大人気YouTuber スカイピース先生が初来校!!!
今夜の授業テーマは『スカイピースと対決してみた!!!』

生放送 2017.12.13 水曜日

SCHOOL OF LOCK!


放送が始まった直後からテンションが高いとーやま校長。

とーやま校長ユニコーーーーーーン!!!! デビュー30周年、おめでとうございまーーーす!!」

あしざわ教頭「気持ちが溢れているぞー!」

とーやま校長「1987年のデビューから、途中で活動を休止している期間が16年あったわけだけど、でも今年めでたくデビュー30周年を迎えられて、今そのツアーをやっているところ!
さっきのさっきまでZepp Tokyoを観させてもらっていて! 素晴らしかった!! ユニコーーーン!!!!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「めちゃくちゃテンション上がってるな(笑)」

とーやま校長「もしも10代のみんなで、ユニコーンをまだ聴いたことがないってヤツは、"THE VERY BEST OF UNICORN"っていうベストアルバム、18曲入り! 俺が人生で一番聴いてる! 聴きすぎてCDがパカパカになっている! 良かったら、暇があったら聴いてみて!」


そして、本日冒頭の黒板はこちら!

SCHOOL OF LOCK!


『 3日目 』

今週のSCHOOL OF LOCK!は…!
毎日"2017年スゴかった人"が登場するWEEK!

あしざわ教頭「1日目となる月曜日は椎名林檎先生
そして2日目となる火曜日は『ラブライブ!サンシャイン!!』からAqours先生が来校してくれました!」

とーやま校長「昨日は職人が来てくれたよね」

あしざわ教頭「降幡愛先生ね(笑) 急にあだ名で言うとわからなくなっちゃうからね(笑)
昨日は3人の方が来てくれました! 伊波杏樹先生、小林愛香先生、降幡愛先生でございます」

とーやま校長「『ラブライブ!サンシャイン!!』観てるヤツからしたら、もう乱舞だったね! スゴかったね!」

あしざわ教頭「もう狂喜乱舞ね(笑) スゴいことになっておりました!」


そして、3日目となる今夜の生放送教室には…!
大人気YouTuber! スカイピース先生が初来校!!


スカイピース先生!
今日は待ちに待った水曜日!!
大好きなスカイピース先生が来校する!!
スカイピース先生の動画・歌は私の中でたくさんの影響力があって、毎日20時に動画を見ることが日課です。
そして、数知れない元気をたくさんもらってきました。
スカイピース先生は私の人生(まだ16年しか生きてないけど)を語る中でいなくてはならない人です!!
スカイピース先生に出会えて本当によかった!!
これからも応援しています!大好きです!!
ホッピングサイダー
女性/16歳/宮城県
2017-12-13 06:24



とーやま校長「幸せさが溢れ出る書き込みだね! ホッピングサイダーありがとう!」



つつつつつつついに
今日はスカイピース先生が来るぞー!!!!!
チャンネル登録もしたし、まじで準備万端てーす!!!朝からテンション上がるわー!!フー!!!
世界の終わりのあたいタン☆
女性/11歳/北海道
2017-12-13 07:51



とーやま校長「あたいたんもだし、他にもたくさんの生徒がこのスカイピース先生の来校が発表されてから、書き込みが尋常じゃなくて!」

あしざわ教頭「スゴいことになってるんです! スカイピース先生のYouTubeのチャンネル登録者数ですけど、なんと120万人オーバーですよ!」

とーやま校長「120万よ! 120万人って言ったら、教頭先生のYouTubeのチャンネル登録者数の200倍!?」

<ドーン!>

あしざわ教頭「やめてほしいなぁ。驚くのはまだ早いですよ! もっとすごいのが動画の総再生回数ですよ! なんと…4億8000万回を超えてます!」

とーやま校長「4億8000万回って言ったら、教頭がこの間アップしたライブドローイング動画の再生回数の…9万6000倍!?」

<ドーン!>

あしざわ教頭「比較をするなよ!(笑) "ドーン"もやめろ! スカイピース先生がスゴすぎるんだよ。僕と比べるのは本当にやめてください! 恥ずかしいんで(笑)
でも、私の動画も観てくれてはいるんですね? ありがたいです」

とーやま校長「観てる! 当たり障りのない面白さが(笑)」

<ドーン!>

あしざわ教頭「お? これは悪口だ〜!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「でもそういうの大事じゃん。コメントとか見てると何かしながら観るって言う人多くない? そういうのがいいなと思う」

あしざわ教頭「これは嬉しい。ありがとうございます」

とーやま校長「本当に、テレビ観ながらすげー観てるからね! テレビの音量を上げて、スマホの音量をすごく絞って…」

<ドーン!>

あしざわ教頭「それ、観てないんだよ!(笑)」

とーやま校長「でも楽しみにさせてもらってる」

あしざわ教頭「本当ですか? ありがとうございます!」

とーやま校長「このあとスカイピース先生が登場するから、みんな楽しみに待っとけ!」


♪ スタートダッシュ / スカイピース


とーやま校長「聴いてもらってるのは…スカイピース先生で『スタートダッシュ』!
そして、今夜、一緒に授業を届けてくれるのは、そう、この2人…!」

スカイピース先生ーーーー!!!!

スカイピース先生どうも! スカイピース! イェイッ!!!

SCHOOL OF LOCK!


☆イニ☆先生
テオ先生

とーやま校長「スカイピース先生、よろしくお願いします!!」

スカイピース先生「よろしくお願いします!」

とーやま校長「2人が登場してくれるって発表をこの間させてもらった時から、書き込みの数がハンパじゃないんですよ! "書き込みを読んでほしいから、今日掲示板に登録しました"みたいなヤツもたくさんいるし、2人に会いたい生徒がたくさんでスゴいんですよ!」

テオ先生「嬉しいですね〜!」

☆イニ☆先生「ありがたいです」

とーやま校長「ラジオに出られることってよくあるんですか?」

☆イニ☆先生「ラジオはないよね? 自分たちで発信して生放送、みたいな感じのはやるんですけど、声だけの出演っていうのはないです」

とーやま校長「それじゃあSCHOOL OF LOCK!選んでくれたってこと!?」

テオ先生「もちろんですよ!!」

あしざわ教頭・☆イニ☆先生「(笑)」

とーやま校長「しかも! テオ先生は俺たちも初めましてじゃないですか。でも、☆イニ☆先生とは、"久しぶりなんだよね!"って言い方でいい?」

☆イニ☆先生「久々ですよ! 会ってますから。実はそうなんですよ。未確認フェスティバル2015のLIVEステージで、自分たちがまた別のグループでステージに出ていました!

とーやま校長「LIVEをやってて、もちろん校長の俺と教頭先生がそこでMCをさせてもらってたの。曲終わりとかもしゃべらせてもらったんだよね?」

☆イニ☆先生「そうなんですよ。だから、その時は本当に生徒で出てたんで、自分が先生になってるのが信じられないっていう」

とーやま校長「あの時のこととか覚えてる?」

SCHOOL OF LOCK!


☆イニ☆先生「めっちゃ覚えてます! 人がめちゃくちゃ多くて、あんなにでかいLIVEをしたことがなかったんです」

とーやま校長「渋谷のO-WEST? じゃあ500〜600人ぐらい」

☆イニ☆先生「すごく広くて、俺全然しゃべれなかったんですよ(笑) 緊張しちゃって。…けど、裏でおふたりがめっちゃ優しい言葉をかけてくださったんです」

とーやま校長「いやいやいや、やめてやめてー!(笑)」

あしざわ教頭「それこそやめなさいよ(笑)」

とーやま校長「そういうのもあって、今はスカイピース先生として今日来ていただいています。2人は結成してどれぐらいなの?」

テオ先生「1年半ですね」

とーやま校長「どうやって2人がスカイピースになったか、聞いてもいいですか? どういう経緯でスカイピースをやり始めたんですか?」

テオ先生「もともと自分がVineっていうプラットフォームで動画を上げてたんです」

とーやま校長「6秒とかだっけ?」

テオ先生「そうです。で、相方の☆イニ☆がニコニコ動画で(動画を)上げてました。共通の友達の宮川くんが"一緒に動画を撮らないか"って言って、初めてそこで会ったんですよね。その時に"あ、コイツ面白い!"って思いました。
その時ちょうど(テオ先生が)YouTubeをやり始めてて、ひとりじゃ詰まらないと思ってコンビに誘ったんですよ。でもその時に就職が決まってて」

☆イニ☆先生「そうなんですよ。専門学校を出てて、もう就職先も決まってたんですよ。入社式も行ったんです」

とーやま校長「え!? ちなみに、何の会社かは聞いてもいいの? 何系の仕事?」

☆イニ☆先生「あの〜、あれです。家賃のヤツ!

一同笑い

とーやま校長「不動産屋さんってこと?(笑) でも今の世界とは全く違う世界なんですね」

☆イニ☆先生「全く違う! まず、自分、実は専門学校が介護福祉士を取れるっていう、介護の専門学校に行ってて、そこを卒業して、家賃のヤツに行ったんですね」

とーやま校長「不動産屋ね(笑)」

☆イニ☆先生「家賃のヤツに行ってからテオくんに話しかけられて、猛アタックですよね。何回も、"一緒にやろうやろう!"って」

とーやま校長「テオ先生と会った時の最初の印象は覚えてる?」

☆イニ☆先生「結成して1年半なのに、初めて会った時が2年くらい前なんですよ。会って間もなかったんですけど、自分も動画を観てたんで。動画ですっごい元気なキャラクターなんですよ」

とーやま校長「テオ先生が?」

☆イニ☆先生「もう、そのまんまです! この感じなんですよね。なんで、テオくんは動画通りでした」

とーやま校長「へー! そこからスカイピースになって、今なんてYouTubeの登録者数が120万人!」

☆イニ☆先生「ありがたいですね!」

とーやま校長「で、こうして、☆イニ☆先生としては、SCHOOL OF LOCK!にBack Again…戻って来てくれている! テオ先生も一緒に来てくれてね。
今日は生徒のみんなと、たくさん2時間一緒に遊べたらいいなと思っているんで、改めまして、スカイピース先生! 今日は2時間、よろしくお願いいたします!」

スカイピース先生「よろしくお願いしまーす!」

SCHOOL OF LOCK!



さあ、スカイピース先生とお届けする今夜の授業は…
『スカイピースと対決してみた!!!』

とーやま校長「今夜は我が校の生徒に、これまでYouTubeで様々な企画・ゲームをやってきたスカイピース先生と、ミニゲームで対決していってもらう! 今までどれぐらいの動画数を上げてきてるんですか?」

☆イニ☆先生「500…。本チャンネルで500で、サブとか個人もあるんで…結構あるね」

テオ先生「めちゃくちゃありますね」

とーやま校長「結成して1年半でしょ? ってことは、毎日ってこと?」

☆イニ☆先生「毎日以上ですね」

テオ先生「1日3本とかもあります」

とーやま校長「えー!?」

あしざわ教頭「さっき"8時を楽しみにしてます"っていう書き込みも、その時間に動画が上がるっていうことですよね」

☆イニ☆先生「そうなんです」

そんなスカイピース先生と、今日、生徒のみんなは
ミニゲームで対決していってもらうぞ!

あしざわ教頭「対決するミニゲームは全部で4つあります!」

1つ目のミニゲームは『10秒あらすじ対決』
映画やドラマ、アニメなどのあらすじを10秒で説明するゲーム。
よりお題の魅力を伝えた方に1ポイント!
2ポイント先取で勝利になるぞ!

あしざわ教頭「校長先生、例えば『君の名は。』」

<カーン!(ゴングの音)>

とーやま校長「入れ変わっちゃうよね…。あのね…前前前世から入れ変わっちゃうから。会えたり会えなかったり、みたいな。えーっと、三葉…」

<カンカンカンカン!>

スカイピース先生「(笑)」

あしざわ教頭「最後、『君の名は。』を言って終わった!」

とーやま校長「1ポイント! でもこれちょっと難しいよ!」

テオ先生「難しいっすねぇ!」

☆イニ☆先生「でも、スカイピースのエンディングで、15秒間だけ今日の動画の振り返りと明日の動画を言うんですよ。なので、一応毎日、15秒の中であらすじを話してるので」

とーやま校長「じゃあ鍛えられてはいるわけですね」

あしざわ教頭「こんな感じで、お題が発表されたらすぐに説明して欲しいと思います!」

SCHOOL OF LOCK!


2つ目が、『日本語に直しましょう対決』
お題となるカタカナ言葉を日本語に直して説明するゲーム。
より近いニュアンスの日本語に直せた方に1ポイント!
2ポイント先取で勝利!

とーやま校長「☆イニ☆先生! 『ラジオ』」

<カーン!>

☆イニ☆先生「ラジオ…ラジオは音が出るんですよね。音出て、耳。見れないんですよ。目じゃ見えないんだけど、音で感じられます。とても素晴らしいものでございます! はい!」

<カンカンカンカン!>

とーやま校長「これだと、"日本語の文章に直しましょう対決"になっちゃうんです。単語がほしいかな?」

☆イニ☆先生「あー、なるほど!」

とーやま校長「☆イニ☆先生! 『ステレオ』」

☆イニ☆先生「ステレオ…です。音、出すやつ…」

<カンカンカンカン!>

一同笑い

テオ先生「これヤバイじゃないですか!」

あしざわ教頭「簡潔ではありましたね(笑)」

とーやま校長「こういう感じ!」

テオ先生「これは合ってるんですか?」

とーやま校長「合ってるというか、ニュアンスが近い方が勝ちなんです。正解っていうよりも、"ああこれ納得"っていうやつに1ポイント入るシステムです」

テオ先生「"〜やつ"みたいな(笑)」

あしざわ教頭「"やつ"が多用されがちになりそうですね(笑)」

とーやま校長「ただ、"やつ"は相当ポイントが低いと言うことを頭に留めておいてください(笑)」

3つ目が『古今東西あるある対決』
テーマに対する"あるある"を
生徒と☆イニ☆先生、テオ先生で順番に言っていき、
より"あるある"を言えていた方の勝利となる!

あしざわ教頭「例えば、テオ先生! 『スカイピースあるある』! お願いします!」

テオ先生「"やつ"使いがち!」

<カンカンカンカン!>

☆イニ☆先生「それ、今ね!」

テオ先生「っていうことですよね」

とーやま校長「まぁ、そういうことでいいんじゃないですか?(笑) ポンポンお題が出てくるんで、そのつど"あるある"を言っていってほしいってことです」

最後、4つ目が『モッツァレラチーズゲーム対決』
「モッツァレラチーズ!」と順番に、
前の人よりもテンションを上げながら言っていくゲーム。
最終的に最もテンション高く「モッツァレラチーズ」と言えた方の勝利!

とーやま校長「これはスカイピース先生が有利だと思ってる。生徒は基本家にいるわけだからね」

あしざわ教頭「ああそうか! 親の目がある!」

テオ先生「親フラがありますからね」

とーやま校長「スカイピース先生、この4つのミニゲームはいかがですか?」

テオ先生モッツァレラゲームに関しては、もうスカイピースの動画でやってるんですよ

とーやま校長「え!? すでに!?」

テオ先生「だから、上げてく歩幅というか、そういうのが全部わかってるので、これに関しては絶対に負けないと思います」

とーやま校長「そしたら変えた方がいいんじゃない? 『パルメザンチーズ対決』とか」

あしざわ教頭「内容が違うだけでほぼ一緒だよ(笑) そこが問題じゃない」

とーやま校長「そう?
とにかく、生徒のみんなは勝ちに来てほしいわけ! なぜなら、生徒のお前が勝った場合は、なんとご褒美を用意している!」

用意したご褒美は…!

『言ってほしい言葉をリクエスト』!
生徒がリクエストする言葉を、
スカイピース先生に言ってもらいます。

とーやま校長「これは何でもいいですよね?」

スカイピース先生「何でもいいですよね」

とーやま校長「ちなみに、生徒のお前、言ってほしいことは何でもいいけども、言葉次第によっては、明日からこの学校が閉鎖される可能性があるから、そこはちゃんと考えてな」

<ドーン!>

あしざわ教頭「それはちょっと空気を読んでいただきたい! お願いしますよ」

続いては、『暴露話』!
2人にとっておきの暴露話を披露していただきます。

あしざわ教頭「聞いたことがないことを聞きたいですね」

他には、『スペシャル動画をTwitterにアップ』!
我が校のTwitterに2人のスペシャル動画をアップさせてもらいます。

とーやま校長「これは我が校的にも嬉しいね!」

そして最後のご褒美は…『スペシャルサプライズ』!

あしざわ教頭「スカイピース先生に対決で勝つことができたら、この4つの中から抽選で選んだどれか1つ! 生徒にご褒美が与えられます!」

生徒のみんなは、"これならスカイピース先生に勝てるかも!"というゲームを
学校掲示板もしくはメールに書き込んでほしい!

SCHOOL OF LOCK!



スカイピース先生は、今週の12月17日(日)に
東京ビッグサイトで開催される、
『YouTube FanFest』というライブイベントに出演される!

とーやま校長「『YouTube FanFest』っていうのはどういうイベントなんですか?」

☆イニ☆先生「これスゴいんです! 本当に、なんかもう場違いなんじゃねーか、ぐらいすごいんですよ」

とーやま校長「でもスカイピースだってスゴいわけでしょ? どういう場所なんですか?」

テオ先生今年、YouTubeで活躍した人たちが呼ばれるヤツで、"出たい"って言って出られるものじゃないんです」

とーやま校長「厳正なる審査だったりとか」

あしざわ教頭「選ばれた人たちが」

テオ先生「選ばれて、"どうですか?"っていうゴールドチケットを渡されて、"もちろん、出ます!"

あしざわ教頭「(笑) 真っすぐな目で言いましたね」

とーやま校長「YouTuberのみなさんが何組ぐらい出るんですか?」

テオ先生「5組、6組ぐらい出る」

☆イニ☆先生「それもめちゃくちゃスゴい方たちが!」

HIKAKINさん、東海オンエアさん、フィッシャーズさん、
はじめしゃちょーさんなど、そうそうたる顔ぶれとのこと。

とーやま校長「緊張っていうか、ドキドキもすごいあるってことですか?」

テオ先生「俺はでもドキドキはあんまりしない。ワクワクの方がでかいんで」

☆イニ☆先生「俺はもう今から足が震えてます。もう、ドキドキで!」

とーやま校長「ウソ!? 東京ビッグサイトっていうことは、何万人とかってことですか?」

☆イニ☆先生「ほんと、そのくらいのでかさですよ」

完全招待制でチケットの応募期間は終了してしまってるけれど、
『YouTube FanFest』の公式チャンネルでライブ配信も行われるので
チェックしてみてほしい!

SCHOOL OF LOCK!



さあ、今夜のSCHOOL OF LOCK!は
『スカイピースと対決してみた!!!』をお届け!

最初に対決してくれる生徒はこちら!

ウオタミハンゾー 東京都 16歳 男性 高校2年生

RN ウオタミハンゾーは、サカナLOCKS!
"ミュージシャンしりとり対決"の第1回優勝者!
スカイピース先生の動画は、半年以上前からよく観ているのだそう。

とーやま校長「そんな大好きなスカイピース先生に対決を挑むことになってるわけだけど、対決したいゲームはもう決まってる?」

ウオタミハンゾー「決まってます!」

とーやま校長「スカイピース先生、ゲームを選ぶ権利を生徒に与えてもいいですか?」

スカイピース先生「あーまぁまぁまぁまぁまぁまぁ…」

とーやま校長「あんまり大人げがないな(笑)」

スカイピース先生「(笑)」

RN ウオタミハンゾーが対決したいゲームは…

ウオタミハンゾー『古今東西あるある対決』でお願いします!」

あしざわ教頭「スカイピース先生はどちらかが脱落した時点で負けになりますので、気をつけてください」

とーやま校長「ひとりが突っかかった時点でもう終わりね。生徒の勝ち!」

あしざわ教頭「そして対決の判定の方なんですけれど…」

とーやま校長「はい、僕! 俺がやります!」

順番は、☆イニ☆先生、テオ先生、RN ウオタミハンゾー。

とーやま校長「古今東西! パンパン、○○! パンパン、○○! このペースも大事だからね!」

あしざわ教頭「ではまずはお題を発表したいと思います。いきましょうか。お題です。『学校あるある』!
さっそく☆イニ☆先生からスタートして行きたいと思います! お願いします!」

☆イニ☆先生「はい、行きます! (パンパン)遅刻しがち!」

テオ先生「(パンパン)"デュクシ"ってヤツいる!」

ウオタミハンゾー「(パンパン)シャープペンの芯、切れやすい」

☆イニ☆先生「(パンパン)机にうつ伏せで寝がち」

テオ先生「(パンパン)ずっと体操服のヤツ」

ウオタミハンゾー「(パンパン)中学校が給食によって○×△□…」

あしざわ教頭「聞こえないぞ(笑)」

とーやま校長「一回、私が審査します!(笑) 電波が途切れてしまうという事態があったんで、中学校の給食の何?」

ウオタミハンゾー「はい。中学校の給食って、市町村であるところとないところがあるじゃないですか。それを言いました」

とーやま校長「それを言いました。『学校あるある』…オッケー! はい、☆イニ☆先生!」

☆イニ☆先生「(パンパン)ラブレター実際もうない」

テオ先生「(パンパン)女子にカンチョーしたら泣く」

ウオタミハンゾー「(パンパン)バレンタインデーにチョコもらえないと悲しい」

☆イニ☆先生「(パンパン)先生に、裏でタメ口」

テオ先生「(パンパン)先生に、あだ名をつける」

ウオタミハンゾー「(パンパン)100点取ったらドヤ顔する」

☆イニ☆先生「(パンパン)赤点取ってもいいやって開き直ってるヤツ絶対いる」

テオ先生「(パンパン)遅刻の理由は"暑かったから"っていうふざけたヤツ、ひとりはいる」

ウオタミハンゾー「(パンパン)テスト前日、"勉強して○×△□"っていうのは9割詐欺」

☆イニ☆先生「(パンパン)好きな人に、会える」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「…ちょっと待ってください! 好きな人がいるから、学校に行くのが楽しいっていうのは、まぁある」

☆イニ☆先生「学校に好きな人がいるっていうのが、まず"あるある"じゃないですか。一番会うところなんで。そこに毎日行けるから…毎日会える」

とーやま校長「うん、あるある。そうだね。内容はOK、わかった。ただ、ちょっとテンポが良くなかったんだよね」

☆イニ☆先生「あー、テンポがねー」

とーやま校長「テンポが一番うるさいって言わなかったっけ? テンポに乗れてなかったから、ウオタミハンゾーの勝利ーー!!!!

スカイピース先生「あーーー!!」

ウオタミハンゾー「ありがとうございます!」

とーやま校長「ウオタミハンゾーすごくなかった?」

テオ先生「すごいっすね! テンポよかったですよね」

ウオタミハンゾー「ありがとうございます!」

ということで、勝ったRN ウオタミハンゾーにはご褒美!
ご褒美BOXの中から☆イニ☆先生に引いてもらったぞ。

☆イニ☆先生「じゃん! 『スペシャル動画をTwitterにアップ』!

とーやま校長「出た!」

ウオタミハンゾー「おお!」

SCHOOL OF LOCK!の公式Twitterにスペシャル動画を上げることになった!

とーやま校長「動画はいつ録ってくれる? 今録ってくれるでいい?」

☆イニ☆先生「今で大丈夫です!」

あしざわ教頭「鮮度がすごい!」

とーやま校長「ウオタミハンゾー、まず感謝!」

ウオタミハンゾー「ありがとうございます!」

とーやま校長「そして、お前に感謝している生徒が、今およそ160万人!」

あしざわ教頭「すげーいるぞー!」

フリースタイルを即興で今この場でやってもらうことに。
RN ウオタミハンゾーにキューを出してもらったぞ。

ウオタミハンゾー「ようい、キュー!」

<♪ 即興フリースタイル / スカイピース>

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長がそこに割り込もうとしたものの、動画はここまで。

あしざわ教頭「強引に入ってくんじゃないよ!」

とーやま校長「動画撮ってない? なんで俺を撮らないんだよ!」

SCHOOL OF LOCK!


一同笑い

とーやま校長「ウオタミハンゾー、今どうだった?」

ウオタミハンゾー「いつも通りで最高でした!」

☆イニ☆先生「確かに!(笑) いつもヘタなんですよ!」

とーやま校長「いーや、よかったね!」

あしざわ教頭「即興だったんだから、スゴいよ!」

とーやま校長「お前のお陰だ! この後Twitterアカウントに上げるんで、もう一回改めて観てくれ!」

ウオタミハンゾー「はい、ありがとうございます!」

RN ウオタミハンゾー、どうもありがとう!

スカイピース先生のスペシャル動画をSCHOOL OF LOCK!Twitter公式アカウントにアップしたぞ〜!!!




とーやま校長「そしてスカイピース先生もありがとうだな! 即興でやってくれるってスゴいな!
でもご褒美がまだほしい! ほしいでしょ?」

あしざわ教頭「よーし、行こう!」

SCHOOL OF LOCK!


続いて対決してくれる生徒は…

さやの助 栃木県 16歳 女性 高校2年生

とーやま校長「さやの助はスカイピースが大好きでしょ? 対決してほしいんだけどいけるか?」

さやの助「大好きです! はい、いけます!」

とーやま校長「じゃあ、さやの助が対決したいゲームは、一体なんだい?」

さやの助『日本語に直そう』

とーやま校長「出たよ! よくこれにいったね!」

『日本語に直しましょう対決』は、お題となるカタカナ言葉を
日本語に直して説明するゲーム。
より近いニュアンスの日本語に直せた方に1ポイント!
2ポイント先取で勝利だ!

あしざわ教頭「さあ、対決の判定は…」

とーやま校長「はい、俺! とーやま!」

あしざわ教頭「校長先生に決めていただきたいと思います!」

とーやま校長「さやの助、どうする? 先攻いきたい? 後攻いきたい?」

さやの助「えー、先攻で!」

とーやま校長「スカイピース先生、どっちがいいですか?」

スカイピース先生「……後攻で(笑)」

とーやま校長「スカイピース先生は様子をうかがうってことね」

あしざわ教頭「さっそく行くぞ! 『日本語に直しましょう対決 』! お題は…『アフロ』

<カーン!>

さやの助「モジャモジャ…モジャモジャ頭!」

<カンカンカンカン!>

スカイピース先生「(笑)」

あしざわ教頭「シンプル!(笑)」

テオ先生「モジャモジャ!」

とーやま校長「モジャモジャのダブルも入ったからね」

対決に挑むのはテオ先生。
お題は『アパート』

<カーン!>

テオ先生「鉄でっかいやつ!」

SCHOOL OF LOCK!


<カンカンカンカン!>

あしざわ教頭「"やつ"出ちゃったよ!(笑)」

とーやま校長「これは…"鉄でっかいやつ"でしょ? アパートでしょ? 人が住むものでしょ? "住む"とかってワードがほぼなかったってことで…さやの助の勝利!!

あしざわ教頭「イェーイ!」

とーやま校長「これは一撃アウト! さやの助が1ポイントで勝ちです!

テオ先生「アウトでした!?」

さやの助「やったー!(笑)」

とーやま校長「よかったね! 『アフロ』で"モジャモジャ頭"、しっかりイメージできたからね」

テオ先生「確かにできましたね!」

ということで、RN さやの助にご褒美!
残り3つの中から、テオ先生にひいていただいたぞ。

テオ先生『言ってほしい言葉をリクエスト』!」

あしざわ教頭「来た! やったじゃん! さやの助、お前特別だぞ!」

さやの助「わー!」

とーやま校長「お前がリクエストできるからな!」

さやの助「ヤバいです!(笑)」

とーやま校長「これはふたり? テオ先生? ☆イニ☆先生?」

さやの助「決めていいんですか? えー、じゃあじんたんで…(笑)」

テオ先生「クソォ!!」

☆イニ☆先生「あざーす!」

あしざわ教頭「ゲームをしたのはテオ先生なのに(笑)」

とーやま校長「じゃあ、じんたん…☆イニ☆先生に言ってほしい言葉はどんな言葉?」

さやの助「"いつも応援してくれてありがとう、好きだよ"(笑)」

とーやま校長「名前も言った方がいいんじゃないの?」

さやの助「名前もお願いします! さやの助でお願いします!」

とーやま校長「じゃあ…みんなで静かに聞こうか。☆イニ☆先生のタイミングで、よろしくお願いします!」

☆イニ☆先生"いつも応援してくれて、ありがとう! さやの助! 好きだよ!!"

さやの助「(笑)」

一同笑い

☆イニ☆先生「そんなに喜んでくれるんだ」

とーやま校長「ちょっとさやの助、今どんな気持ち?」

さやの助「もうヤバイです。心臓が飛び出そう!」

とーやま校長「そうだねー、ヤバイね! よかったね! さやの助!」

さやの助「ありがとうございます! ほんとに!」

☆イニ☆先生「こちらこそありがとう!」

とーやま校長「さやの助!」

さやの助「はい!」

とーやま校長「"好きだよ"!」

あしざわ教頭「なんでお前が言うんだよ!」

さやの助「(笑)」


♪ ありがとうをおまえに / スカイピース


とーやま校長「生徒調子いいな!」

あしざわ教頭「いい感じで進んでますね!」

テオ先生「すげーな!」

☆イニ☆先生「そろそろ勝ちたいですね」

とーやま校長「ちょっとね、スカイピース先生が劣勢だな。特にテオ先生が弱いんじゃないかなって」

テオ先生「マジっすか!?(笑)」

とーやま校長「アパート酷すぎたな。聴いてるみんなはわからなかったかもしれないけど、ジェスチャーも入ってたからね」

テオ先生「確かに!」


スカイピース先生はYouTuberとしてでなく
アーティストやダンサーとしても活躍されていて、
12月26日に大阪BIGCAT、30日には東京 恵比寿LIQUIDROOMで
LIVEを開催
します!

☆イニ☆先生「スカイピース初のワンマンLIVEということで、今からいろいろ準備しております!」

テオ先生「夢のワンマンLIVE!」

とーやま校長「これは、いつぐらいにやろうってなったんですか?」

☆イニ☆先生「LIVEをちょいちょいやってた頃から、"単独でLIVEやりたいよね"って昔からずっと言ってて、スカイピースは歌とかも出してるんですけれども、それをやってる時からワンマンは夢ではありましたね」

とーやま校長「テオ先生、BIGCATもLIQUIDROOMも、チケットがSOLD OUT!」

テオ先生「はい!」

とーやま校長「しかもただのSOLD OUTじゃなくて、1秒!」

テオ先生「ありがとうございます! いや〜、すごいですよね! 俺たちも知らないですもん。速すぎて」

とーやま校長「いつチケットが売れて届いて、どうなってるのかが」

テオ先生「どうなってるのかわかんないですもん。でも1万以上の応募はあったらしくて」

とーやま校長「じゃあ武道館で良かったじゃん」

テオ先生「もうね、調子乗ってやっちゃおうかな、ぐらい(笑)」

とーやま校長「はえー! すごい!」

テオ先生「いや、でもありがたいですよね」

とーやま校長「どういうことをするかっていうのは、来てのお楽しみか!」

☆イニ☆先生「そうですね。でもやっぱりYouTubeとかもやってるんで、まぁ、普通のLIVEではないかな、みたいな」

とーやま校長「俺は全然想像つかないんですよ。俺みたいな人もたくさんいると思うんです。スカイピース、YouTubeでものすごい人気があるって人が、実際にバンドとかライブハウスをやるLIQUIDROOMでね。観たことがないようなエンターテイメントがたぶんそこにあるわけじゃん」

☆イニ☆先生「めちゃくちゃ持ち上げるじゃないですか!」

とーやま校長「いや、でも本当にそうですよ」

あしざわ教頭「生徒もみんなこういう気持ちだと思いますよ」

とーやま校長「何があるんだろう、っていう。もしかしたらそれがどこかで見られたり、とかもあるのかな? それもわからないか!」

スカイピース先生「そうですね…」

とーやま校長「これは来てのお楽しみだ!」

テオ先生「そうですね!」

SCHOOL OF LOCK!



さあ、スカイピース先生を迎えて送る今夜のSCHOOL OF LOCK!の授業は!
『スカイピースと対決してみた!!!』

書き込みもたくさん届いているぞ。


スカイピース先生
twitterの動画見ました!即興って凄い!
アル パカ子
女性/16歳/福岡県
2017-12-13 23:01



あしざわ教頭「SCHOOL OF LOCK!の公式Twitterの方で上げた動画なんですけど」

とーやま校長「生徒が勝ったことによって、ご褒美でね」

あしざわ教頭「即興でラップ的なことをやっていただいて、その動画が上がって…」

『ラップ"的な"』と言った教頭に、一同からそうツッコミ。

あしざわ教頭「内容を全部言っちゃうとアレかな、と思って。内容を隠そうとした結果、失礼な言葉を言うという本当に最低なことをしました! 申し訳ございません(笑)」

スカイピース先生「(笑)」

とーやま校長「この再生回数が、さっきの時点でもう1万2000越えてる」

あしざわ教頭「すご!」

スカイピース先生「へ〜!」

とーやま校長「ここからもさらに伸びるんじゃん」

SCHOOL OF LOCK!




スカイピース
スカイピース!!!
もうすべてが最高!今年一番の興奮!
アイアム先生
男性/14歳/神奈川県
2017-12-13 22:56



あしざわ教頭「男子が盛り上がってますよ!」

テオ先生「いや〜、もっと頑張りますよ!」


さあ、続いて対決してくれるのはこの生徒!

やしょ 香川県 16歳 女性 高校2年生

RN やしょもスカイピースが好きで、ドキドキしていると話す。

とーやま校長「スカイピースのどういうところが好き?」

やしょ「ふたりの息がすごい合ってたりすることろが好きです!」

それを聞いて拳を合わせるスカイピース先生。

とーやま校長「やしょ、だけど、今から対決しなきゃいけないんだけど、その気持ちはできてる? 大丈夫?」

やしょ「はい!」

とーやま校長「じゃあ4つのゲームのうち、やしょが選んだゲームはどれ!?」

やしょ『10秒であらすじを伝える』

とーやま校長「出たよ!」

『10秒あらすじ対決』は、映画やドラマ、アニメなどのあらすじを
10秒で説明するゲーム。
よりお題の魅力を伝えた方に1ポイント!
そして2ポイント先取で勝利になるぞ!
対決の判定はもちろん校長先生!

とーやま校長「やしょ、10秒だからね! 自信はどうだい?」

やしょ「あります!」

とーやま校長「いいね! ☆イニ☆先生とテオ先生、どっちいきます?」

☆イニ☆先生「これはもう俺が決めてました。…テオ先生!」

テオ先生「なんでやねん! 自分ちゃうんかい!」

とーやま校長「さっきの『日本語に直しましょう対決』で相当な…(笑)」

テオ先生「ズタボロだったのに(笑)」

とーやま校長「テオ先生でいくでいいんですね?」

テオ先生「まかせてください!」

とーやま校長「わかった!」

先攻・後攻は、口じゃんけんで勝ったRN やしょが後攻を選んだ。

あしざわ教頭「それではさっそくテオ先生からいってみましょう!」

テオ先生「まかせてくだせぇ! こっちは(Vineで)6秒で戦ってたんでね!」

あしざわ教頭「それではお題にいきたいと思います! お題は『ドラえもん』!」

<カーン!>

テオ先生「本当にね、ものすごい感動する物語なんですよ! お腹のちっちゃいポッケからぴょんっていろんな道具が出てきて、それによってのび太が更生していくんですよ」

SCHOOL OF LOCK!


<カンカンカンカン!>

とーやま校長「更生なのかな? 別にのび太は不良でもないしね 」

☆イニ☆先生「悪ガキなわけではない」

テオ先生「そうか」

とーやま校長「素敵な物語は、映画だけの話のような気もするしね(笑)」

あしざわ教頭「素敵なパターンがあるからね」

とーやま校長「まあいいでしょう!」

あしざわ教頭「さあ続きましては、やしょ! いくよ! 『10秒あらすじ対決』、お題は『浦島太郎』

<カーン!>

やしょ「浦島太郎は亀がまず出て来るんですけれども、その亀を助けて竜宮城に行って、いろいろ騒いで、帰って来たら箱を開けておじいちゃんになっちゃうっていう」

<カンカンカンカン!>

とーやま校長・あしざわ教頭「おー!!」

あしざわ教頭「結構いったんじゃない?」

とーやま校長「カンカンに被ったけれども、ちゃんと頭から起承転結の結まで!
じゃあ判定させていただきます! スカイピース、テオ先生の『ドラえもん』。それからやしょの『浦島太郎』。判定は…勝者、やしょー!!

あしざわ教頭「やったぞ、やしょー!」

やしょ「(笑)」

テオ先生「3連敗かー!」

とーやま校長「だって、ちゃんと言ってたしね。やっぱり勝手にのび太を不良にしたところがね…」

テオ先生「あー、やっちまった!(笑)」

とーやま校長「勝利! おめでとう、やしょ!」

あしざわ教頭「おめでとう!」

やしょ「ありがとうございます!」

勝者のRN やしょにはもちろんご褒美。
ご褒美BOXから☆イニ☆先生が引いたのは…

SCHOOL OF LOCK!


☆イニ☆先生「じゃじゃん! 『暴露話』

とーやま校長「やしょ、入ったよ! お前の好きなスカイピースの『暴露話』を、聞きたい?(笑)」

やしょ「めっちゃ聞きたいです!(笑)」

スカイピースふたりの暴露話を、☆イニ☆先生にしてもらったぞ。

☆イニ☆先生「スカイピース。動画を毎日投稿してるんですけども、毎日毎日、たまに2本も上がる時があるんですよ。そんな動画、実は、最高1日9本撮ったことがあります

とーやま校長「…え、9本? 上げずに?」

☆イニ☆先生「だから(撮り貯めたものを)毎日上げてるんですよ。1日で9本分撮っちゃうっていう」

とーやま校長「それは今まで言ってない?」

スカイピース先生「言ってないですね」

あしざわ教頭「えー!」

とーやま校長「言ってない!? やしょ! 今の暴露話、どう?」

やしょ「…すごいですね!」

とーやま校長「そんなことになってるとは思わなかったでしょ?」

あしざわ教頭「そんなに撮ってるんだ」

☆イニ☆先生「これ、一番ビックリするのはYouTuberの人だと思いますね。普通の人は(1日)1〜2本なんですよ。2〜3本撮れて、"いや、今日は撮れたな!"って感じなんですけど、俺たちはたぶん午前中だけで7本とか撮れる時があります。企画によってですけど」

とーやま校長・あしざわ教頭「えー!」

とーやま校長「それを順々に上げていくっていうこと?」

テオ先生「そうです。たまに服とか同じ日が被っちゃうんですよね」

とーやま校長「じゃあ、よく探せば…」

テオ先生「"あ、ふたりとも同じコーデだ"みたいな」

あしざわ教頭「今のもちょっとした暴露話ですね(笑)」

☆イニ☆先生「でも、撮影は1日で、その分編集頑張ってるんで」

あしざわ教頭「なるほど!」

とーやま校長「毎日見てるスカイピースの動画だけど、今の話で見方も新しい視点が生まれたんじゃない?」

やしょ「そうですね。それだけ苦労して撮ってる動画を観てるっていうので、また楽しめそうです」

スカイピース先生「いやー、嬉しい!」

とーやま校長「やしょのお陰だ! ありがとうね! やしょ!」

やしょ「はい、ありがとうございました!」


♪ クリスマスマイル / スカイピース


とーやま校長「これは『クリスマスマイル』という曲ですよね。曲はめちゃめちゃ配信してるんですもんね」

☆イニ☆先生「そうですね、4曲」

とーやま校長「それはどうしたら聴けるんですか?」

テオ先生「YouTubeにも上がってます! あとはiTunesとかの配信サイトに上がってます」

SCHOOL OF LOCK!



まだまだ対決したい生徒がいるぞ!

なーーーーな 東京都 17歳 女性 高校2年生

緊張して心臓がバクバクだと話すRN なーーーーな。

とーやま校長「でも勝てばご褒美もらえるから!」

なーーーーな「勝ちますよ!!」

とーやま校長「急に変わったね(笑) じゃあ、なーーーーなはどのゲームで対決したいんだ?」

なーーーーな『モッツァレラチーズ』がやりたいです!

『モッツァレラチーズゲーム対決』は、「モッツァレラチーズ!」と順番に、
前の人よりもテンションを上げながら言っていくゲーム。
声の大きさも重要だが、あくまでテンションの高い低いが判定の基準となる。
最終的に最もテンション高く「モッツァレラチーズ」と言えた方が勝利!
スカイピース先生は、どちらかが脱落した時点で負けになるぞ。
そして、対決の判定はもちろんとーやま校長。

とーやま校長「なーーーーなは今どこにいるの?」

なーーーーな「今、布団の上です(笑)」

とーやま校長「親とかもいるだろ?」

なーーーーな「いますね。他の部屋で…たぶん余裕で聞こえてると思います(笑) スカイピースさんのためなら気合を入れて(笑)」

とーやま校長「いいね!」

☆イニ☆先生「嬉しい!」

テオ先生「頑張れよ!」

テンションの高さで強いテオ先生と、声が大きい☆イニ☆先生なので、
順番は、RN なーーーーな、☆イニ☆先生、テオ先生。

とーやま校長「なーーーーな、深呼吸しとこうか。いける?」

なーーーーな「頑張ります!」

あしざわ教頭「行くぞ! 『モッツァレラチーズゲーム対決』いきましょう! なーーーーなから、どうぞ!!」

なーーーーなモッツァレラチーズ

☆イニ☆先生「モッツァレラチーズ」

テオ先生「モッツァレラチーズ!」

なーーーーな「モッツァレラチーズ!!」

☆イニ☆先生「モッツァレラチーズ!!」

SCHOOL OF LOCK!


テオ先生「モッツァレラーチー、ズ!!」

3巡目、4巡目、5巡目…と順調にテンションが上がって行ったのだが…。

テオ先生「ん〜〜、モッ○×□△!!!!

とーやま校長「ちょっと一回ストップです!」

あしざわ教頭「あれ?」

とーやま校長「今のテオ先生がですね、まず助走が過ぎたっていうのと、あと、聞き取れなかったっていうのがあったんで…」

テオ先生「(笑)」

あしざわ教頭「そうか、なるほどね。『モッツァレラチーズ』っていう言葉が大事ですからね」

とーやま校長「はい。ちょっとここは怪しかったなぁ。もう一回今のを言ってもらっていいですか?」

テオ先生「はい、いいですよ! …モッツァ、モッツァモッツァ…モッツァレラチィーー!!

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「えー、さっきと違う! ダメーーーー!!!!

あしざわ教頭・なーーーーな「(笑)」

とーやま校長「ということで、勝者、なーーーーな!!

あしざわ教頭「なーーーーなやったぞー!」

テオ先生「あーもう、足引っ張ってばっかー!」

とーやま校長「これはなーーーーな勝利ですよ。家なのに高音!」

あしざわ教頭「家というハンデを背負いながらね」

テオ先生「確かに!(笑)」

☆イニ☆先生「『チーズ』のとこでピーンってなってましたもんね」

とーやま校長「なーーーーな、ご褒美!」

なーーーーな「やったぁ!」

ご褒美BOXを引くのはテオ先生。
出て来たのは…

SCHOOL OF LOCK!


テオ先生『スペシャルサプライズ』!!

とーやま校長「この『スペシャルサプライズ』は最初からあったんだけど、これは本当に大丈夫なのかな? スカイピースのふたりもそうだし、大人チームのみなさんに判断を仰いだ方がいいんじゃないかなって俺は思うんだけどね。OK?」

あしざわ教頭「勝手にやっちゃっていいもんですか?」

とーやま校長「OK?」

SCHOOL OF LOCK!


スカイピース先生「おお!」

あしざわ教頭「どう考えても一番偉い感じの方がOKを出しています(笑)」

とーやま校長「これはマジでとっておきでしょ?」

テオ先生「これとっておきですね」

とーやま校長「なーーーーな、一緒にスペシャルなサプライズを受け止めようか!」

なーーーーな「はい!(笑)」

とーやま校長「じゃあスカイピース先生。なーーーーなと、スカイピースが好きなみんなに向けて、スペシャルサプライズの発表、よろしいでしょうか!?」

テオ先生12月22日にリリースされるデジタルシングル、『100年後も忘れないライブを』の情報解禁を、発表します!!

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「ここで発表ってことですか!?」

☆イニ☆先生「知ってるの4人ぐらいですよね」

とーやま校長「え!? 聞くところによると、情報解禁って、いつも配信のタイミングでされてるんですよね。だけどもこうやってラジオで言ってくれるのは今までありました?」

スカイピース先生「ないない!」

なーーーーな「(笑)」

あしざわ教頭「なーーーーなが引きだしたぞ!」

☆イニ☆先生「なーーーーなのお陰!」

とーやま校長「なーーーーな、せっかくだからちょっとだけ聴きたくない?」

なーーーーな「めっちゃ聴きたいです!」

とーやま校長「ちょっとだけいいですか?」

テオ先生「ちょっとだけなら、いい? まぁ、なーーーーなが聴きたいなら!」

☆イニ☆先生「なーーーーながお願いしないと!」

なーーーーなお願いします!!

とーやま校長「OK? …OK出た!!(笑)」

あしざわ教頭「来た来たーーーー!!」

なんと、この場でサビだけ聴かせていただけることに。
改めて、スカイピース先生からタイトルを発表してもらったぞ!

スカイピース先生「せーの、『100年後も忘れないライブを』!!」


♪ 100年後も忘れないライブを / スカイピース


なーーーーな「ヤバい…!!(笑)」

とーやま校長「(笑) ヤバいね!」

なーーーーな「すいません、もう秒で買う…!」

テオ先生「秒で買ってくれるんだ(笑)」

とーやま校長「これお前のお陰だからな!」

あしざわ教頭「そうだ、ありがとうよ!」

とーやま校長「12月22日を楽しみに待っとくんだ!!」

なーーーーな「楽しみに待ってます!」

ありがとう、RN なーーーーな!


さぁ、もう黒板の時間。
今日はおふたりに書いていただいたぞ!

SCHOOL OF LOCK!


『 やるからには全力で

スカイピース先生やるからには、全力で!!


♪ スタートダッシュ / スカイピース


とーやま校長「毎日毎日全力の時間があったからこそ、こうやってスカイピースのことを大好きな人が世の中にたくさんいる状態なんですね」

テオ先生「ありがたいことに、そうですね」

とーやま校長「そして、こうしてまた☆イニ☆先生と俺たちSCHOOL OF LOCK!が出会えて!」

☆イニ☆先生「本当に嬉しい!」

とーやま校長「これからもSCHOOL OF LOCK!をよろしくね!」

スカイピース先生「よろしくお願いします!」

とーやま校長「テオ先生は、本当に技術を磨いて…(笑)」

テオ先生「本当にゲームしかやってこないです!(笑)」

一同笑い

とーやま校長「SCHOOL OF LOCK!は、明日夜10時に再び開校!」

あしざわ教頭「起立! …礼!」

とーやま校長・あしざわ教頭・スカイピース先生また明日ーー!!

SCHOOL OF LOCK!


スカイピース先生、今日は2時間どうもありがとうございました!

SCHOOL OF LOCK!




【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN ちかちゃん。


SCHOOL OF LOCK!

RN 豆乳由来成分ちゃん


SCHOOL OF LOCK!

RN ♡桜嵐@永遠のSOLファン♥


SCHOOL OF LOCK!

RN ひらべったい犬


SCHOOL OF LOCK!

RN ふてふてりんご


SCHOOL OF LOCK!

RN chiharu


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳


SCHOOL OF LOCK!

RN ♡桜嵐@永遠のSOLファン♥


SCHOOL OF LOCK!

RN いちごのみーさん


SCHOOL OF LOCK!

RN なつめぐ


SCHOOL OF LOCK!

RN なつめぐ


SCHOOL OF LOCK!

RN 豆乳由来成分ちゃん




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
ウオタミハンゾー 東京都 16歳 男性
さやの助 栃木県 16歳 女性
やしょ 香川県 16歳 女性
なーーーーな 東京都 17歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
りんりぼ 東京都 18歳 女性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:05 スタートダッシュ / スカイピース
22:30 LiTTLE DEViL PARADE / LiSA
22:51 ありがとうをおまえに / スカイピース
23:15 WHOO WHOO WHOO / Mrs. GREEN APPLE
23:41 クリスマスマイル / スカイピース
23:50 100年後も忘れないライブを / スカイピース
23:51 スタートダッシュ / スカイピース

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

俺もモッツァレラチーズって言いたかった…。

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

スカイピース先生とまた遊びたい!!
次はお絵かき対決とかやりましょう!!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
- Prev                 Next -
<   2017年12月   >
MonTueWedThuFriSatSun
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE