モモ先生「私は、韓国に行くっていうところですごく悩んだんですけど、自分がやりたいことは一つしかなかったので、絶対に行く! って親には言いました」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「やりたいことを後悔なくやるっていうのは当たり前のことだけれども、やりたいことが2個あるのならどっちにも力を注いじゃいなよ! って思うんですよ。めちゃくちゃ大変だけどね。看護学校に行きながら、空いている時間で曲を作ってみるっていうのも出来るっちゃ出来るかな、って思うんですよ」

サナ先生「やりたいことが何個かある時って、考えるだけ考えても頭が痛いだけなんですよ。だから、まず行動に移してみて、自分が本当にやりたいことはなんなのか、フとした時に一番わかると思うんです。
もし、アーティストをやりたい心の方が大きい時に『でも、看護士になった方がいいよ』って誰かが言ってもあまり耳に入ってこないんです。
行動に移して、味を噛み締めたらアーティストをやりたい気持ちが大きくもなると思うし、両方やってみて看護師の方が合っているな、って思ったらそっちに集中出来ると思うから、私は両方やってみてほしいです!
すごくしんどいと思うけど、大変なのは今だけだから。今、精一杯走ってほしいですね!」

SCHOOL OF LOCK!


青リンゴカプチーノ「はい…!」

とーやま校長「そうだよね。今、この場でお前の将来を決める必要もなからね。いずれ決める時が来ると思うんだけど、それが明日なのか、1年後なのかは分からない…。
だけど、今日、TWICEからもらった言葉とか気持ちを胸に持っておいて、タイミングが来たらその言葉を使えばいい。
まだ時間はあるからね! 自分の本当の気持ちと向き合ってゆっくり決めていけば大丈夫だよ!」

青リンゴカプチーノ「分かりました!」

とーやま校長「じゃあ、またね!」

青リンゴカプチーノ「ありがとうございました!」

サナ先生「頑張れ〜!」


♪ KNOCK KNOCK -Japanese ver.- / TWICE


そして、本日も黒板の時間になってしまいました!
今日は、TWICEのモモ先生に書いてもらいました!

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


『 自分への最高のご褒美!! 』

モモ先生「私はTWICEになるオーディションで番組で一回落ちてしまったんです。
その時に、夢を諦めようかな、思うくらいしんどい時期があったんです。
だけど、自分へのご褒美を考えながら頑張ろうと思って、勇気を出して頑張ってTWICEになれたんです。
私、食べることが大好きなんですけど、ダイエットをしていてあまり食べられなかったんです。だけど、頑張ったら美味しいものを食べられるって考えながら、ずっと頑張りました。

どうしても勇気が出ない人は、自分へのご褒美を得るために頑張って、一歩踏み出してほしいです!」


SCHOOL OF LOCK!



とーやま校長「SCHOOL OF LOCK! 本日も下校の時間になってしまいました!」

ダヒョン先生「悲しいです〜」

とーやま校長「でも、SCHOOL OF LOCK!は、まだこれからもあるはずなので、ぜひまた遊びに来てほしいと思ってます!」

ダヒョン先生「ぜひやりたいです!」

あしざわ教頭「嬉しい! ありがとうございます!」

とーやま校長「ミナさんは、今日2時間いかがでした?」

ミナ先生「校長先生と教頭先生のおかげですごく楽しくて、私たち、初めての日本のラジオだったのにすごく楽しかったです! 帰るのが残念です」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「ずっといてもらっても大丈夫ですよ!」

あしざわ教頭「言い方が怖いんだよ(笑)」

とーやま校長「ジョンヨンさんはいかがでした?」

ジョンヨン先生「また遊びに来たいです!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「待ってますね! ジヒョさんはいかがでした?」

ジヒョ先生「ファンの方と直接話せてとても楽しい時間でした! 皆さんも楽しかったですか?」

TWICE先生「はーーい!」

とーやま校長「生徒のみんなも待っているんで、また遊びに来てください! それでは、最後はみんなで挨拶しましょう!!」

あしざわ教頭「起立! 礼!!」

全員「また明日〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」


SCHOOL OF LOCK!




素晴らしい!
サナさんの言葉に感動しました!私も今将来に対して悩んでいるので頑張って見ようと思います!!
TWICE♥みおん♥
女性/16歳/富山県
2017-10-19 23:44



あしざわ教頭「勇気もらってるね!」

とーやま校長「他にも、勇気や気持ちをもらったっていう生徒がたくさんいました! TWICE先生が来てくれて、本当に良かったね!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「そして! 日付変わって2017年10月20日が、2周年目のデビュー記念日なんだそうですよ! おめでとうございます!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「また会いたいと思ってるよー! どうもありがとうーーー!!」


【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN なつめぐ


SCHOOL OF LOCK!

RN きのきのきのっぴー


SCHOOL OF LOCK!

RN はるな


SCHOOL OF LOCK!

RN 桜嵐@永遠のSOLファン


SCHOOL OF LOCK!

RN 桜嵐@永遠のSOLファン


SCHOOL OF LOCK!

RN ふてふてりんご



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
ミッチョマン 0706 千葉県 17歳 男性
青リンゴカプチーノ 大阪府 17歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
えりンギあいすくりん 神奈川県 16歳 女性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:06 TT –Japanese ver.- / TWICE
22:28 避雷針 / 欅坂46
22:36 One More Time / TWICE
23:50 CHEER UP -Japanese ver.- / TWICE
23:44 KNOCK KNOCK -Japanese ver.- / TWICE
23:49 One More Time / TWICE

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

楽しかった!でもやっぱジヒョさんがリーダーなのにあいさつ忘れてたんだよなあ・・・。

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

TWICE先生もう1度(One More Time)必ず来てください!!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
- Prev                 Next -
<   2017年10月   >
MonTueWedThuFriSatSun
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE